あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「元彼の遺言状」第4話:急展開!篠田は誰なの?栄治の残したメッセージ、実はまったく違う意味かもしれない。


© Fuji Television Network, Inc.

「元彼の遺言状」の画像を全部見る

綾瀬はるか、大泉洋主演の月9ドラマ「元彼の遺言状」が2022年4月11日より放送スタート。

金に目がない敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)。ある日、大学時代の元彼・森川栄治(生田斗真)が亡くなったとの知らせが入る。自室で亡くなっていた栄治を発見したという男性・篠田敬太郎(大泉洋)から「僕を犯人に仕立て上げてほしい」と、驚きの依頼が。なんと、栄治は「僕を殺した犯人に全財産を相続させる」と遺言を残していたのだ。

本記事では、第4話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】「元彼の遺言状」第3話レビュー:もはや『元彼』も『遺言状』も関係なし!?

【関連記事】「元彼の遺言状」第2話レビュー:次回からは篠田と共に事件を解決か?

【関連記事】「元彼の遺言状」第1話レビュー:綾瀬と大泉のギャップにくぎ付け!

「元彼の遺言状」第4話レビュー

「し・の・だ・を・た・の・ん・だ」という栄治(生田斗真)からのメッセージ。
本当にこれで合っているのだろうか…。

「元彼」も「遺言状」も関係のないドラマとなってしまったが、急展開だ。
大泉洋が演じる雑用係、篠田とは誰?問題である。

第1話で麗子に「久しぶり」となれなれしい態度を取り、栄治と同じ大学のサークルの先輩だと説明していた篠田。
しかし、第4話の回想シーンで篠田は大学に行っていないことがわかった

なぜ篠田は嘘をついて麗子の近くにいるのだろうか。

ここにきて篠田という人物が妙に怪しくなってきた。

第4話も麗子と篠田のデコボココンビが華麗に事件を解決した。
お金儲けのために大口案件に手を出すものの、今回も麗子は目の前でチャンスを逃してしまう。
そろそろ儲けさせてあげたい気もするけれど、篠田が貧乏神なのか。
なかなか麗子の思うようにはいかない。

あくまでも個人的な意見だが、一話完結のストーリーが少し弱いように思う。
もう少しあっと驚くようなミステリーが盛り込まれていたら、さらに盛り上がるのではないだろうか。
なにせ、綾瀬はるかと大泉洋がタッグを組んでいるのだから。

とはいえ、篠田はだれ? という展開には驚きだ。
ワクワクしてきた。

栄治のメッセージ「し・の・だ・を・た・の・ん・だ」の意味を改めて考えてみよう。

単純に考えると、篠田は過去に罪を犯しており、弁護を麗子に依頼していると考えられる。
もしくは、文字の並びがそもそも違い、別のメッセージになっている可能性も?
お金の亡者ではありつつも正義感のある麗子。
栄治から篠田を頼まれたと思い込んではいるが、実は「篠田に気を付けろ」「篠田は危険だ」みたいなまったく逆の意味だったら?

そうなるとこのドラマは俄然、面白くなる。

料理の腕は素晴らしいが、定職に就かず人目に付かない栄治の別荘に身を置くあたりで怪しさは満点だ。

第5話以降、篠田の動向をチェックしたい。

(文:駒子)

【関連記事】「元彼の遺言状」第3話レビュー:もはや『元彼』も『遺言状』も関係なし!?

【関連記事】「元彼の遺言状」第2話レビュー:次回からは篠田と共に事件を解決か?

【関連記事】「元彼の遺言状」第1話レビュー:綾瀬と大泉のギャップにくぎ付け!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「元彼の遺言状」4話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© Fuji Television Network, Inc.