あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『大怪獣のあとしまつ』、山田涼介&土屋太鳳はファンタ・ジャンルが良く似合う!



>>>『大怪獣のあとしまつ』画像を全て見る

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

怪獣が現れると、人類が叡智をかけて戦うか、正義のヒーローか敵対する怪獣が現れて退治してくれる。

これが怪獣映画&ドラマのパターンでありますが、ではその後、やられてしまった怪獣の死体はどうなるの?

特撮ファンならずとも、誰でも一度はふと考えたことがあるような(ないような?)そんな奇抜なアイデアで攻めるユニークな怪獣映画『大怪獣のあとしまつ』がいよいよ2月4日から劇場公開。

この難題に山田涼介&土屋太鳳、魅力に満ちたふたりの若手俳優らが挑みます!

>>>【関連】土屋太鳳の魅力|形作る光と影

>>>【関連】『さがす』冒頭1分で正座して一礼したくなる、とてつもない傑作

>>>【関連】『真夜中乙女戦争』における永瀬廉「3つ」の魅力
 

笑えるけど意外にリアル!
久々の特撮怪獣映画の醍醐味



幼い頃から楽しく見続けてきた特撮怪獣映画&ドラマではありますが、ずっと見ていくうちに、ふと思うことがいろいろありました。

本当に怪獣が出現したら、実際に国はどう対処するのか? 社会は、経済は、どうなるのか? またヒーローもしくは怪獣同士が戦っているとき、近辺のビルの中に人がいたら?

たとえば金子修介監督の平成ガメラ3部作(95・96・99)や庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』(16)は、こういった素朴な疑問に応えてくれる快作でした。

では、退治された怪獣の後始末は誰がやってるの?(爆発させられても、実際は肉片とかいっぱい飛び散ったりしてるでしょう)

これが本作『大怪獣のあとしまつ』の大きな命題になっているわけです。

要するに怪獣といっても動物なわけで、死骸をそのまま放置しておくとどうなるか?それはもう大変なことになります!

特に腐乱した死体の臭いなんて、正直たまったものではありません。猫やネズミみたいな小動物ですらそうですから、ましてや巨大怪獣なんて!

また腐乱によって病原菌などが発生するといった危険も出てくるので、そうなると半径何キロ圏内は危険区域みたいになっていくのも必然で、つまりは人民の生活そのものまで脅かしかねない!

本作では、大きく政治パートと実践パートに二分してドラマが展開されていきます。



政治パートでは総理大臣(西田敏行)を筆頭とする政府高官らのやりとりが、ドタバタ・コメディ・テイストで描かれていきます。

本作の三木聡監督は『インスタント沼』(09)『俺俺』(13)など人を食ったコメディ映画や、テレビドラマ「時効警察」シリーズでも人気のカルト的存在ですが、本作でもそうした個性は濃厚に描出されています。

もっともカリカチュアライズされてはいても議論している内容は意外と結構リアルでもあったりして、スラップスティックではあれ単なるオチャラケにはなっておらず、たとえるならスタンリー・キューブリック監督の名作ポリティカル・サスペンス・コメディ『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(64)あたりに倣おうとしていたのかな?とも思ってしまいました。



一方で、本作では“特務隊”なる首相直属の戦闘部隊が存在するといった設定の下、そのメンバーが大怪獣の死体処理実務を担当することになりますが、こちらはかなりのシリアス・モード!

まさに特撮怪獣映画に出てくる自衛隊やら特殊部隊さながらの張り詰めた空気感を保持しつつ、命絶えた巨大怪獣と対峙していくのです。

その意味では本作、久々に特撮怪獣映画の醍醐味を大いに堪能できる逸品に仕上がっているのでした!

そして、そのメンバーのひとりで本作の主人公となるのが、特務隊一等特尉・帯方アラタ役の山田涼介であり、その元恋人で今は環境大臣の秘書官を務めている天音ユキノ役の土屋太鳳。

このふたり、ここ10年ほどのファンタスティック・ジャンルの日本映画を見続けてきた方なら、何かピンとくるものがあるのではないでしょうか?
 
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 山田涼介&土屋太鳳が醸し出す 映像の虚構性の魅力

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録