あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ドラマ「知ってるワイフ」全11話のあらすじ&感想|ありえない設定の物語が教えてくれた大切なこと・よかったところと疑問点


第10話あらすじ&感想

第10話あらすじ



「俺たちは夫婦だったんだ――」剣崎元春(大倉忠義)は建石澪(広瀬アリス)に過去を変えたことを打ち明ける。澪と結婚したがうまくいかなくなってしまった以前の人生でタイムスリップする機会を手に入れ、過去に戻り、澪と出会わない人生を選択した人生を生きることになったと明かす元春。しかし、澪はバカげていると言って去ってしまう。

翌日、元春も仕事に身が入らず、津山千晴(松下洸平)との関係修復もままならない。仕事を休み家にいた澪は、元春の告白と今までの行動を思い返す。すると、元春の告白と母の久恵(片平なぎさ)の妄想だと思っていた話の共通点に気づく。 

終業後の元春を、澪は喫茶店に呼び出す。澪は夢の中で見ていた元春の姿と久恵の話、そして当事者でしか知ることが出来ない高校時代のバスでの出来事を元春が知っていたことで、過去を変えた話に納得するしかないと告げた。続けて澪は、なぜ結婚生活が上手くいかなくなったのかと元春に問う。元春は仕事にかまけ家事や育児をないがしろにし、澪が寂しい思いをしていることに気づこうともしなかった事で辛い思いをさせてしまったと謝り、自分は澪にふさわしくないと告げて店を出た。

それでも諦めきれない澪は木田なぎさ(川栄李奈)から元春の宿泊しているホテルを聞いて車で連れ出す。二人は元春の前の人生で行った初デートの海辺へ。澪は結婚生活の破綻はどちらか一方のせいではないのではないかと話し、悪いと思っているなら今の自分のそばにいて欲しいと元春に告げた。そんな時、元春の携帯電話に西徹也課長(マギー)から緊急連絡が入るその連絡をきっかけに、思いもよらない展開が元春を待ち受けていた―。

第10話感想

怒涛の展開と澪の暴走にいまいちついていけなかった回。

何言ってんだこいつ

元春に夫婦だったことを告げられ困惑顔の澪。「何言ってんだこいつ」っていう顔してる。そりゃそうだよね〜と思いきや
「信じないわけにはいきません」と言い出す。

ええ〜〜〜。

しかし、夫婦だったことを告げたからと言って急に澪呼ばわりする元春、なんなん?  自分のせいだとは言ってるけど「澪は手がつけられなくなって……」って澪が悪いような言い方すな。そしてすぐ建石さん呼びに戻すんかい。

「すまなかった」っていう謝り方なんなん(本日2度目)??  申し訳ありませんでしただろうがああと激しく脳内ツッコミを入れてしまった。いや、せめてごめんとかさ……。

前回あんなに怒ってたのに、様子がおかしい元春を心配する津山(松下洸平)、なんでいい奴なんだ。

元春のこと、あんなやつ!  って言いながらほっぺぷくっとさせる木田(森田甘路)かわいいじゃん。ツンデレかよ……。

澪の暴走にドン引き

元春の家にやってくる澪。いや教えてない家にいきなり来るのは怖すぎるんだが??  していることがストーカーとなんら変わらない。

デートした海辺に行く二人。
自分たちがうまくいかなかった理由について澪は「お父さんが亡くなったところに支えてもらって、依存して結婚したのかもしれない」「当たり前になって感謝しなかったのかもしれない」「してほしいことを口にしなかったのかもしれない」と自分にも原因があった可能性を示唆。

「私は剣崎主任と結婚した建石澪じゃありません。私に申し訳ないと思うんだったら一緒にいてください」と迫る。

うーん。澪の他責せず自分を振り返る性格は素晴らしいと思うけど、共感0%というか、ここ数話の澪が強引すぎて怖い。

沙也佳父、真っ黒

先日沙也佳の父親に紹介された、融資をした人が破産して連絡が取れないらしい。ほらだからまずいって言ったじゃんーーこの件は元春は慎重になってたのに支店長が強引に進めたよね……。

疑惑の会社について調べてくれる津山。ほんとになんていい人なんだ(本日2度目)。

えーーー沙也佳(瀧本美織)のお父さんクロじゃん。どうやら例の会社は沙也佳父のペーパーカンパニーだったらしい。暴露されたら元春も加担してたと思われるけどいいのか、沙也佳のこともさらに傷つけるけどいいのかと脅す沙也佳父。人間が腐っている〜!

沙也佳、いい女になったな

沙也佳に聞かれ、きちんと話す決心をする元春。はじめて適当にごまかさずちゃんと相手と話した気がする元春、成長に感動(遅いけど)。

モトくんの好きなようにしてと言われ、「いいのか?  沙也佳も失うものが大きい」と気遣う元春に
「いらないと思ってたから」と言う沙也佳、短期間でグッといい女になったな。かっこいい。

職場の人たちみんな優しい

元春の疑いを晴らすために匿名掲示板に書き込む、署名を集める、取引先に仕事ぶりを証言してもらうなど動く同じ支店の人たち。本当にみんないい人……津山もわざわざ澪と一緒に取り引き先にかけ合ってて、なんていい人なんだ……涙(本日3度目)。

一方、本社の人たちは絵に描いたような感じ悪い人たち。

TVで報道されてるのを観て「モトくんは無実だから」という沙也佳。邦光(小関裕太)と一緒にいるのね。
家のものを全部売って、田舎で演奏の対価として農産物をいただくコンサートに出るという。

そのまま移住しちゃうかも、という沙也佳に「それはちょっと困るかな……」と小さな声で言う邦光、ちゃんと沙也佳のこと好きっぽくてよかった。

どこへ行く元春

結局、疑いは晴れたが元春は解雇になってしまう。「私の責任だ。剣崎くんには悪いことをしてしまった」ってそれじゃ済まされねーよ支店長……。元春は足りないところ多すぎな人だけど、この件は本人まったく悪くないとばっちりでかわいそう。でもこの人生を自分で選んだとも言えるのか。それにしてもしんどい。

小池(生瀬勝久)に「沙也佳の父親が犯罪者になったのも俺の責任です。俺が銀行員だったから」いやさすがにそれは違うだろ。人を不幸にしてしまったのは元春の精神の未熟さ故であって、そういう「自分といるとみんな不幸になるんだ」的な感じはちょっと違う気がするけど……。

元春を心配して同期全員に連絡入れる津山、本当になんて優しい人なんだ(本日4回目)。

「これを持ってなさい。必要になるかもしれないから」と澪に500円玉を渡す母。
「やっぱりお母さんも過去に行ったことがあるんだね。、お父さんに会うため?」頷く母。ちょっと展開についていけない。

海辺の元春美しいな……。山に行ったときの朝日といい、自然の美しさ×元春(というか大倉忠義)の相性の良さ半端ない。そしてやってくる澪。

「俺といるとみんな不幸になるんだ帰れ!」
「嫌!離れない!」
もうなんなんだよこいつら。

押し問答の末、「わかったよ。一緒に帰ろう。澪には敵わない」といきなり優しげになる元春。情緒ジェットコースターか?  と思いきや、一人でまた過去を変えるゲートを渡ると決めていた。

一人車に乗り例の料金所を突破する元春、どこに行っちゃうの??
次回最終回、どんな結末になるのか最後までわからない……!

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第11話あらすじ&感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録