あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

風間俊介「やっぱりおしい刑事」第8話までの感想|押井刑事に迫るピンチに胸が躍る……!

SHARE



2021年3月7日より、風間俊介主演のドラマ『やっぱりおしい刑事」がNHK・BSプレミアムとBS4Kで放映スタート。

2019年に放映された『おしい刑事』の続編となる本作。並外れた推理力を持ち、事件の検挙率100%を誇るが、“当たらずも遠からず”の残念な推理力のため、手柄を同僚に奪われてしまう刑事・押井(おしい)敬史の活躍を描く。

脚本は「極主夫道」の宇田学、演出は「おっさんずラブ」シリーズの山本大輔、「死亡フラグが立ちました!」の吉原通克が担当。

本作から新たなキャストとして、白石聖、橋本涼、萩原みのりらが加わった。

目次

・第1話あらすじ&感想

・第2話あらすじ&感想

・第3話あらすじ&感想

・第4話あらすじ&感想

・第5話あらすじ&感想

・第6話あらすじ&感想

・第7話あらすじ&感想

・第8話あらすじ&感想

・『やっぱりおしい刑事』作品情報

第1話あらすじ&感想

第1話あらすじ

警視庁への栄転が決まった押井(風間俊介)だが、非番の時におとり捜査の邪魔をして異動はご破算に…。

謹慎が明けて不審死の現場に駆けつけると、新人刑事の来海(白石聖)が配属されていた。ほれっぽい押井が来海に対してはまったく反応せず、拍子抜けする横出(犬飼貴丈)。

一方、現場検証を終えた押井は、遺体は自然死ではなく他殺だと断言する。だが、その部屋は強固なセキュリティーに守られた完全な密室だった…!

第1話感想

「やっぱりおしい刑事」の名の通り、最初からフルスロットルで“惜しい”。

振り込め詐欺を未然に防いだように見せて、実際は警察の捜査を邪魔しただけ……結局警視庁への栄転もフイにしてしまう始末です。

晴れて謹慎が明けた最初の事件でも、押井刑事のポンコツ具合は健在でした。

被害者宅でカップ麺を床にぶちまけたり、本来カッコ良い場面であるはずの推理披露シーンで首をつってしまったり……あらゆるところで残念。

想像以上に押井刑事がポンコツで、ポンコツが似合う風間俊介にも少し驚きました。

いや、むしろ他で見る彼のことを考えれば「風間俊介×ポンコツ」は結構ハマっているのかもしれない…。

押井刑事の絶妙な残念さによって作品全体がコミカルで明るい雰囲気になっているので、家族揃って楽しく見れる作品です。

被害者の運転手である芳川(武田真治)について、個人的に「足の怪我は偽装じゃないか」と考えていたら、まさかの……?!という展開で今後が非常に気になります。

芳川はモリアーティのような立ち位置なのでしょうか。
(イギリスのドラマ「SHERLOCK」では、モリアーティが職員に紛れてホームズに接触するシーンがありました)

今後、芳川の動向には要注目です。

→目次へ戻る

NEXT|次ページ > 第2話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録