見逃してませんか?2016年劇場公開作品の中で埋もれてしまった傑作2本!

激動の2016年が、ようやく終わろうとしている中、思い返せば今年の映画界は数々の大ヒット作・話題作が続出!中でも邦画界の盛り上がりは凄かったと言えます。
しかし、年々増えていく公開本数に比例して、良作・傑作でありながら公開状況に恵まれず、ヒット作の影で密かに忘れ去られていく作品が多いのも事実。

そこで今回は、2016年にちゃんと劇場公開、或いはDVDリリースされながらも、単館での短期間ロードショーだったりで、完成度が高く面白いのに全く知られていない「実力者」たちを紹介することにしよう。幸い今回紹介する2本は、現在DVD化されているので、年末年始でお目当ての作品がレンタル中だった時には、是非騙されたと思ってこれらの映画を選んで頂ければ幸いです。

懐かしのあいつらが帰って来た!今度の敵は溶岩を吐く巨大グモ!

今回紹介する2本の、まずは1本目。それがこの「ラバランチュラ・全員出動!」だ!
ラバランチュラ 全員出動! [DVD]

「未体験ゾーンの映画たち2016」の中の1本として公開され、現在はDVDリリースされている本作。小規模の公開ながら、ネットでの評価も4点以上と非常に高い評価を得ているこの映画、一体どんな内容だったのか?

予告編

ストーリー

かつて主演映画「レッドロケット」の大ヒットにより、一世を風靡した俳優のコルトン。しかし今では、冴えない中年男としてB級映画専門の俳優となっていた。
かつての栄光とあまりに違う毎日を過ごす中、突如ロサンゼルスを襲う未曾有の大危機!突如として起きた地割れから、なんと溶岩を吐く巨大クモ軍団が現れたのだった。地獄の炎に包まれる街、紅蓮の怪物から逃げ惑う家族。愛する者たちを守るため、みじめな自分の境遇から立ち直るため、今コルトンは仲間たちと立ちあがる!果たして彼は映画の中と同様に、ヒーローとしてこの危機を救えるのか?

溶岩を吐く巨大クモ軍団!迎え撃つのは、何とあのポリスアカデミー出演者たち!

突如として地割れから出現した、巨大グモの大群!溶岩を吐きながらロサンゼルスを攻撃する、巨大クモ軍団に立ち向かうのは、何とあの懐かしの人気コメディ映画「ポリスアカデミー」シリーズの出演者たちだ!

ポリスアカデミー 特別版 [DVD]

主演のスティーブ・グッテンバーグを始め、あらゆる音を自分の口で物まね出来る元祖ヒューマンビートBOXこと、マイケル・ウィンスロー、普段は気が弱くて蚊の泣くような声しか出せないが、怒らせると一番コワい女性警官役のマリオン・ラムジー、更には巨乳の鬼教官キャラハン役のレスリー・イースターブルックも登場!
以上の4人が30年の時を越えて、再び俺たちの前に帰って来た!それだけでも、アラフォー以上の世代にとっては見る価値がある!そう断言出来るだろう。適度にグロい描写とギャグを交えつつ、最後には感動のラストが待っている本作こそ、全ての映画ファンにオススメ出来る作品だと言える。

最後に

出演俳優の実生活と同様、昔の栄光から遠ざかってしまった元映画スターの主人公が、愛する家族を守るため仲間達と巨大クモ軍団に立ち向かう姿は、見る物に勇気と感動を与えてくれる!
本作は主人公たちの自信と尊厳の復活と、自身のキャリアや家族の再生という、普遍的テーマを描いた物語であり、昔自分が主演した映画のヒーロー「レッドロケット」の衣装と装備で、巨大クモのボスである女王グモに空中戦を挑む主人公の姿は、まさに「アイアンマン」を思い起こさせる。
更には、この手の「動物パニック物」映画が好きな人へのサプライズとして、なんとあの人気サメ物映画シリーズである「シャークネード」の主人公、フェイン・シェパードがカメオ出演!見事に楽屋オチのギャグを決めてくれるのも、ファンには嬉しいところだ。

「ポリスアカデミー」シリーズを知らない世代でも、とにかく見せ場の連続で大いに楽しめることは確実!娯楽映画の見本の様なこの作品、是非一度ご鑑賞を!

次のページでは、超1級のサスペンス映画「暴走車・ランナウェイカー」を紹介します!

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.9 株式会社ビック・ママ 守井嘉朗社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • kamito努
    • 中村真実
    • 砂流恵介
    • はな
    • 染谷 昌利
    • アスカ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo