あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

マーベル「ワンダヴィジョン」魅力解説&1分で分かるあらすじ|新作との繋がりも


(c) Marvel Studios 2022

2022年5月4日(水・祝)より、マーベル・スタジオの最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、ついに公開されました。

本記事では、本作の前日譚ともいえるドラマ「ワンダヴィジョン」について紹介します。

あらすじや本編の魅力、新作に繋がる重要な伏線などなど。新作が気になっているドラマ未見勢や、改めて予習したい方は必読です!

>>>【関連】<解説&考察>『ドクター・ストレンジMoM』鑑賞後に確認したい“3つ”のポイント

>>>【関連】<解説>『X-MEN』が再注目されるワケとは?

>>>【関連】マーベル「ホワット・イフ…?」解説&考察|小ネタ・トリビア

「ワンダヴィジョン」とは?



「ワンダヴィジョン」はマーベル・スタジオが製作した初のドラマシリーズ。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降の世界を舞台に、マーベル映画の人気キャラ“ワンダ”と“ヴィジョン”の物語を描いた約30分×全9話のドラマ作品です。

コロナ禍の影響から約1年半の空白期間を経て公開された、ファン待望のシリーズ新作には見どころが盛り沢山。

ドラマシリーズならではの遊び心やオマージュ、サプライズ要素やメタフィクションを扱った展開などが幅広い層から支持されました。

「ワンダヴィジョン」の見どころ

■MCU初の正史ドラマ


これまでマーベル・スタジオでは、マーベル・テレビジョン製作のドラマシリーズを多数配信してきました。

米TV局やストリーミングサービス大手と協力した作品群では『アベンジャーズ』以降の世界を中心に、「エージェント・オブ・シールド」や「デアデビル」など、個性豊かな人間ドラマ&ヒーロー譚を展開。

しかしあくまでシリーズのスピンオフといった色合いは強く、ドラマが映画の展開に影響されることはあっても、干渉することはないという独特な立ち位置でした。

「ワンダヴィジョン」からは、マーベル・スタジオが直々に製作に乗り出したことで、この点が変化しています。

映画群の間を埋める役割は引き継ぎつつも、メインキャラクターの登場でシリーズとの繋がりがより強い内容になったのです。

ちなみに「ワンダヴィジョン」では、最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』や、『キャプテン・マーベル』続編に繋がる要素が登場します。

■さまざまな作品へのオマージュ


「ワンダヴィジョン」では、アメリカのドラマ史を代表する数多くの“シットコム”作品をオマージュした内容も高く評価されました。

シットコムとは、「奥様は魔女」や「フルハウス」などで知られるTVドラマのジャンルの1つで、登場人物やセットが変わらない作風や1話完結の物語が主な特徴。

本作では、各話で以下のような作品群がオマージュされていると言われています。

【第1話】
アイ・ラブ・ルーシー
ディック・ヴァン・ダイク・ショー
パティ・デューク・ショー

【第2話】
奥さまは魔女
かわいい魔女ジニー

【第3話】
ゆかいなブレディ一家
パートリッジファミリー

【第4話】
パンキー・ブリュースター
愉快なシーバー家
アーノルド坊やは人気者
モーク&ミンディ

【第5話】
ファミリータイズ
フルハウス
アイ・ラブ・ルーシー
マルコム in the Middle
 
【第6話】
ジ・オフィス
マンスターズ
アダムス・ファミリー
 
【第7話】
モダン・ファミリー


また、序盤の2話では「トワイライトゾーン」を連想させる場面が登場するほか、隣人・アグネスの家が「奥さまは魔女」で実際に使われた場所であったり、後半から登場するキャラクターには「フルハウス」のジェシーおじさんを思わせる部分もあります。

ちなみに、主演のエリザベス・オルセンは「フルハウス」のミシェル役で知られるアシュレー&メアリー=ケイト・オルセンの妹で、ロケ地に通っていたほか、同作ではカメオ出演も果たしています。

他にも劇中では、シットコムの存在も重要なキーワードになっています。

これ以外にも、本作ではさまざまな名作映画の小ネタが登場。

劇中に登場する映画館に注目すると『Mr.インクレディブル』や『ファミリー・ゲーム/双子の天使』というタイトル、『ブレードランナー』の小ネタが発見できるほか、『オズの魔法使』を思わせる場面や『キック・アス』を踏まえたジョークなども散りばめられています。

これらの内容は、マーベル作品のメイキングを収めたシリーズ『マーベル・スタジオ アッセンブル』でも確認することが出来ます。

>>>Disney+ (ディズニープラス) で『マーベル・スタジオ アッセンブル』を観る

■楽曲の素晴らしさ


本作では幅広い年代のTV番組をオマージュした作風から、それぞれの時代を連想させるオリジナルソングが登場。

エピソード毎に変わるオープニングテーマは、『アナと雪の女王』や『リメンバー・ミー』のクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペスの夫婦コンビが担当しています。
 
過去にグラミー賞ノミネート楽曲を手掛けた彼らは、本作でもその手腕をいかんなく発揮。劇中楽曲は、エミー賞における音楽賞の歌曲部門を受賞しました。

ちなみに、以下のプレイリストからも楽曲を確認できます。

WandaVision Official Playlist - playlist by Marvel Music | Spotify



■人気キャラクター・アガサの誕生


シリーズのクライマックスで、一気に視聴者の人気を集めた魔女・アガサも本作の魅力となりました。

劇中で彼女が披露した楽曲「Agatha All Alon」は、エミー賞における音楽賞の歌曲部門を受賞。



さらにミステリアスなキャラクターの魅力もあり、今後、彼女を主演にしたドラマ「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス(原題)」が配信されることも決定しています。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ワンダヴィジョン」のあらすじ

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録