あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ネメシス」第10話 魅力解説!|最終回で見せた櫻井翔の涙……ネメシスよ永遠なれ!

SHARE


第6話あらすじ&魅力徹底分析

第6話のあらすじ


天狗サーモン・社長怪死の切ない真相を暴きつつ(第5話)、菅研究所=通称・カンケンに一気に近付いた【探偵事務所ネメシス】の自称・名探偵=風真尚希(櫻井翔)と社長の栗田一秋(江口洋介)。探偵助手の美神アンナ(広瀬すず)の失踪中の父=始(仲村トオル)が、19年前に起こした事故現場で静かに手を合わせる2人だが、女性のヒールの新しい足跡を見つける。

そして【ネメシス】に今日も新たな依頼者が――。動画配信用カメラで騒々しく生配信をしながらやって来たのは、膨大なフォロワー数を誇る暴露系動画配信職人=タジミンこと多治見一善(柿澤勇人)。今をときめく若手人気女優=久遠光莉(優希美青)の行方を探してほしいという。実はこの日、車内で覚醒剤を使用しているタジミンと光莉の動画が流出し世間は大騒ぎになっていた。だがタジミンによるとこれは明らかなフェイク動画。2人に恨みを持つジャーナリスト=神田凪沙(真木よう子)にはめられたと主張し、凪沙が光莉を拉致しているのではないかと心配する。一方、“神田凪沙”の名前を聞き、今までにない速さで依頼を快諾する栗田だったが、天狗サーモンの一件以来腰痛が著しく悪化している様子。風真とアンナを追い払うよう捜査に行かせるが、その裏で何やら密かに別行動を……?

一方タジミンと共に、光莉不在の撮影スタジオに出向くアンナと風真。初めてのドラマの現場に興味津々のアンナだったが、そこにまさかの凪沙本人が現れる。なぜか不自然に顔を隠す風真…そんな風真を見て顔色を変える凪沙。気になる2人の関係は!?フェイク動画、女優失踪、凪沙の思惑が繋がり、ついに20年前の事件が封じ込められていたパンドラの箱が開く、衝撃の第6話!

第6話の魅力徹底分析:物語が動き始める……ポンコツ探偵の櫻井翔も大活躍

ようやくネメシスの物語が動き始めた第6話。個人的には大満足の話でした。

テンポの良い展開、まさかの大どんでん返し、チームネメシスの大勝利、迫る20年前の謎……ようやく面白くなってきました。

個人的な今回の翔くんイチオシポイントは、真相解明の際に見せたTHE 大根な演技。ポンコツ探偵の真骨頂を見た気がしました。

下手くそな演技の後に見せた、どんでん返しに向かう時の風真さんの表情がとてもカッコ良かった。ポンコツさを醸し出した後だからか、翔くんの顔の良さがより光っていました。

犯人を出し抜くための偽装工作や油断させるための演技に……とにかく大活躍だった風真さん。素っ気ない態度をとりながらも風真さんを慕っている(?)姫川との絡みも見れてほのぼのしました。

ポンコツはポンコツでも慕われている風真さん、良いキャラしています。


世間的には話題のドラマに「ネメシス」の文字が出なくなり、少々寂しさを感じていましたが、話が大きく動き出して「これから始まる」という期待に胸が躍ります。

→目次へ戻る

NEXT|次ページ > 第7話あらすじ&魅力徹底分析

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録