あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【映画VS原作】『バクマン。』漫画の凄さを再確認できるエッセンスをぎゅっと濃縮した映画は必見!!


コミックスの実写映画化の一つの成功点!!



人気&ベストセラーコミックスの実写映画化は長年続く邦画のジャンルの一つと言えますが、ビジュアルを原作に寄せることに執心して、ストーリーや原作のスピリットの部分を映画に焼き付けることがおろそかになっている作品が少なくありません。

そんな中で映画『バクマン。』は見事な取捨選択と削ぎ落としによって、原作が一番語りたかった核となる部分だけを見事に抽出した、非常に稀な例と言えます。

原作が20巻もあるうえに、この作者コンビと言うこともあって一つの描写、一つのエピソードにものすごい量の情報量が込められていて、簡単に読破できないのが難点ですが、是非とも原作を読破したうえで映画を見直して、「見事なまでの映画化」を実感していただければと思います。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 秀逸なオープニングとエンドロール

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会