あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ちょっと思い出しただけ』で思い出す、古傷をえぐる映画4選


(C)2022「ちょっと思いだしただけ」製作委員会

>>>『ちょっと思い出しただけ』画像を全て見る

一組の男女から繰り広げられる、幸せだった、しんどかった、決して戻ることはできないあの頃。
ラブストーリーで描かれがちなこの架空の物語に、なぜ私たちはこうも一喜一憂してしまうのだろうか。

『ちょっと思い出しただけ』も紛れもなく、過去の恋愛を「ちょっと思い出してしまう」傷心映画でした。

>>>【関連記事】<考察>『麻希のいる世界』で観る“推しの沼”

>>>【関連記事】『ちょっと思い出しただけ』は恋愛のほろ苦さを追体験できる映画

>>>【関連記事】伊東蒼のアンニュイな魅力:『さがす』から紐解く女優人生の変遷

とある1日だけを6年分遡って『ちょっと思い出しただけ』


(C)2022「ちょっと思いだしただけ」製作委員会

なによりも注目したいのが、『ちょっと思い出しただけ』というタイトル。

葉(伊藤沙莉)が偶然にも照生(池松壮亮)を見かけてしまったことから、走馬灯のように蘇る6年間。
葉にはすでに、守り抜かなければならない“今”がある。ちょっと思い出したその勢いで“戻る”わけにはいかないのだ。とはいえ、忘れることは絶対にできないから、そっと心の奥にしまっておく。わずかながらの強がりによる、「ちょっと思い出した“だけ”」。


(C)2022「ちょっと思いだしただけ」製作委員会

“楽しかったあの頃”を反映する系のラブストーリーは、現在〜過去<出会い〜別れ>〜現在の順で描かれることが多い。
対して本作品は、現在〜過去<別れ〜出会い>〜現在の順で描かれており、客観的に観ている私たちは答え合わせをするように遡り、そして現在に戻ってくる。

コロナ禍の変遷や、照生と泉美(河合優実)の関係性やミュージシャンの男(尾崎世界観)との繋がりなど、過去を追うのではなく遡るからこそより没入できる世界が、ここには存在する。

この描かれ方は、『ボクたちはみんな大人になれなかった』によく似ている。

SNSの利便性が仇となる『ボクたちはみんな大人になれなかった』


(C)2021 C&Iエンタテインメント

『ちょっと思い出しただけ』を観た日の夜は、言うまでもなく『ナイト・オン・ザ・プラネット』を観た。インスパイアを受けている部分が顕著にわかって、より『ちょっと思い出しただけ』のことが好きになった。

翌日、『ちょっと思い出しただけ』を観てちょっと思い出した『ボクたちはみんな大人になれなかった』が観たくなり、公開時ぶりに観返してみた。

彼女目線で遡られていた『ちょっと思い出しただけ』に対して、彼目線で遡られる『ボクたちはみんな大人になれなかった』。
だが、前述の通り“物語の時系列”と、“忘れられない女性”という部分には通じる部分がある。そして妙なことに、『ボクたちはみんな大人になれなかった』でも“忘れられない女性”を演じているのが伊藤沙莉なのだ。


(C)2021 C&Iエンタテインメント

かおり(伊藤沙莉)と出会った当初はまるで『モテキ』の幸世くんばりのこじらせ童貞だった佐藤誠(森山未來)。破天荒な彼女にどんどん惹かれていくも、ある日突如として姿を消してしまう。

そんな人が、Facebookの“知り合いかも”に出てきたら。時には微笑ましい気持ちにさせてくれるこの機能のことを、誰しもが嫌いになるだろう。

>>>【関連記事】映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』が私たちに残すもの

伊藤沙莉が演じる“彼女役”に全男子、大打撃。


(C)2022「ちょっと思いだしただけ」製作委員会

これまではどちらかというと、サブキャストの中で異彩を放つ印象が強かった伊藤沙莉
『ボクたちはみんな大人になれなかった』『ちょっと思い出しただけ』で、“男性にとっての忘れられない女性”というヒロインを演じたことから、その印象は一変した。

伊藤沙莉が演じる元カノ役は、世の男性たちにとって爆弾級のトラウマとなる危険性がある。ーー彼女の親近感がそうさせるのだ。


(C)2021 C&Iエンタテインメント

日本人の推し文化に、親近感という要素は欠かせない。ほら、AKB48のコンセプトだって「会いに行けるアイドル」だし。この要素が強ければ強いほど、人は沼にハマるのだと思う。

伊藤沙莉が持つ物怖じしない愛嬌の良さ、愛らしいハスキーボイス、見た目からは想像もできないパワフルさ……太陽のような存在感を放ちながらも、いい意味で「高貴な女優っぽさ」がない。

だからこそ、伊藤沙莉が演じる元カノ役にはリアリティがある。
「うわ、これ、もう、ほぼ前の彼女じゃん」という伊藤沙莉トラウマ現象が沸き起こるに違いない。

>>>【関連記事】伊藤沙莉の魅力:「その声は、神様がくれた宝物」

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > おすすめしたい“古傷えぐられ系映画”3本

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録