あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」全10話のあらすじ&感想|最後まで潤之介は二次元ぽかったし中沢さんはいい男だった

SHARE


第8話あらすじ&感想


第8話あらすじ


迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

そんな中、奈未 (上白石萌音) は特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。そして潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介。母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまい……。

 そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。そこには奈未と麗子 (菜々緒) が写っており……!?

第8話感想

麗子さま(菜々緒)と編集部員たちのMIYAVIへの、そして仕事への愛が伝わってきた今回。

麗子のパワハラ記事でコラボ化粧水取り消しに?
音羽堂出版の吸収合併は決まってしまった。そのうえで廃刊か、存続か。

最後の悪あがきとして麗子が持ち掛けたCOACHとISOBEとMIYAVIのコラボ化粧水。
ISOBEにOKをもらったが、週刊誌に麗子が奈未(上白石萌音)にパワハラしているという内容の記事が載り、中断の危機に。

奈未の提案でISOBEに訪れたものの、社長(近藤芳正)の前で口げんかを始めてしまう二人。「もういいです」と遮った社長。終わったと思いきや、次の言葉は「あなたたちのことを信じてみます」ええ〜?副編集長(なだぎ武)と一緒に叫んじゃった。

でも、麗子さまと奈未はこの結果がわかっていてあえてやっていたらしい。
「あなた、わざと喧嘩ふっかけたでしょ」
「編集長なら乗ってくれると思ってました」
ええ〜!! 嘘をつかずに編集長がどういう人かわかってもらいたかったという奈未。よくわからないけどいいコンビになってきた。

どうなるかわからないけど、やれることはやろう! と奮起する編集部員たちがいい。ピンチヒッターとして以前ボイコットの際にやってきた小笠原さん(元校閲部の人)もやってきて和む。

麗子が言う「憧れるべきは」
麗子のパワハラ記事、誰がこんなもの書いたのかと憤慨する副編集長と編集部員たち。清算しようとして財布の中身をぶちまけた副編集長、そこには記事が載った雑誌の出版社の名刺が。たまたま飲み屋で意気投合した人のものだというが、中沢に「編集長のことしゃべりませんでした?」と聞かれ「俺か!?」となる副編集長。実際どうなのかわからないけど、おいおい。でも全然憎めない。

フワちゃんやアンミカさんがSNSにコラボ化粧水を載せてくれ、コラボ化粧水もMIYAVIも売れ行きアップ。だがMIYAVI廃刊がかかった会議の後、一人会議室でうなだれ、資料を投げつける宇賀神副社長(ユースケ・サンタマリア)。そして編集部員にMIYAVIの廃刊が告げられたのだった。
ところで、コラボ化粧水本当にあったら使ってみたいけど、入れ物のせいかどうしても香水に見えてしまうのは私だけだろうか……。

MIYAVIが廃刊になっても麗子のアシスタントをしたいと申し出る奈未。だが、
「この仕事は人に夢を与える仕事。だからあなたが憧れるべきは私じゃない、この仕事」
麗子がいかにこの仕事を愛しているのか伝わってきて泣きそう。

一方小笠原さんに「いい雑誌を作りましたねぇ」と言われ、これまで出したMIYAVI3冊を抱きかかえて泣き崩れちゃう編集長、彼もまたこの仕事を愛していたんだな。

麗子VS高橋麻美(高橋メアリージュン)最終決戦?

高層階にあるレストランで食事する二人。

MIYAVIは廃刊を免れたと告げる麻美。理由はコラボ化粧水が売れて反響があったから。勝ち誇ったように「宝来麗子を外す条件で存続が決まった」と付け加える麻美だったが、麗子の表情は変わらず、むしろ微笑んでこう言った。
「ねぇ私が何でMIYAVIの編集長を引き受けたかわかる?」

この雑誌が売れない時代でも、紙の雑誌にしかできないことはきっとある。MIYAVIは日本から世界へモードを発信する雑誌として絶対に必要だった。だから道筋を作った。後は編集部員たちとあなたに託す、と。はじめから、MIYAVIが続けば自分がそこにいなくてもよかったのか。なんという業界・仕事への愛だろうか。しかし麗子さまが降りてしまうの、悲しい。

そして麻美はずっと麗子には勝てない、勝てない以前に同じ土俵にも上がれないのだな。

奈未と潤之介
廃刊にまつわる話が衝撃でラブ要素に触れるのが遅くなった。
朝ごはんのオムライス(略して朝オム)を作ってくれる潤之介。ご褒美にほっぺにチューをねだる潤之介。こんな少女漫画みたいな世界線あるのか……? そして上が黒タンクトップで下はレモン柄のパンツってすごいセンスだな。何かと黄色が出てくるのは、玉森くんのメンバーカラーが黄色だからなのだろうか。

そして実家すごっ。宝来グループ継ぐって、奈未ちゃんはどうするの? やっぱり謎である。そして喜んでるからと言って大事なことを奈未ちゃんに言わないところが相変わらず駄目である。尾芦(ミキの亜生)が言ってること正しいぞ。でももしかしたら、この間落ちたコンクールで入選しなかったら区切りをつけようと思ってたのかな。

奈未の本に挟まっていた「彼氏ができたらしたい10のこと」を見つけて叶えようとするけどなかなかうまくいかない潤之介は健気でかわいいが、序盤は撃沈で終わる。自転車の二人乗りをしてプリクラを撮りに行こうと提案するが「公道での自転車の二人乗りは捕まりますよ」と冷静な奈未ちゃん。呼び捨ては変な感じするからいつもと同じにしてくれと言い、何もなければ切りますよという奈未ちゃん。やはり現代っ子〜!

しかし後半は麗子さまにきちんと彼女として紹介し、遊園地に連れて行ってくれて(マフラーは足並み合わなくて犬のリードみたくなってたけど)スケートして一輪の花を渡してプロポーズ。え、プロポーズ!? これ、今までだったらめちゃくちゃおめでたい展開だけど、「憧れるべきはこの仕事」って気づいちゃった奈未ちゃん。金沢に行ったらその夢は叶わない可能性が高い。どうするどうなる……?

遊園地の途中で、潤之介が自分のリストを叶えてくれようとしていたことに気づく奈未。ただそのリストは中学生のときに書いたものだった。自分からプリクラ撮りたいと言って密かに作戦に乗ってあげる奈未。この二人、たまに奈未ちゃんが上手になる瞬間があっていいな。

リストを叶えようとするのはとてもピュアでいいけど、大事なこと黙ってるんだよな~と思うとちょっともやもやする。

そして今週もいい男だぜ中沢さん
中沢さん、奈未に呼ばれても自然に返事してくれて、ブレスレットは歩いてたらたまたま見つけたからと嘘をつく。告白も冗談オチ? と思いきやさすがにそれは無理だわと自嘲するも「本当にそんなに気にしないで」とどこまでも相手を気遣って去っていく。いい人すぎるよ中沢さん。そのやり取りを見かけてしまった和泉(久保田紗友)。中沢に「映画教えてください、失恋したけど大事な人はそばにいたみたいなストーリー」「何それベタ」と笑う中沢さん。チャンスに漬け込みたかったというよりは、中沢さんにちょっとでも笑ってほしかったんだろうな。和泉も健気だ……。

次回、いろんなことがどうなるか不安だけど楽しみです!
でもいなくならないで麗子さま!

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第9話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録