あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話までのネタバレ徹底考察|人は誰かを支え、支えられていると強く感じた最終回!ありがとう、チームネメシス! 

SHARE


第6話あらすじ&感想

第6話あらすじ



天狗サーモン・社長怪死の切ない真相を暴きつつ(第5話)、菅研究所=通称・カンケンに一気に近付いた【探偵事務所ネメシス】の自称・名探偵 = 風真尚希(櫻井翔)と社長の栗田一秋(江口洋介)。探偵助手の美神アンナ(広瀬すず)の失踪中の父=始(仲村トオル)が、19年前に起こした事故現場で静かに手を合わせる2人だが、女性のヒールの新しい足跡を見つける。

そして【ネメシス】に今日も新たな依頼者が――。動画配信用カメラで騒々しく生配信をしながらやって来たのは、膨大なフォロワー数を誇る暴露系動画配信職人=タジミンこと多治見一善(柿澤勇人)。今をときめく若手人気女優 = 久遠光莉(優希美青)の行方を探してほしいという。実はこの日、車内で覚醒剤を使用しているタジミンと光莉の動画が流出し世間は大騒ぎになっていた。だがタジミンによるとこれは明らかなフェイク動画。2人に恨みを持つジャーナリスト=神田凪沙(真木よう子)にはめられたと主張し、凪沙が光莉を拉致しているのではないかと心配する。一方、“神田凪沙”の名前を聞き、今までにない速さで依頼を快諾する栗田だったが、天狗サーモンの一件以来腰痛が著しく悪化している様子。風真とアンナを追い払うよう捜査に行かせるが、その裏で何やら密かに別行動を……?

一方タジミンと共に、光莉不在の撮影スタジオに出向くアンナと風真。初めてのドラマの現場に興味津々のアンナだったが、そこにまさかの凪沙本人が現れる。なぜか不自然に顔を隠す風真…そんな風真を見て顔色を変える凪沙。気になる2人の関係は!?フェイク動画、女優失踪、凪沙の思惑が繋がり、ついに20年前の事件が封じ込められていたパンドラの箱が開く、衝撃の第6話!

第6話の感想

2021年春ドラマの中でも期待値が高かった「ネメシス」だが、ここにきても失速状態……。

筆者の周りでも「あのドラマ見てる?」と「あのドラマ」のことは話題に上がるものの、「ネメシス」の名前は出てこない。
録画やネットで視聴する人たちが増えた昨今、視聴率に注目するのはタブーかもしれないが、「あのドラマ」たちはしっかり視聴率も右肩上がり。

「ネメシス」は、豪華「すぎる」出演者が続々と出演するものの、なぜ話題にすら上がらなくなってしまったのだろうか。
あくまでも個人的な感想だが……
・ストーリー自体、どこかで見たことある感が否めない
・車を走らせるときのCGが全体をチープに見せてしまう
・大昔のドラマのオマージュがたいへん「コケ」ている

とはいえ、筆者は前回の第5話の最後から今回の第6話、そして次の第7話へのストーリーの運び方にはワクワクしている。
19年前の事件の真相に近づきつつある「雰囲気」がビシビシ感じられてきているからである。

第6話は動画配信職人の周りで起こった事件に、正義のジャーナリスト神田凪沙(真木よう子)が巻き込まれ、探偵事務所ネメシスのメンバーと初めてからむことに。

ここで改めて相関図をながめてみると、アンナ(広瀬すず)の父、始(仲村トオル)の同僚である神田水帆(真木よう子・2役)は凪沙と双子なのか?
第6話の最後にも、凪沙は風真尚希(櫻井翔)となにやら意味深な会話をしているし……。

そして、相関図をよく見てみると、今回もちょい役で出演した橋本環奈演じる四葉朋美の立ち位置もなんだか怪しい。
そして、アンナ、凪沙、朋美とこの3人の味覚が似ているのにはなにか理由があるのだろうか?

相関図がほとんど埋まっていない初回から、第3話くらいまでは正直言って同ドラマを完走できるか心配であった。
しかし、今では埋まった相関図を眺めながら考察することが楽しみの一つになっている。

すでに放送されている第7話の予告動画では「黒幕の正体にたどり着く」とあるではないか。
風真も「あの事件にすべて投げうってきたのはこの俺ですよ!!!」と叫んでいる。

さあ、いよいよ最終章の幕が上がる—。

→目次へ戻る
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第7話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録