あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「お耳に合いましたら。」第9話レビュー:ピザは世界最強のパーティーグッズ⁉(※ストーリーネタバレあり)



「お耳に合いましたら。」第9話画像ギャラリーへ

【関連記事】第1話レビュー:のびのび伊藤万理華が魅力的!隙のない布陣の「好き」にまつわるドラマ

【関連記事】第2話レビュー:まるでポッドキャスト版「映像研」? 「好き」は何よりも尊い

【関連記事】第3話レビュー:「飯テロ」でありつつ「好きテロ」ドラマ

【関連記事】第4話レビュー:無心に「好き」なことをする効用

【関連記事】第5話レビュー:エゴサーチは回転寿司⁉︎ アクロバティックな脚本が見事に決まった傑作回

【関連記事】第6話レビュー:乃木坂46ファンは号泣⁉ 伊藤万理華&桜井玲香の見事な共演

【関連記事】第7話レビュー:ドムドムバーガーを食べて「バディ」になろう!

【関連記事】第8話レビュー:ポッドキャストでお互いの青春を語り合おう!


テレビ東京が音楽ストリーミングサービス「Spotify」と共に、ポッドキャスト番組と連動させたオリジナルドラマ「お耳に合いましたら。」を2021年7月8日より放送する。

伊藤万理華演じる会社員の高村美園が、とあることをきっかけにポッドキャストを始め、人気のパーソナリティ目指して奮闘する物語。

本記事では、第9話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「お耳に合いましたら。」第9話レビュー

ポッドキャストとチェンメシをめぐる深夜ドラマ「お耳に合いましたら。」。第9話はちょっとした番外編。主人公・高村美園(伊藤万理華)のポッドキャストを愛聴している引きこもりのお嬢様、西園寺ヒナミ(豊嶋花)の物語だった。

西園寺家は使用人が3人もいる立派な家柄。ヒナミは健康のためにオーガニックな野菜料理しか口にしたことがなかったが、美園のポッドキャストを聴くようになってからチェンメシに憧れをいだくようになる。

「牛めしやハンバーガーに立ち食いそば。もう食べてるのを聴いてるだけで、口から唾液が出て、胃がジャンクを求めて苦しくなるの!」

わかる、わかるよ、ヒナミお嬢様。彼女はポッドキャストでの美園の呼びかけに応え、執事の松岡(嶋田久作)、家政婦の梅垣(小林きな子)、シェフの竹森(山崎樹範)に向かって、7年3ヶ月ぶりにわがままを言う。

「私、明日、ドミノピザが食べたい!」

最初は「不祥事」「背信行為」と渋い顔をしていた松岡も、ヒナミが「私は、この4人でピザを食べたいの」「みんな、家族なんだもん」という言葉に思わず破顔。都合の悪い3人に代わってヒナミが一人でドミノピザを買いに行くことになる。お嬢様の大冒険だ。

ヒナミ役の豊嶋花は、数々のドラマで主要人物の子ども時代を演じてきた名子役。最近では「大豆田とわ子と三人の元夫」の娘・唄役が印象的。徐々に名子役から名女優へと脱皮しつつある感じがする。今回も使用人を演じた芸達者たちとのやりとりが楽しい。

いろいろありつつ(たいしたことではないんだけど)、無事にドミノピザを買ってきたヒナミは、美園のポッドキャストを聴きながら4人でピザにかぶりつく。「ああ、世界の色が変わるほど美味しすぎる!」とヒナミが叫ぶのだが、筆者もピザを一度も食べたことのない状態に戻って初めて食べてみたら、こんなことを叫ぶのかもしれない。

「ピザって無敵ですよね。どんなに悲しくても、どんなに空気が悪くても、ピザが来たら、そこが一気にパーティー会場になってしまって、誰もが笑顔になる。お寿司とピザは、もう世界最強の食べられるパーティーグッズだって私は思うんです」
「一人で食べている人は、ピザが空間を明るくしてくれるし、仲間や家族で食べている人は、何でも明るく話せそうな空気に包まれる。ビバ、ピザ!」

美園のポッドキャストの喋りもキレキレ。ピザを囲んだヒナミと使用人たちは、楽しいパーティーをしている家族のようでもあり、仲間のようでもある。そういえば、昔、会社勤めをしてるときの残業の夜食は上司が取ってくれたピザだったなぁ、と思い出したりした。あれは、陽気に仕事をしようぜ! という上司なりのメッセージだったのかもしれない。

ヒナミの初恋の予感も匂わせつつ、最後は厳格な母親(吉本菜穂子)が「開かずの冷蔵庫」からピザによく合うコーラを出してハッピーエンド。エンディングダンスは、途中から「ご本人登場!」みたいな感じで現れた美園に、驚きと喜びを隠せないヒナミの姿がキュート。

今回はレジェンドパーソナリティが登場しなかったが、シェフ役の山崎樹範は人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」の“初代校長”で、そのとき“初代教頭”だったのが、今回の脚本を担当したマンボウやしろだった。

(文:大山くまお)

「お耳に合いましたら。」第9話ストーリー




あることからひきこもりになってしまったお嬢様・西園寺ヒナミ(豊嶋花)は、最近美園(伊藤万理華)のポッドキャストにはまっていた。今まで家で出されるオーガニックな食事しか食べていなかったため、美園のチェンメシ愛を聞き、どうしてもジャンクフードが食べたくなってしまう。その思いを執事・松岡(嶋田久作)、家政婦・梅垣(小林きな子)、シェフ・竹森(山崎樹範)に訴えると、最初は反対されるも滅多にないヒナミのお願いに母(吉本菜穂子)に内緒で4人でピザ購入計画を実行することに…



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「お耳に合いましたら。」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©「お耳に合いましたら。」製作委員会