あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話までのネタバレ徹底考察|人は誰かを支え、支えられていると強く感じた最終回!ありがとう、チームネメシス! 

SHARE


第9話あらすじ&感想

第9話あらすじ



ついに判明した菅研究所=カンケン最大の黒幕!
その正体は美神アンナ(広瀬すず)が親友だと思い込んでいた大学生=四葉朋美(橋本環奈)。朋美の本名は”菅朋美”で、カンケンを立ち上げた菅容子(今村美乃)の娘だったのだ!

20年前、アンナの父=立花始(仲村トオル)と共にゲノム研究に取り組んでいた大和猛流(石黒賢)も、いまやカンケンの中心的存在。菅容子に誘われるままカンケンに参加し、世界初の≪“ゲノム編集ベイビー≫= GE10.6の受精卵を始の研究所から盗み出したのも大和だった。しかしGE10.6を着床させた代理母=美馬芽衣子(山崎紘菜)が出産直前でカンケンから逃亡し、始に救いを求めてきたことからあの【19年前の交通事故】が起こる。この事故により、GE10.6の受精卵の提供者でもある神田水帆(真木よう子)と、芽衣子は死亡。だが芽衣子は死の直前に、最後の力を振り絞って赤ん坊(=アンナ)この世に生み落としていったーー。

【探偵事務所ネメシス】の探偵 = 風真尚希(櫻井翔)と、社長の栗田一秋(江口洋介)からすべてを聞かされ、その残酷な真実の姿に耐えきれず事務所を飛び出すアンナ。その際、怒りに任せて引きちぎったネックレス……始からもらった大事なキューブ型のネックレス……の中には、アンナにまつわる膨大な量のデータが保存されていた。風真はネックレスを大事に保管するが、カンケンの手先である屈強なボディガード=志葉(板橋駿谷)の手によって力ずくで奪われてしまう。

傷心のアンナは朋美の正体に気付くのが遅れ、そのままカンケンに拉致監禁。あらゆる細胞、血液を採取される。そして隣の監禁部屋にはやつれ切った父=始の姿が!
あれほど探し求めていた父との対面のはずが、すべてを知った今、父の愛情も信じられなくなっているアンナは素直に再会を喜ぶことはできない。そんな2人を、今までとは別人のような冷酷な表情で見つめる朋美--。彼女の真の目的は!?

その頃【探偵事務所ネメシス】ではアンナを救い出すため、風真が“七人の侍”ならぬ“八人の侍”を招集しようとしていた!あぶな“過ぎる”刑事 =タカ&ユージ(勝地涼&中村蒼)コンビ、スピード狂で実は腕のいい医者=上原黄以子(大島優子)、孤高の道具屋 = 星憲章(上田竜也)、天才AI開発者=姫川系位(奥平大兼)、自称・中国の雑技団5軍出身の料理人=リュウ楊一(加藤諒)、美しきコンフィデンスマン=緋邑晶(南野陽子)、【19年前の事故】で姉を失ったジャーナリスト=神田凪沙(真木よう子)。すべてはアンナのために――!【チームネメシス】が命を賭けてカンケンに立ち向かう!

第9話の感想

自分がこの世に存在してはならないゲノム編集ベイビーだと知ったアンナ(広瀬すず)。
親友だと思っていた四葉朋美(橋本環奈)が実は菅容子の娘で、現在は菅研究所の所長だと知り衝撃を受ける。
父の始(仲村トオル)と再会は果たせたものの捕らわれの身となっている2人はろくに会話もできない状況だった。
そんなアンナを助けようと風真尚希(櫻井翔)を中心にネメシスのメンバーたちが動きだした。

アンナの出生の秘密や始の行方の謎を追うようになってから見応えのある展開へと変わっていったドラマ「ネメシス」。

実は、ドラマのメインポスター(広瀬、江口、櫻井)や初回放送からも伏線がはられていたことがわかってきたが、
俳優の松重豊がCMで連発する
「それ、早く言ってよぉー」(もうちょっとわかりやすくしてよぉー)
と言いたい気持ちが溢れてしまう。
前半からもう少しシリアス性があれば、数字や話題性に繋がったかもしれない。
手に汗握る最終章の展開が面白いだけに、非常に勿体なく感じる。

第9話では、広瀬すずと橋本環奈の戦いも見どころであった。
それぞれの生い立ちや、これまでの感情をぶつけ合いながらチェスで戦う2人。
同じ年の女優が見事に自分の役を演じきっていた。

「チームネメシス」も集結。
転々と職を変えてきた風真がこれまでに出会った人たちに一声かける。
すると、続々とネメシスに集まる仲間たち。
道具屋・星憲章役の上田竜也もネメシスの事務所にやってきたから驚いた。

今話では櫻井が涙を浮かべるシーンもあり、もらい泣きをしたファンも多数いた模様。
櫻井が大活躍の回であった。

同ドラマはゲノム編集ベイビーや、AIなど最先端の技術が散見されているわりには、結局は風真の経験と人脈、人との繋がりが事件解決に一翼を担うかたちになっている。
いわば、「人情派」ドラマだったのだ。

いよいよ次回は最終回。

HPに公開された予告によると「衝撃の結末」らしい!
高笑いする橋本環奈、号泣する広瀬すず。
2人の女優対決も最後を迎える。

さて、どんな結末なのか。
最後の放送を楽しみに待ちたいと思う。


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第10話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録