あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-22

2021年「魅力的な映画ポスター」ベストテンを独断で大発表!


(C)カラー

2021年、時は師走。この時期になると、様々な媒体が映画ベストを発表する。SNSでも映画好きが、おもいおもいのベストテンを発表するだろう。ふと、映画ポスターのベストテンを決めてもいいのではと感じた。

今や、毎週のように膨大な映画が公開される。

筆者が観たい映画をどのようにして決めるのかを考えた際、重要なのはポスターヴィジュアルだ。魅力的なポスターが作られる映画は内容も面白い傾向がある。そこで今回は2021年映画ポスターベストテンを発表する。では、早速10位から発表していきましょう!

【関連記事】あなたにピッタリな動画配信サービスはこれ!

【関連記事】
【決定版】Amazonプライム・ビデオ 使い方徹底ガイド!

【関連記事】
【HBO Maxも観れる!】U-NEXT、最新の使い方

第10位『リカ〜自称28歳の純愛モンスター』


(C)2021映画「リカ 自称28歳の純愛モンスター」製作委員会

形容しがたい青の背景に、肌色と白のコントラストが特徴的なドレス姿。この肖像画にどこか禍々しいものを感じたのは筆者だけだろうか。『リカ 自称28歳の純愛モンスターのポスターはシンプルながらも、不穏な空気を匂わせることに成功している。

高岡早紀演じるリカの傾いた顔とタイトル『リカ 自称28歳の純愛モンスター』、そして惹句「惚れたら、死ぬ。」がフレームの外側に向かっていく。見るものは、リカの小悪魔な肖像と対峙し、カメラ目線ではない彼女の視線を辿るうちに、フレームの外側(=不可視領域)へと吸い込まれる。文字がその視線の誘導を手助けしてくれる。これにより肖像から感じる印象とは異なる展開を予感させるのだ。案の定、劇中では想定外の珍事が散りばめられていた。シンプルな構図だからこその力強さが感じられた。

日本公開日/2021年6月18日

監督/松木創

出演/高岡早紀、市原隼人、内田理央

第9位『コントラ  KONTORA』


(C)2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED

『コントラ  KONTORA』のポスターはある瞬間を捉えている。静なる存在だ。にもかかわらず『コントラ KONTORA』では、今にも動き出しそうな間瀬英正の身体表象に惹きこまれた。肉体を硬直させようとする動きと肉体を解放させる動き、そのせめぎ合い。横方向の動きの捌け口として、彼は天を見て叫ぼうとする。ポスターでは、上部の空間を広く取り、ギュッと凝縮された、下部分の構図と雄大なスペースの中で惹句やタイトルを配置していく上部。閉塞感からの脱出を描いた本作を象徴するポスターに仕上がっていた。

【関連記事】『コントラ』レビュー|インド出身監督が私財を投げ打ち、時空を逆走する男が出現する映画を作った

日本公開日/2021年3月20日

監督/アンシュル・チョウハン

出演/円井わん、間瀬英正

第8位『街の上で』


(C)「街の上で」フィルムパートナーズ

絵画的とよく言われるが、絵画的とは一体なんだろうか?

絵画とは日常や世界観のある一部分を切り出したものだ。現実世界において、目に映るものは雑然としており、絵画は雑然とした風景を整形して、空間を制御する役割がある。つまり絵画的とは、ある日常の一瞬が整形されて提示された様子を示すのであろう。

今泉力哉監督の『街の上で』のポスターはまさしく絵画的に作り込まれている。光が差込む、その先を辿ると若葉竜也の顔に辿り着く。彼の目線の先には赤い本がある。そして、この映画のタイトルが『街の上で』であることが分かる。サラッとペンで描いたようなタイトル。題に反して、空間は室内である。また暖色の中に翳りがあり、若葉竜也演じる荒川青の表情も少し暗い。つまり、このポスターは柔らかいタッチの画に反して、辛辣な人間ドラマを描いている予感を匂わせているのだ。

関連記事】『街の上で』レビュー:下北沢で生きる青年の何気ない日常と友愛の素敵な交流

日本公開日/2021年4月9日

監督/今泉力哉

出演/若葉竜也、穂志もえか、古川琴音

第7位『クラッシュ 4K無修正版』


(C)1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

金属について思い浮かべたとき、最初に硬いイメージを持つ者は多いはずだ。そんな金属が、歪み引き裂かれていたら、ただごとではないと思う。デヴィッド・クローネンバーグの『クラッシュ』は、肉体と金属の交わりを描いた作品。それを象徴するように、人体の切り傷のように生々しく破損した車を全面に捉え、タイトルの一部が、その傷に侵食する。

『クラッシュ 4K無修正版』のポスターは金属の歪みを通じて官能をどこまで表現できるかに挑戦し、不気味な空間を生み出した。つまり、『クラッシュ 4K無修正版』のポスターはデヴィッド・クローネンバーグの世界観へ誘うことに貢献したであろう。

日本公開日/2021年1月29日

監督/デヴィッド・クローネンバーグ

出演/ジェームズ・スペイダー、ホリー・ハンター、イライアス・コティーズ

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 6位〜4位にランクインした作品はあの作品!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録