『マルモイ ことばあつめ』レビュー:母国の言葉を護るために闘った人々の凱歌

韓国映画の隆盛を
象徴する好例

 (C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

冒頭で韓国映画の隆盛を讃えたばかりではありますが、本作も見事なまでにその好例として採り上げたい、映画としての大らかな膨らみを湛えた秀作であり快作です。

辞書作りといえば日本でも辞書編纂の世界を描いた三浦しをんの小説『舟を編む』が映画(13)&アニメ(16)化されて話題になりましたが、こちらは辞書作りはおろか母国の言語そのものをなくしてしまおうという体制下での行動ゆえ、当然ながらにスリリングかつサスペンスフルな展開がなされています。

もっとも本作はいわゆるサスペンス映画としてのテイストよりも、むしろ過酷な状況下で“ことばあつめ”に奔走する人々の交流や絆といったヒューマニズムの観点からドラマツルギーを成し得ているのが妙味で、見ているうちに心をほっこりさせてくれる人間讃歌として屹立してくれています。

辞書作りのエピソードの中でユニークなのが、全国各地の方言を集めて、そこから標準語を決めようとするところで、狭い日本にもさまざまな方言があるように、朝鮮半島も同様にさまざまな言葉が成り立ち、ひしめきあっている事実を改めて知らされたりもします。

また、時間のない中でどうやって各地の方言を集めるかといったくだりで「なるほどその手があったか!」と思わず叫びたくなるような、本作の主人公のキャラクター性を巧みに活かしたエピソードも登場します。

さすがに時代設定上、日本が悪役的立場になるのは致し方ないところですが、最後まで見終えると意外にそういった印象を残さないのも、本作の目指すものがあくまでも激動の時代を健気に、そして必死に生きようとした人々へのエールに他ならないからでしょう。

『タクシー運転手』や『1987、ある闘いの真実』(17)など、激動の韓国近現代史映画群の中で庶民を演じさせたら随一のユ・ヘジンが魅せる人間臭さ、『犯罪都市』(17)の残酷な犯罪者から一転してカタブツ・インテリのジョンファンを好演するユン・ゲサンなど、いつもながらに韓国映画界の俳優陣の層の厚さにも唸らされっぱなしです。

また当時の京城の街の大掛かりなセットなど、時代を見事に再現した美術などのスタッフワークも特筆しておくべきでしょう。

歴史がもたらす国同士の諍いはさておき、国境を越えた感動をもたらすことを可能とするのが映画の本領であるとすれば、本作こそはその筆頭でしょう。

改めて、多くの人に見ていただきたい秀作であることを強く訴えておきたいところです。

(文:増當竜也)


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com