美しくも勇気ある映画『草原の実験』は 見逃し厳禁たる今年の大収穫!

■「キネマニア共和国」

昨年度の東京国際映画祭に、ある衝撃が走りました。

もはや映像美などという言葉すら空々しく思えるほど神秘的に美しいその映画は、クライマックスで究極とも言える美を描出します。

少なくともこの世で生きている間、決して見たくはない美を……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.30》

ロシア映画『草原の実験』は、映画ファンならば今年絶対に見ていただきたい傑作……いや、そういった美辞麗句もどこか不似合なほどに繊細で美しい作品です。
草原の実験

台詞を一切排し、画で雄弁に語る壮大な実験作

およそ96分のこの映画には、台詞が一切ありません。

もっともサイレント映画というわけではなく、風や雨など自然の物音や、もちろん音楽もあります。登場人物の泣き声や笑い声なども聞くことはできます。

ただし、言葉による説明はまったくありません。

これはいまどきの映画として、非常に勇気ある行為でもあります。
草原の実験
ストーリーそのものはシンプルです。

おそらくはカザフスタンを想定しているのであろう(撮影そのものはウクライナのクリミア半島フェオドシア)、広大な草原の中で、1本の樹に見守られるかのように小さな家で父と娘がひっそりと生活しています。

娘の名はジーマ(台詞がないので、そう名乗ることも名乗られることもないのですが、宣材にはそう記されています)。

年頃のジーマに、地元の朴訥な青年と、ロシアから来たと思しき金髪の青年が言い寄ってきたことから、ちょっとした三角関係が始まります。

やがてその確執は徐々に激しさの度を増していきますが、大自然はそういった彼らの衝動などもすべて覆い尽くすかのように見守るのみです。

ここまで記すと、邦題はありきたりながらも『草原の少女』とでも命名するのがふさわしいのかもしれません。

しかし、大草原の静けさの中、次第に不穏な事態が彼女たちの前に押し迫ってきます。

邦題が示す“実験”とは何か?

あえて記しませんが、大方の想像はつくはずです。
(そもそも、この作品自体が壮大な実験作であるともいえます)

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou

    鹿児島県出身。映画文筆。

    朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。

    取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。

    編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊)

    その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。

    ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊)
    現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com