あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ドラマ「その女、ジルバ」全10話のあらすじ&感想|ありがとう「その女、ジルバ」ありがとうジャックアンドローズ

SHARE



第2話あらすじ&感想

第2話あらすじ



超高齢熟女バー『OLD JACK&ROSE』で見習いホステス“アララ”として働き出した新(池脇千鶴)。

熟女ホステスたちの明るくポジティブな姿に感化され、昼間の職場でも前向きで楽しそうな新の姿に、スミレ(江口のりこ) やみか(真飛聖)らは「まさか…ホスト⁉」と勘違い。元カレの前園(山崎樹範)も内心気が気ではない。

店では、くじらママ(草笛光子)やエリー(中田喜子)、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)ら熟女ホステスの先輩らとともに慣れないながらもまずまずの接客ぶりだったが、早くも試練が訪れる。

 突然、フロアが暗転。流れ始めるムーディな音楽。

『OLD JACK&ROSE』恒例のダンスタイムが始まった!

次々とソシアルダンスを踊り始める常連客とホステスたちの中、ダンス経験のない新はひたすらオロオロ。常連客の花山(芋洗坂係長)に誘われ、おそるおそる踊り始めた新だったが、その姿はまるで相撲の取り組み。フロアの中で、あっちでゴツン、こっちでゴツン、あげくにはよろけてしまい…。

 そんな姿を見かねたマスターの幸吉(品川徹)は、ダンスの特訓を言い渡す。

「女としての自信をつけるため…」

見習いホステス・アララは、見事試練を乗り越えて華麗なダンスを披露できるのか?
 
→目次へ戻る

第2話の感想

できないダンスをして失敗した新ことアララ(池脇千鶴)を見た幸吉(品川徹)が「相撲だな」と言った途端にBGMが相撲の太鼓になるの、面白すぎる。

ひなぎくが「ダンスを練習するのよ」ではなく「アララは女としての自信をつけなきゃ。そのためのダンスよ」と言ったのがが印象的。

私なんて無理……と言っていたアララが先輩のお姉さま方に励まされてダンスを踊れるようになり、前回踊れず迷惑をかけてしまったお客さんと踊りながら「デパートで働いていた時こうしてお客様の喜ぶ顔を見るのが好きだった、私はやっぱり接客が好きなんだ」と自分が好きだったことに気づいたエピソードがよかった。

「四十なんてまだまだ伸び盛り」「うらやましいわ」というお姉さま方の声に、画面の前の人たちもはげまされるはず。

みんな生きてきた今までしか知らないから、昔の自分より年を取ってしまったことにフォーカスしてしまいがちだけど、年上の人から見たら若いし、きっと数年後、数十年後の自分から見ても若い。これからの人生でいちばん若いのは今だから、もう遅いと思う前にやりたいことは挑戦したいなと思った。

今回もくじらママ(草笛光子)が素敵。割烹着姿でさえもおしゃれで品格がある。ジルバママやくじらママ、幸吉さんをはじめ、バーで働いている人たちの過去のエピソードが聞けたのもよかった。くじらママや幸吉さんが語りだすと、ぐっと雰囲気がでて違う作品を観ているような気持ちになる。

池脇千鶴と超熟女バーの面々を中心に紹介したけど、職場の人々を演じる役者陣も個性豊か。

新の同僚村木を演じる真飛聖はゴージャス美人な役が多いけど、オーラを封印しておかっぱメガネで地味な役を演じている。

倉庫のグループリーダー浜田さんを演じる江口のりこはこの作品でもいい味を出している。新や村木のことを「これだから出向組は」とバカにしているのに、様子がおかしい新を心配?している時は村木と若干意気投合しているのも面白い、あとランチがいつもバナナ1本。いや栄養はあるだろうけどバナナ……

そして新を捨てた元婚約者で倉庫に出向してきた前園を演じる山崎樹範は、うざい勘違い男の感じを出すのがうまい。聞き耳を立てながら白目をむくな。なんで男は元カノがいつまでも自分のこと好きだと思ってるんだ。あとほかの女とデキ婚したのに新の写真がスマホに入ってるのも、そのフォルダ名が「想ひ出」なのもキモすぎる。

次回はリストラ候補に挙げられてしまう新がどうなるのか気になりつつも、バーでどんなことが起こるかのほうが断然楽しみ!

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第3話感想&あらすじへ

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

©東海テレビ