あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話までのネタバレ徹底考察|人は誰かを支え、支えられていると強く感じた最終回!ありがとう、チームネメシス! 

SHARE


第5話あらすじ&感想

第5話あらすじ



エリート女子高の美術教師転落死の真相を、鮮やかに暴いてみせた【探偵事務所ネメシス】。ある日、真剣な顔でニュース番組を凝視するネメシスの名探偵?=風真尚希(櫻井翔)。TV画面にはジャーナリストの神田凪沙(真木よう子/神田水帆と2役)の姿が。天才助手の美神アンナ(広瀬すず)に、「もしかしてこういう女性が好み?」と茶化されても珍しく相手にしない風真。

その時アンナが偏愛する謎の料理店“Dr.ハオツー”の料理人=リュウ楊一(加藤諒)が浮かない顔でやって来る。社長の栗田一秋(江口洋介)にうながされリュウが話し出したのは、ざっと以下の通り。

【天狗伝説】で有名な山奥で”天狗サーモン”という鮭の養殖業を営む天久潮(渡辺哲)が、泥酔して崖から転落死する事件が起きた。週刊誌は「天狗の祟り!」とあおり、自殺をほのめかす記事を掲載するが、リュウは社長が転落死する前日に偶然会っていた。その時の社長は離れて暮らしていた3人の息子たち=長男の一魚(野間口徹)、次男の二魚(大鶴佐助)、三男の三魚(堀家一希)が家業を継ぐために戻って来たことを心底喜んでおり、自殺するはずがないという。

栗田は3人の息子のうちの1人の経歴に目をとめ、依頼を快諾。早速真相を探るべく山奥の養殖場に向かうネメシスの3人&リュウだったが、そこで彼らを待っていたのは不気味な潮の家族達だった。3人の息子に加え、潮の義弟=天久洋(渋川清彦)に、潮の後妻=郁子(ともさかりえ)…保険金、土地の利権、相続、と何かといがみ合ってばかりの家族達…全員が怪しい。

風真は失踪中のアンナの父=始(仲村トオル)の同僚の大和猛流(石黒賢)にアドバイスを仰ぎながら、順調に捜査を続けていく。そんなネメシス一行の様子をじっと観察し続けるのは……天狗!?突如、風真の命が狙われる緊迫の展開に!
一方、アンナの父の行方を求め、栗田が密かに追う菅研究所=通称・カンケンにも新たな動きが…そして、19年前の事故現場(2話)に、なぜか凪沙が現れるのだった…謎が謎を呼ぶ波乱の第5話!

第5話の感想

折り返しを迎え、少しずつ19年前の真相に近づいてきているドラマ「ネメシス」。
いったいアンナ(広瀬すず)の父、始(仲村トオル)はどこにいるのだろうか……。

第5話では、探偵の風真(櫻井翔)が命を狙われる場面もあり、ヒヤヒヤの連続であった。
今回は、ネメシスが出前を頼む料理店Dr.ハオツーの料理人、リュウ楊一役で俳優の加藤諒が登場。
また、冒頭では真木ようこが演じるジャーナリストの神田凪沙、アンナの父、始の同僚である大和猛流(石黒賢)も登場した。

第5話の依頼者はDr.ハオツーの料理人、リュウだ。
リュウの知人で養殖業を営む天久潮(渡辺哲)が、崖から転落死する事件が発生。
自殺で処理をされていたが、リュウは天久が自殺をするわけがないという。
そこで、真相を確かめるためにネメシスのCEO、栗田一秋(江口洋介)と風真、アンナらが養殖場を訪れると、家族はさまざまなトラブルを抱えていた。
事件を調べていくうちに奇妙な天狗の仮面をつけた者が現れたり、風真とリュウが命を狙われたりと、今回もあっという間の60分であった。

今回のストーリーもどこかで見た感が否めず、少々新鮮さは感じられなかった。
しかし、19年前の事件に繋がる伏線もはられており、来週以降はアンナの父の行方の真相に近づいていきそう。

そして“ポンコツ”といわれている風真だが、実は“ポンコツ”は見せかけで事件のカギを握る重要人物なのではないかと考察している。
ところどころ見せるアンナへの異常な気遣い、ポンコツ風な佇まい、過去の職業とストーリーが進むにつれて逆に「謎」に包まれてきているところが面白い。

第6話「真実とフェイクのあいだに」では、さらに物語が大きく進みそう。
「ネメシス」の見どころは後半なのかもしれない。
大いに期待したい。

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第6話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録