あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話までのネタバレ徹底考察|人は誰かを支え、支えられていると強く感じた最終回!ありがとう、チームネメシス! 

SHARE


第7話あらすじ&感想

第7話あらすじ



暴露系動画配信職人・タジミンの恐るべき犯罪を、逆に見事に暴露してみせた【探偵事務所ネメシス】の3人=探偵助手の美神アンナ(広瀬すず)、自称名探偵の風真尚希(櫻井翔)、社長の栗田一秋(江口洋介)。

今回の依頼者は、タジミン逮捕へ向け【ネメシス】と共闘したジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)。(第6話)。凪沙はアンナの失踪中の父=始(仲村トオル)が起こした19年前の事故で、美神芽衣子(山崎紘菜)と共に亡くなっていた風真の元同僚=神田水帆(真木よう子/2役)の妹だった。凪沙の依頼は、タジミンに多額の金を払い、凪沙が追っていた”臨床試験の不審死”報道をもみ消させたコンサル会社社長=烏丸(宇野祥平)の正体を一緒に突き止めてほしいというもの。烏丸と菅研究所=通称・カンケンが繋がっていることを確信した栗田は、「アンナに20年前の事件については一切口外しないこと」を条件にこの依頼を引き受け、凪沙と共に捜査に乗り出す。

早速烏丸の素行を洗う風真だったが、烏丸はいつもどこかに携帯で連絡を取っているだけ。しかも屈強なボディガード・志葉(板橋駿谷)が四六時中張り付いており、全く近付けない。だが烏丸が毎週違法な賭場に通っていることを突き止めた風真に、栗田は烏丸のスマートフォンのデータを奪うことを命じる。そこで風真が協力を求めたのは、かつて風真が弟子入りしていた元凄腕詐欺師のマジシャン・緋邑晶(南野陽子)。緋邑にイカサマ術を教え込まれ、アンナと共に違法賭場に潜入する風真だったが、カンケンの魔の手はすぐそこまで迫っていた……。

ついに明かされるカンケンの目的!そして、アンナの父を拉致した人物とは?20年前の事件の真相の輪郭が露わになった時、風真と栗田の深い絆にまさかの亀裂が走る!?一気にサスペンスのギアが入った【ネメシス Season2】が開幕する!

第7話の感想

失踪したアンナ(広瀬すず)の父、始(仲村トオル)の行方を追うネメシスのメンバーたち。

そこへ、19年前の事故で姉を亡くしたジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)も加わり、
多くの謎が解明されつつある。

第7話では、元凄腕詐欺師のマジシャン・緋邑晶(南野陽子)の助けもあって、
アンナの“天才っぷり“がおおいに発揮される場面もあった。

そして、ついにアンナが「世界初のゲノム編集ベビー」だったことがアンナの父の同僚、
大和猛流(石黒賢)によって本人にも知れてしまう。
しかも、それには風真尚希(櫻井翔)やアンナの父も関わっていたという。

今回のストーリーでひとつ気になったことがある。
それは、ネメシスのCEO栗田一秋(江口洋介)と風真、そしてアンナの父の関係性だ。

アンナが回想するシーンで、父はアンナに
「自分に何かあれば、この人を頼るように」
と栗田の名刺を渡している。

実際に失踪してしまった父親を捜すためにインドから日本にやってきたとき、
アンナは栗田の名刺を握りしめていた。

そこで疑問。

風真はどういう立ち位置?

もしかして風真は、アンナの父から信頼されていなかったのでは?

だからこそ、「なにかあったら……」のときに、風真の名前をあがらなかったのでは?

第1話から「風真=ポンコツ」のイメージがあるものの、
じつは登場人物の中でピカイチのキレ者だったとしたら、
ここまで同ドラマを観続けてきた甲斐があるのだが……。

さて、真相はいかに?


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第8話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録