あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<女の戦争~バチェラー殺人事件~>最終回まで全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第4話ストーリー&レビュー

第4話ストーリー



→「女の戦争~バチェラー殺人事件~」の画像ギャラリーへ

一香(尾碕真花)の裏の顔が暴かれ、複雑な空気の中、今度は麗奈(トリンドル玲奈)、理恵(北原里英)、りお(寺本莉緒)の3人と、哲也(古川雄大)とのテーマパーク内デート!皆それぞれ哲也に過激なアプローチを仕掛け、よりバトルが白熱する。そんな中、突如謎の仮面男が現れ、空気は一変!予測不能なハプニングが起こり、意外な脱落者も出てしまう盛りだくさんな第4話!

第4話レビュー



前回は、森下一香(尾碕真花)の「殺す」という物騒な言葉で終わった。

第4話は一香を横目に御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川雄大)とテーマパークデートに向かう、河原麗奈(トリンドル玲奈)、一ノ瀬りお(寺本莉緒)、嶋田理恵(北原里英)の3人。
哲也の気を引こうと必死の3人は、それぞれが哲也に色仕掛けをする。

そこへ、一香の差し金で「自称りおの婚約者」が乱入。
りおがその男に襲われそうになったところを、哲也が助けるという展開だった。

その後、一香とりおは取っ組み合いのケンカ。
ドラマのタイトル通り、女の戦争は凄まじいものだった。
と、同時に哲也の王子様感はハンパない!
このアンバランスさも面白い。

結局、一香とりおは脱落。
残りは麗奈、理恵、志倉若菜(葵わかな)の3人となった。

第4話では伏線も多く、残りの3人の意味深な行動が興味をそそった。
麗奈は、哲也と見たこともない女性とのツーショット写真を見つめている。
理恵は大量の薬をゴミ箱へ。
そして、若菜も何やら思いつめた表情を浮かべている。

次に脱落するのは?
(筆者の予想は理恵だが、どうだろうか……)

出演者、全員が怪しくてたまらなくなってきた第4話。
はたして哲也を殺したのはいったい誰だろうか。
最終話までドキドキだ。

※この記事は「女の戦争~バチェラー殺人事件~」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第5話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録