あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話までのネタバレ徹底考察|人は誰かを支え、支えられていると強く感じた最終回!ありがとう、チームネメシス! 

SHARE


第10話あらすじ&感想

第10話あらすじ



【菅研究所=カンケン】最大の黒幕が、菅朋美(橋本環奈)だと知った【探偵事務所ネメシス】の探偵 =風真尚希(櫻井翔)と社長の栗田一秋(江口洋介)。朋美と大和猛流(石黒賢)に拉致監禁された、美神アンナ(広瀬すず)とアンナの父=始(仲村トオル)を救い出すため、風車は“チームネメシス”(勝地涼・中村蒼・大島優子・上田竜也・奥平大兼・加藤諒・真木よう子・南野陽子)の≪8人の侍たち≫にすべてを明かし、協力を頼む。警察の“Nシステム”に侵入し、カンケンの車のナンバーを突き止めた風真たちだったが、なかなかカンケンの本拠地までたどりつけない。だが車に残された“あるモノ”に気付く風真。決してただのポンコツなどではなかった風真の、鋭い推理が冴えわたる!

一方朋美との“ナイトツアー"に敗れたアンナと始に、刻々と命のリミットが迫っていた。アンナのネックレスの膨大なデータの解析は着々と進み、朋美と大和は今や利用価値のなくなったこの親子を最も残酷な方法で殺害しようと目論む。だが解析完了の直前で、何かに気付く朋美。そこで始から告げられる“ある衝撃的な事実”に、朋美は打ちのめされる。アンナVS朋美――。美しき天才同志の2人の戦いの行方は、想像もしない方向へと向かっていく。

最終話でこの20年間くすぶり続けていた男達の深すぎる因縁にも、一つの終止符が打たれる。栗田と始の長年の熱く確かな友情、かつては同じ志を持った研究者だったはずの始と大和の決定的な思想の違い……。
サスペンスミステリーとしての伏線回収はすべて終わった。だが振り返れば、第1話から7話までどの回にも“愛の物語”が組み込まれていたことに気付く。大富豪の恋人達への愛、その愛を信じられなかった犯人(第1話)、愛するゆえに道を誤ってしまった兄と妹(第2話)、自分を拾ってくれたシーパラダイス社長への風真の深い恩義(第3話)、色々な愛憎が渦巻いたデカルト女学院(第4話)、愛情深い父の不器用さが生んだ家族の悲劇(第5話)、仕事を愛する女優のプロフェッショナルさに貫かれた劇中劇(第6話)、ポンコツな弟子=風真と緋色の師弟愛(第7話)。

この愛をめぐる事件の中心には、いつもアンナと風真がいた。もちろんアンナと風真、栗田の間に血縁関係はない。だが間違いなく【ネメシス】はひとつの家族だった。風車の深い愛情が、アンナを愛する“チームネメシス”を動かし、アンナに本当に大事なことを気付かせる。「生まれてきたらダメな存在」などでは、決してなかったということを――。

第10話の感想

「ネメシス」がついに終わってしまった……。

アンナ(広瀬すず)とアンナの父、始(仲村トオル)を助けるために立ち上がったチームネメシス。
メンバーそれぞれが能力を生かし、風真(櫻井翔)、栗田(江口洋介)とジャーナリストの凪沙(真木よう子)が菅研究所に潜入。
アンナと始に再会したものの、あっという間に拘束されてしまう。
そして、大和(石黒賢)は無情にも研究所ごと爆破をすると告げ、「すべて終わりにしよう」と言いながら始を殺害。大和自身も自害したのだった。

親友、かつての部下、娘に囲まれて静かに息を引き取った始に対して、一人寂しく逝った大和。
ゲノム編集されたことによって生まれたアンナだったが、皆から愛される存在に。一方で、誰からも愛されず、病と闘う朋美(橋本環奈)。
この2組の対比がとても印象的に描かれていた。

欲を言えば、もっと朋美の心情を最後まで丁寧に描いて欲しかった。
ただただ、朋美がかわいそうに思えてならない。
朋美の難病も始の研究によって将来的には治るような、未来のある結末でもよかったのにな……と感じた。

日常に戻った探偵事務所ネメシス—。
しかし、育ったインドに帰ろうとネメシスを後にしたアンナだったが栗田と風真によって引き止められる。
これまでは風真が「俺、大丈夫かな?」とアンナに聞くシーンが何度もあったが、最終回では「風真さん、私大丈夫かな?」と不安そうに聞くアンナ。
その問いに力強く「大丈夫」と答える風真。
栗田も「お前はもう俺の家族だ」とアンナの居場所がネメシスにあることを諭していた。

血の繋がりはないものの、これから家族のように寄り添って生きていくんだろうなと思わせる、
心温まるラストであった。

残念ながら視聴率はふるわずだったが、広瀬すずと櫻井翔のダブル主演、広瀬と橋本環奈の共演と話題性は申し分なかった。
また、個性豊かなキャストやメッセージ性の強いストーリー展開は楽しめた。

すでにSNSでは「ネメシスロス」の言葉が飛び交っている。
安易に続編を期待してはいけないが、可能性はあるような気がしている。

ひとまずは、日曜の夜に私たちを楽しませてくれた出演者や制作陣に感謝の気持ちを伝えたい。


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ネメシス」作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録