あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ドラマ「知ってるワイフ」全11話のあらすじ&感想|ありえない設定の物語が教えてくれた大切なこと・よかったところと疑問点


第6話あらすじ&感想

第6話あらすじ



自分自身のせいで建石澪(広瀬アリス)との結婚生活がうまくいかなくなったとようやく気づいた剣崎元春 (大倉忠義)は、親友の津山千晴(松下洸平)と澪の距離が縮まっていくのを見ていられず、小池良治(生瀬勝久)に号泣しながら「もう一度、過去を変えたい」と懇願するが、「覆水盆に返らず、あとの祭りだ。この心の痛みはお前がこの人生で引き受けるのだ」と言われてしまう。

自身の愚かさに気づいた元春は、現在の妻、沙也佳(瀧本美織)との円満な結婚生活を目指し、朝から掃除をして朝食を用意する。新婚時代みたいだと喜ぶ沙也佳は、今夜は話があるから早く帰って来て欲しいと頼む。

  一方、澪は津山とコーヒーショップでモーニングデート。二人を目撃した篠原恭介(末澤誠也) は銀行に出社やいなやデートをしていたのでは?と話題にする。澪が否定していると元春は助け舟を出し話題を切り替える。その頃、ジョギングしていた沙也佳は、スケートボードに乗った男とぶつかりそうになる。その男は、剣崎家にも配達しているフラワーショップ店員の上原邦光(小関裕太)だった。

昼休みに、元春は澪に津山はいい奴だし2人の交際を応援するよと告げる。それは、今の人生を充実したものにしようとする元春なりの決意だった。また、翌日は澪の父の命日だと知った元春は、法事に行けなかったかつての自分を反省し、津山に法事の準備を手伝うようアドバイス。そのため、元春は津山の残業を肩代わりすることになり、沙也佳に遅くなるとメールする。がっかりする沙也佳は、翌日こそ早く帰ってきて欲しいと頼む。 

  翌日、監査で帰りが少し遅くなった元春は家路を急いでいたが、道でしゃがみこんでいる澪を発見。元春が声をかけると、澪は泣き出してしまう。澪の母、久恵(片平なぎさ)がいなくなってしまったというのだ。一日中、思い当たる場所はすべて探したが見つからず、「戻ってこなかったらどうしよう…」と途方に暮れる澪。沙也佳のことが気になりつつ、久恵を一緒に捜すことになる元春だったが…。

第6話感想


元春(大倉忠義)、なぜ目の前の幸せを大切にできないんだ……

前回もう過去を変えられないと知った元春。沙也佳(瀧本美織)を大切にして、澪(広瀬アリス)と津山(松下洸平)との仲を応援すると決めた序盤はいい感じだったのに。

沙也佳、感じ悪くて全然好きじゃないけど、今回ばかりはかわいそうになってしまった。大事な話があって元春を待っているのに、2日連続帰ってこない。

1日目の理由は沙也佳は知らないが津山の残業を代わりにやるためで、元をたどれば運命を変える前に澪の父親の法事を毎年ドタキャンしていた罪悪感から。2日目は飲み会に参加したうえに、母の行方が分からず探している澪をほっておけず、一緒に探してしまったからだった。どちらも澪のために沙也佳をないがしろにしたのだ。

澪のスマホから澪の母・久恵(片平なぎさ)がかけてきた電話に沙也佳が出てしまい、ドライブレコーダーの映像を確認されて一緒にいたことがバレてしまう(ドライブレコーダーまで調べるの怖いし、転生したから知らなかったのかもしれないけどついてるの知ってて嘘をつく元春もおバカだ)。

元春のよくないところは、目の前の幸せを大事にできないところだ。
困っている人を見るとほっとけない性格はいいところではあるしもともと家族だった澪の母のことでは心配だと思うが、沙也佳が待っていることを考えてもう少し早めに切り上げられたよなと思う。澪と結婚していたときはいつも仕事を優先して仕事のためだから仕方ないだろと自分を正当化していた。今度は沙也佳を待たせて、澪のためにしたことに理由をつけてごまかそうとした。

すぐばれそうな嘘でごまかそうとするのも事態を悪化させる原因だ。
はじめから人探しを手伝うと言えば、怒ったかもしれないがここまでの状況にはならなかっただろう。今回以外にも、ちょっとした嘘をついてバレて不信感を持たれるシーンが何度かあった。

澪も澪だ。数回前の頭に手を乗せさせるシーンでも思ったが、相手が妻帯者だということをもうちょっと気遣うべきだ。人探しで深夜まで手伝ってもらった後に一緒に行動しようとしたり引き止めたりするのはちょっと非常識だと思った。あの二人のシーン、「何の時間?」と思ってしまった。

沙也佳の前に突然現れた花屋の青年(小関裕太)、夜出会ったらスケボーに乗ってるし、バーで強気に口説いてくるし、役名わからないけど(公式サイト見たら上原邦光って名前らしいけど)これだけはわかる、これは危険な小関裕太だ……! 危険だけどもっと見たい! そして「夫は私の言うことなんでも聞いてくれるの」っていう沙也佳、やっぱり好きじゃない……!

一瞬失踪した澪のお母さん、お父さんに会いたくてお父さんと出会ったバス停から1日中バスに乗ってたの切ないな。でも純愛でいいな。支店長アンケートに飲みの誘いがつらいって書いて、書いたのを言っちゃう篠原くん(末澤誠也)現代っ子でいいな。くるぶしソックスどんなのか気になってたけど、想像以上に柄が派手だった。

ちなみに沙也佳を待たせたのはあれだけど、お父さんの法事の手伝いで澪を家の前まで送ってきた後の津山の笑顔プライスレス。そういう意味では元春グッジョブ。

次回、沙也佳はやらかしちゃうし澪は訴えるって言ってるし、諸悪の根源なんだから何とかしてよね元春! ほんと毎回次の展開が読めないな~!



→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第7話あらすじ&感想へ

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録