あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「真犯人フラグ」真相編第3話徹底考察!:ついに真帆と再会!?勃発した「警察 VS 宗教団体」フラグ(※ストーリーネタバレあり)



→「真犯人フラグ」の画像を全部見る(全3点)

西島秀俊主演の新日曜ドラマ(日本テレビ系)「真犯人フラグ」が2021年10月10日(日)放送スタート。2022年1月9日から真相編が開始される。

秋元康が企画及び原作、「あなたの番です」制作スタッフが手掛ける本作は、平凡なサラリーマンが家族の失踪を機に日本中の注目を集め、“真犯人フラグ”をたてられながらも、真実を追い求めていくノンストップの考察ミステリー。

本記事では、真相編第3話をもとにcinemas PLUSのドラマライターが考察を重ねていく。

【見逃した方へ】Huluで 真犯人フラグ 真相編を視聴する(2週間無料)

【関連記事】<真犯人フラグ>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

【関連記事】桜井ユキ「真犯人フラグ」単独インタビュー

【関連記事】「真犯人フラグ」特別編徹底考察

「真犯人フラグ」真相編第3話終了時点での考察

凌介(西島秀俊)にフグ毒を飲ませ、殺害しようとした容疑で警察に追われるバタコ(香里奈)。ギリギリのところで一命を取り留めた凌介だが、事態が好転したわけではない。

真帆(宮沢りえ)のポジションを奪い取ろうとするかのように”嫁”の顔をしだす菱田朋子(桜井ユキ)、篤斗(小林優仁)が自身の子供ではない事実、どうやらバタコに「殺したいほど」恨まれているらしいこと……。問題は山積している。

一星(佐野勇斗)率いるプロキシマ社員の働きで、どうやらバタコは魚市場から電話をかけてきたらしいことが判明した。魚市場といえば、最初の冷凍遺体が発送されたと思しき場所である。

その後の警察の調べで、最初の冷凍遺体、そして篤斗が入っていた箱の双方に付着した指紋がバタコのものと一致。少しずつ、だが着実に警察の足はバタコへと近づいている



今回で確実になったことのひとつに、やはり篤斗は洗脳されている事実が挙げられる。警察に見せられたバタコの写真を見て「お母さん」と言った。洗脳したのはバタコか、それとも瑞穂(芳根京子)か……。宗教団体「かがやきの世界」の”本当の”教祖として瑞穂が本性を表しても、もはや驚かないだろう。

本木陽香(生駒里奈)の動きも気になるところだ。光莉(原菜乃華)の血液を大量に採取し、冷蔵庫で保管しているらしい描写があった。それを相良家の新居でぶちまけている。やはり彼女は「かがやきの世界」もしくは強羅(上島竜兵)と繋がりがあり、あくまでも”葬儀屋”として粛々と”依頼”をこなしているだけのように見える。



特筆しなければならないのは、なんとついに、凌介と真帆が再会したことだ。

相良家の新居に駆けつけた凌介は、その場でしゃがみ込む真帆を見つけた。直前に真帆からの電話を受けているため、彼女は意図的に凌介を呼び寄せたと考えて間違いないだろう。

筆者の予想は、こうだ。

やはり真帆は、自身が浮気している罪の意識を完全には拭いされず、罪悪感と共に生きていた。このままじゃいけないと思っていた矢先、何らかの経緯で宗教団体「かがやきの世界」と出会い、入信する。

”悪魔崇拝”を重視しているらしい怪しき宗教団体からは、”陰”とされる人間を一定数”消す”ことで、魂が救われる(もしくは「かがやきの世界の住人になれる」)と教えられる。ある意味、洗脳されてしまった真帆は、自分たち家族を”影”として、この世から消えようとしているのではないか。

自分自身を救うため、家族を救うため、宗教団体に助けを乞い、多くの人間を巻き込んだ。

何とも恐ろしく思えるのは、たとえこれが真相だったとしても、妻を愛する夫・凌介は「全てを許す」だろうということだ。

どんな形であれ、相良家が救われることを祈りたい。


(文:北村有)

【見逃した方へ】Huluで 真犯人フラグ 真相編を視聴する(2週間無料)

【関連記事】<真犯人フラグ>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

【関連記事】桜井ユキ「真犯人フラグ」単独インタビュー

【関連記事】「真犯人フラグ」特別編徹底考察

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「真犯人フラグ 真相編」第3話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録