あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「にぶんのいち夫婦」第6話レビュー:「その中に旦那さんの本当の浮気相手がいるからですよ」信じたくない真相(※ストーリーネタバレあり)



「にぶんのいち夫婦」第6話の画像ギャラリーへ

【関連記事】「にぶんのいち夫婦」第1話レビュー

【関連記事】「にぶんのいち夫婦」第2話レビュー

【関連記事】「にぶんのいち夫婦」第3話レビュー

【関連記事】「にぶんのいち夫婦」第4話レビュー

【関連記事】「にぶんのいち夫婦」第5話レビュー

比嘉愛未が主演のドラマParavi(テレビ東京系)新ドラマ「にぶんのいち夫婦」が2021年6月2日より放送開始。

本作は、結婚2年目の32歳の主婦・中山文(なかやまあや、演・比嘉愛未)が主人公。夫のスマホに表示された女性からのメッセージをきっかけに浮気疑惑が浮上。夫の浮気は事実なのか?その相手の正体は?

本記事では、そんな話題作の第6話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「にぶんのいち夫婦」第6話のレビュー

和真(竹財輝之助)に「今日は帰れない」と伝えた文(比嘉愛未)は、結婚して初めて家以外のベッドで目覚めた。灰皿があるどう見ても一人暮らしの部屋、やっぱり樋口(坂東龍汰)と……と思いきや、立っていたのは年配の女性だった。文が向かった先は、久しぶりに会う母親の家だった。

浮気した父が許せず家を出ていった母は、介護の仕事をしながら一人で暮らしていた。文と和真の間に何かあったことを察しつつ「いつまでもいられても困るよ」という母。本当に出て行ってほしいというよりは、そう言うことで夫婦の問題を早く解決してほしかったのかもしれない。

樋口はあの後、タクシーを止めて文を乗せたのだった。大学生なのに紳士すぎる、いい男だ……。

その後も家には戻れず、母の家とバイト先を往復する日々。樋口はバイト先には現れなくなり、和真の不倫の証拠を探してくれているようだった。文と一緒のコールセンターとは別に夜の街でバイトをしている樋口は、さとみの写真を仕事仲間に見せ、見かけたら連絡ちょうだいと頼んでいた

「お母さん久しぶりだよね。ゆっくりしてきていいよ」という和真に、もう疑いの気持ちしか持てない文。和真は家で一人カップラーメンを食べながら、お笑い番組を見て笑っていた。さとみに腕を組まれて振りほどくシーンも出てきて、和真は本当にさとみと浮気しているのか、疑問がわいてくる。

居候させてもらう代わりにお弁当を作ってみた文に「お互い生活リズムが違って干渉しないし、ずっといてくれたっていいんだよ」「けど、逃げ回ってても解決はしないよ」と声をかけた母。やはり文のことを心配していたのだ。

自分の就職と同時に出ていった母を、当時は理解できなかった文。お母さんに反発していたのは私がお母さんに似ているからだったのかもしれない、と思う文。ちょうど樋口から「さとみがホテルに入っていった。二人が出てくるところをつかまえましょう」と連絡が来る。和真と出会った頃からこれまでを思い出し「今でもどうしようもなく大好き」と道すがら泣く文がせつない。

これで和真を疑う苦しみから解放される……と思ったが、さとみと一緒にホテルから出てきたのは高梨だった。どういうこと?? 和真には別の相手がいるのか、それともさとみは和真とも高梨とも付き合っているのか? 「本当のことなんて永遠に知らなくていい」とその場から逃げる文。


「今日は俺の嫁実家だから、朝まで弾けるぞ!」という高梨を待ち伏せして話をする樋口。胸倉をつかみ、なぜ文を襲ったのか聞き出す。

話があるとやってきた樋口をかわそうとする文。いつものみんなと飲みに行くと言うと「行くな。絶対に行かないでください」と言われる。

「その中に旦那さんの本当の浮気相手がいるからですよ」

ああーーーーーやっぱりそうなの……?

暗い家で結婚式の写真を眺める和真。「とっておきのお土産持って家にいくから、待っててね」という不倫相手(?)からのLINEを見てインターホンに出ると

「こんばんは、和真さん」



出たーーさやかだーーーーーーー怖すぎる。
親友の誰かがそんなことするわけない、と思いながら飲みすぎだ文はつぶれてしまったのだ。

家に入り込み「ここでセックスしてるんだ~」などと戸惑う和真に話しかけるさやか。何なんだこの女。

和真に無理やり抱きつき
「明日あのバーで待ってるからね、大事な話があるの」
「結婚記念日の夜、一緒に過ごしたホテルのバー」
「楽しかったね、あの夜は」
と言ったさやか。

「いいわね?」「ああ、わかった」

そのまま和真に無理やりキスするさやか。
実は起きていた文は、ベッドサイドの鏡越しにそれを見ていた。



「私は、この世でいちばん大切な人たちに、裏切られていた」

静かに涙を流す文。かわいそうすぎる。
何でこんなことするの?? 筆者、1話からちょいちょい友達内に相手がいたりしてとか、個人的にさやかを少しあやしんでると書いてはいたが、いざそうなるとえぐすぎて混乱する。

友達の夫を狙う気持ちも、友達の夫と浮気しておきながら何事もなかったかのように仲良くできる気持ちもまったく理解できない。和真も同罪だが、明らかに困惑している様子なところが気になる。どういう事情なのだろうか。
次回、知るのが怖いけど気になるから早く観たい……。

ところで全然関係ないけど、優香役の瀬戸さおりさん、俳優の瀬戸康史さんの妹だって知ってました?? 私は先週気づいてびっくりしました。
ちなみに優香はヨシキさんに謝らせたそうで、香住の作戦が功を奏したようです。それに関してはよかったよかった。

→「Paravi」で第6話を見る

第6話ストーリー 嘘の正体


和真(竹財輝之助)と顔を合わせたくなかった文(比嘉愛未)は、しばらく母親(佐藤直子)のアパートで過ごすことに。そんな中、樋口(坂東龍汰)から、和真とさとみ(伊藤萌々香)の密会場所を突き止めたと連絡が入る。ためらいつつも現場へ向かい、樋口と一緒に待ち伏せをする文。「やっと浮気を疑い続ける苦しみから解放される…」遂に証拠を掴む時が!果たして浮気は真実なのか!?さらに予期せぬ裏切りが文を襲う…

(文:ぐみ)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「にぶんのいち夫婦」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Copyright © TV TOKYO Corporation All rights reserved. Copyright © BS TV TOKYO Corporation All rights reserved.