あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ドラマ「知ってるワイフ」全11話のあらすじ&感想|ありえない設定の物語が教えてくれた大切なこと・よかったところと疑問点



第11話あらすじ&感想

第11話あらすじ


剣崎元春(大倉忠義)は澪(広瀬アリス)との結婚生活を変えるため過去を変え、学生時代に憧れていたマドンナの沙也佳(瀧本美織)と夫婦になる人生を選んだ。
元春は理想の人生を手にしたかに見えたが、職場の銀行に異動でやってきた独身の澪と再会し、妻だった時と全く違う溌剌とした姿に動揺する。やがて、澪を恐妻に変えてしまったのは、自分の結婚生活時代の行いのせいなのでは?と気づき、気持ちが揺れはじめる。元春は沙也佳という妻がいるにも関わらず、何かと気になる澪のことを助けてしまう。

そんな行動により、やがて沙也佳との生活も破綻を迎える。さらに銀行の部下として出会ったはずの澪は再び元春に恋心を抱くようになり、そのせいで親友の津山千晴(松下洸平)との友情は壊れ、職場の人間関係も破綻。沙也佳の父親に汚職の片棒を担がされたことを告発した結果、沙也佳の家族も不幸に。
自分がいることで「出会う全ての人を不幸にしてしまった」と激しく後悔した元春は、小池(生瀬勝久)から渡された五百円硬貨を持ち再び過去へタイムスリップする―。

 元春が目覚めたのは、10年前の澪と出会った日であり、以前、タイムスリップした時は沙也佳と初デートをした日だ。元春は「今日は家から一歩も出ない。絶対に会っちゃいけない人たちがいる」と二人に会うことを避け、再び現在へ戻る。すると元春は見知らぬ部屋で目覚めた。状況を確認すると目論見通り独身で、どうやら大阪で生活しているようだ。仕事は機械関連の商社の営業マンに変わっていた。携帯の連絡先には澪や沙也佳、津山も入っていない。
このまま澪たちに出会わず、ひとりで淡々と毎日を過ごしていけば良い。そう思う元春だったがある日仕事の関係で東京へ出張することになり、そこで予想もしない事態が巻き起こる―

第11話感想

ついに最終回、一人で過去に戻った元春(大倉忠義)。
澪(広瀬アリス)にも沙也佳(瀧本美織)にも会わないようにし、就職も大阪の商社を選んで一人で生きていくことにした。

最後に戻ってからはじめて会った小池(生瀬勝久)は、晴れやかな顔で話しかけてきた。
自分が過去に戻ったことを話し出す。心臓血管外科医だった小池はじめて過去を変えたのは、幼い子どもがいる働き盛りの男性をミスで死なせてしまったから。妻と子どものために過去を変えたが、今度は絶対失敗しないという思いが強すぎて、患者さんの気持ちを考えられず、妻子も出ていってしまった。その後も繰り返し過去に戻るうちに、何をしたかったかわからなくなってしまった。

でも元春に「人生諦めてるようにしか見えない」と言われて自分が諦めていたことに気づき、自分が諦めたくないもの、取り戻したいものを思い出した。元春が過去に行った日自分も過去に行き、取り戻した。そう言った小池に「お父さん」と声をかけたのは、息子(小池にとっては孫)を連れた娘だった。

「取り戻したいもの」の話を聞いて元春の心に浮かんだのは、澪との思い出だった。
澪が支店にいるかだけ確認して帰ろうと思った元春。現れた澪は一見気づいてなさそうだったが、そこに過去を変える以前も来た振り込め詐欺にあいかけた女性が現れる。澪のSOSに気づかない同僚たちににやきもきしていると、澪は元春と二人で決めたサイン(目をぱちぱち+鼻つまんで寄り目)をしはじめた。

澪は今回のひとつ前の過去、海辺で元春が嘘をついていることに気づき、同じタイミングで過去へ戻っていたのだった。戻った日に元春と会わねばと思ったが、元春が自宅にこもっていたため会えなかった。戻った先の母・久恵(片平なぎさ)は500円玉のことを聞いても本当に知らない様子だった。

「ずっと澪のこと取り戻したいって思ってたけど違ってた。取り戻したいのは自分自身だった。澪と生きるって決める自分。澪と一緒に幸せに生きていきたい。俺と結婚しよう。俺の、妻になってください」
「はい。笑って暮らそう?」
「うん、笑って暮らそう」
二人でやり直すことにし、結婚して4年後には子ども二人も生まれ、幸せに暮らした。

全体の感想

いろいろツッコミどころもなくもないけど、登場人物がほぼ全員、いちばんはじめの世界と同じかそれ以上に幸せそうなのでよかったのかな。

よかったこと

ほぼ全員ハッピーエンドだったのがよかった!

