あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

改めて考えるシャア・アズナブル:「赤い彗星」がもたらした大革命


(C)創通・サンライズ

その男、シャア・アズナブル。

『機動戦士ガンダム』を見たことがない人でも、“赤い彗星”“3倍速い”“坊やだからさ”などのワードを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

アニメにおいて、時には主人公を上回る人気を誇る永遠のライバルキャラの元祖と言っていいでしょう。

しかし、実は“ガンダム”シリーズの数多くの作品で、シャア・アズナブルが出てくるものは決して多くはない、というか、実はかなり少ないというのはご存知でしょうか?

今回は実際の登場回数以上の存在感を放つシャア・アズナブルの魅力について、思う存分書かせていただきます。

仮面の下の正体は故郷を追われた革命家の子供だった


(C)創通・サンライズ

シャア・アズナブルとはいったい何者か?

それはそのまま『機動戦士ガンダム』の歴史を語ることと言っても過言ではありません。シャア・アズナブルがいる世界線はいわゆる“宇宙世紀”モノに当たります。ガンダムと一言で言って、も実は世界観、設定が全く違うシリーズが複数あります。

その中でも“宇宙世紀”モノはテレビシリーズ第一作の世界観を踏襲したもので、ガンダムシリーズの中で最もスタンダードだと言ってもいいでしょう。シャア・アズナブルは最もスタンダードな設定の世界観のガンダムの登場人物です。

宇宙世紀とは現在の西暦の先の時代を指し、文字通り人類が宇宙での生活に踏み出した時代です。この時点で世界各国は地球連邦という大きな枠組みに統合されていて、総人口は100億人を超え、地球だけではそれだけの人間を支えられなくなっています。

そこで、地球連邦は宇宙空間にスペースコロニーを建造して、移民政策を進めることに。「コロニー」には植民地という意味がありますが、まさにその言葉通りで、スペースコロニーの集合体であるサイド1~7には一応の自治権がありますが、全て地球連邦の強い影響下にあります。

そんな中で、移民政策ならぬ“棄民”政策だ!と言って連邦を批判し、独立を目指そうという革命家がサイド3に現れます。

その名はジオン・ズム・ダイクン。シャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクンの父親です。地球連邦にとっては非常に目障りな存在ですが、同調する多くの宇宙移民者(=スペースノイド)からは大きな支持を得ます。

そんなジオン・ズム・ダイクンを支えた人物がデキン・ソド・ザビとザビ家でした。しかし、いよいよ独立の機運が高まった中ジオン・ズム・ダイクンは急逝してしまいます。連邦による暗殺やザビ家による暗殺などいろいろな説がありますが、サイド3の実権はザビ家が担うことになり、ジオン・ズム・ダイクンの一族は難しい立場に追いやられます。

結果、ジオン・ズム・ダイクンの2人の子供キャスバルとアルテイシア(のちのセイラさん)は地球へと逃れていきます。


(C)創通・サンライズ

ジオン・ズム・ダイクンの死後、サイド3は皮肉にも“ジオン”公国を名乗り、地球連邦に独立戦争を仕掛けます。

圧倒的な国力の差で、ジオンが不利と思われていましたが、汎用人型兵器モビルスーツの大量投入によって、ジオンが初戦から常に有利に戦争を進めていきます。

そのジオン軍の中で紅くペイントされた特注機で圧倒的な戦果を挙げるエースパイロットが現れます。

その名も“赤い彗星”ことシャア・アズナブル。


(C)創通・サンライズ

紆余曲折を経て、名前と経歴を変え、素顔を仮面で隠したキャスバル・レム・ダイクンの成長した姿でした。シャアはジオン軍の中で成り上がり、中枢に接近、父の死の真相とかたき討ちを胸に秘め行動しています。

そんなシャアのもとに連邦が遅ればせながらもオリジナルのモビルスーツを作り始めているという情届き、これの偵察・破壊工作を目指してサイド7に侵入します。サイド7には宿命のライバルとなるアムロ・レイが乗る新型モビルスーツ“ガンダム”がありました。

“3倍速い真紅のモビルスーツ”に翻弄されながらも、ガンダムの性能の高さに助けられたアムロ・レイは何とかシャアを退けます。

やがてアムロは宇宙環境に適した新人類ニュータイプの素養が開花し、シャアはそれを目の当たりにします。そしてここから、長い長いシャアの物語がスタートします。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > シャアがいなくてもシャアがいる!?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録