あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話 魅力解説!|最終回で見せた櫻井翔の涙……ネメシスよ永遠なれ!

SHARE


第10話あらすじ&魅力徹底分析

第10話のあらすじ



【菅研究所=カンケン】最大の黒幕が、菅朋美(橋本環奈)だと知った【探偵事務所ネメシス】の探偵=風真尚希(櫻井翔)と社長の栗田一秋(江口洋介)。朋美と大和猛流(石黒賢)に拉致監禁された、美神アンナ(広瀬すず)とアンナの父=始(仲村トオル)を救い出すため、風真は“チームネメシス”(勝地涼・中村蒼・大島優子・上田竜也・奥平大兼・加藤諒・真木よう子・南野陽子)の≪8人の侍たち≫にすべてを明かし、協力を頼む。警察の“Nシステム”に侵入し、カンケンの車のナンバーを突き止めた風真たちだったが、なかなかカンケンの本拠地までたどりつけない。だが車に残された“あるモノ”に気付く風真。決してただのポンコツなどではなかった風真の、鋭い推理が冴えわたる!

一方朋美との“ナイトツアー”に敗れたアンナと始に、刻々と命のリミットが迫っていた。アンナのネックレスの膨大なデータの解析は着々と進み、朋美と大和は今や利用価値のなくなったこの親子を最も残酷な方法で殺害しようと目論む。だが解析完了の直前で、何かに気付く朋美。そこで始から告げられる“ある衝撃的な事実”に、朋美は打ちのめされる。アンナVS朋美――。美しき天才同志の2人の戦いの行方は、想像もしない方向へと向かっていく。
最終話でこの20年間くすぶり続けていた男達の深すぎる因縁にも、一つの終止符が打たれる。栗田と始の長年の熱く確かな友情、かつては同じ志を持った研究者だったはずの始と大和の決定的な思想の違い……。サスペンスミステリーとしての伏線回収はすべて終わった。だが振り返れば、第1話から7話までどの回にも“愛の物語”が組み込まれていたことに気付く。大富豪の恋人達への愛、その愛を信じられなかった犯人(第1話)、愛するゆえに道を誤ってしまった兄と妹(第2話)、自分を拾ってくれたシーパラダイス社長への風真の深い恩義(第3話)、色々な愛憎が渦巻いたデカルト女学院(第4話)、愛情深い父の不器用さが生んだ家族の悲劇(第5話)、仕事を愛する女優のプロフェッショナルさに貫かれた劇中劇(第6話)、ポンコツな弟子=風真と緋邑の師弟愛(第7話)。
この愛をめぐる事件の中心には、いつもアンナと風真がいた。もちろんアンナと風真、栗田の間に血縁関係はない。だが間違いなく【ネメシス】はひとつの家族だった。風真の深い愛情が、アンナを愛する“チームネメシス”を動かし、アンナに本当に大事なことを気付かせる。「生まれてきたらダメな存在」などでは、決してなかったということを――。

第10話の魅力徹底分析:最終回で見せた櫻井翔の涙……ネメシスよ永遠なれ!

ついに最終回を迎えたドラマ「ネメシス」。

前話に引き続き、アンナと始を救出するために手を尽くすチームネメシス。個人的には、いつも冷静でクールに装っていた姫川が声を荒げるシーンを見て、緊迫感と必死さが伝わってきて思わずドキドキしてしまいました。


最終話で私が注目していたのは風真さん、つまり翔くんの”表情”です。

始が息を引き取る間際に風真さんに語りかけたときの表情は、悲しみと悔しさを出しながらも静かで、恩師の最期の言葉を聞き逃すまいと必死なイメージ。

一方で、大和が設定したパスワードの“意味”に気づいてしまったときの表情は、悲しみだけでなく、やり場のない怒りや悔しさを感じられました。どうやっても皆で研究していた頃には戻れない、どうしようもない虚しさが伝わってきて、胸が締め付けられるようでした。

顔を歪ませ、唇を噛んで涙を流すような翔くんの演技は新鮮に感じられましたが、普段なかなか見られないからこそ、より鮮烈に印象に残っています。

ネメシスに日常が戻ってきた際、不安げなアンナに見せる力強くも温かくて優しい表情と声に、視聴者である私の心もほぐされました。

ドラマ開始当初は先の展開に不安を感じることもありましたが、最終回を見終えた今は風真さんを翔くんが演じてくれて良かったな、と思っています。


ポンコツ感だけではない、翔くんの様々な表情を見せてくれてありがとう!ネメシス!


→目次へ戻る

NEXT|次ページ > 「ネメシス」作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録