津山(松下洸平)が双子ちゃんのパパに戻っていてよかったし、沙也佳が今までよりずっと幸せそう。邦光(小関裕太)と出会って仲が良さそうだったところもよかった。元春が過去を変えてとばっちりを特に食らった二人が幸せになれて本当によかった。

木田となぎさちゃん(川栄李奈)がこっちでもくっついていたのもよかった。

澪のお父さんは結局亡くなってしまったけれど、お母さんが認知症じゃなく、孫たちと幸せそうにしているし、ずっと不機嫌な顔をしていた小池さんがはつらつとしていた。

個人的にこのドラマから学んだこと

・うまくいかないことは、相手だけのせいとは限らない。自分が振り返って相手の気持ちを考えて行動を変えれば解決するかもしれない。

・この話で縁がある人は、過去が変わっても何らかの形で巡り会っている。今近くにいる人たちは縁があってそばにいるのかも。

・過去を変えても、運命は変えられない?
(澪のお父さんが2年長く生きたものの、結局早くなくなっているためこう思った)

→身近にいる、縁あって巡り会った人を大切に。今うまくいかないと思っている関係は、自分が考えや行動を変えればうまくいくかもしれない。

疑問点

・小池さんがミスして亡くなってしまった患者さんが澪のお父さんなのかな? と一瞬思ったが、小池さんの話では「幼い子どもがいる働き盛りのお父さん」だった。元の世界で澪のお父さんが亡くなったのは高校生のときのはずだから、「幼い子ども」という表現はしないように思う。ただ、小池さんはずっと澪のお母さんのことを知っていそうだった。公園で出会って過去への戻り方を教えただけなのか、もしくはミスした患者さんではないけど澪のお父さんを治療したのが小池さんだったのか。

・2020年5月17日に、元春も澪も一度戻った過去から未来へワープしているけど、ここでは何が起こったのだろう。もう少し説明がほしかった。

残念だったこと・気になること

・最後の世界で、津山が元春や木田と友達ではなくなってしまったこと。地味にこのトリオが好きだったので、ちょっと残念。

・これまた仕方ないけど、本当にいい人ちだった同じ支店の人たちが元春の仕事仲間ではなくなってしまったの、ちょっぴり悲しい。

・一番はじめの世界の澪はどうなったんだろう? 過去を変えたからあの未来はなかったことになるのだろうか。

・元春、アイロンぐらい自分でかけろよと思ってしまった。いや、その代わりに子どもにごはん食べさせてるだけまだいいし、澪がいいならいいんですけど……アイロンかけたシャツがない時点でちょっとイラっとしてるのも何だかな~。

・最後の世界で澪が真相を話した後、元春がプロポーズするまでのセリフが、それまで言っていたこと(澪と出会わない、一人で生きる)に対して唐突に180度言ってることが変わったように見えてしまって、物語に入り込めなかった。終わらせるための説明のように感じてしまった。

・澪が元春が絶対にいいという理由が、運命の人だということ以外いまいちわからなかった。もちろん家庭教師エピソードなどはあったけど、それを知らない澪その2(言い方)が元春がいいと思うエピソードがもう少しほしかった。

・ところで最後の世界では、シノハラの恋はどうなったのだろうか。

俳優さんについて

大倉忠義…またひとつ、クズな役がうまいレパートリーが増えた大倉さん。でもちょっと遅くないとは思いつつ、自分でいろんなことに気づいていて、元春は成長できるクズだったのではと思いました!

広瀬アリス…モンスター嫁・女子高生・銀行員と、別の人みたいで本当にいろんなできる人なんだなとこのドラマで気づきました。主演ももっとやってほしい。

松下洸平…個人的にMVPでしたよ、何があっても人に優しくできる津山主任、とても素敵でした。こんなに素敵な当て馬(咬ませ犬?)役、なかんかいません(ボス恋中沢さんも素晴らしかった)。これから積極的にチェックしてきたいと思いました。

瀧本美織…SweetSという彼女が所属していたガールズグループの曲が好きで、MVをよく見ていました。その後たまたまライブステージを見る機会もあり、今はこんなに巧みな演技ができる女優さんになったんだなと勝手に感慨深く見ていました。嫌な感じのお嬢様演技、うまかったー!
邦光と出会って雰囲気が変わった沙也佳も素敵でした。

川栄李奈…安定感ある演技となぎさの性格が、このドラマの安心感になっていたと思います。うまく言えないけど、どんな役でも自然だしうまい。なぎさのサバサバした性格、とても好きでした。

まとめ

最後までどうなるか読めない、ツッコミを入れまくりながら楽しめるいいドラマでした。
元春と澪においおいと思うところはあれど、周りの人たちがいい人しかいないお話でもありました。不安な社会状況の中、温かい登場人物たちに見ているこちらも励まされました。みんな、幸せにくらしてほしい!

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「知ってるワイフ」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録