あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」全10話のあらすじ&感想|最後まで潤之介は二次元ぽかったし中沢さんはいい男だった

SHARE


第4話あらすじ&感想


第4話あらすじ



ついに「MIYAVI」創刊号が発売され、上京してからの出来事を感慨深く振り返る奈未(上白石萌音)。

改めて「MIYAVI」のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちと比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自分を痛感する。

オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子(菜々緒)からは呆れられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させてあげることに。しかし、そのパーティーで奈未はまた潤之介(玉森裕太)と会ってしまい複雑な気持ちに…。

そんな中、麗子は昔の上司であり、次号の「MIYAVI」で特集ページを担当する、ファッション業界のトップでクリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコと再会する。

後日、ジンコのスタッフミーティングの場へ顔を出した奈未は、その和気あいあいとした雰囲気に感動。さらにジンコからの誘いで、ジンコの企画を手伝うことに。すると、ジンコからなぜか副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼まれ…。

第4話感想

いやもう、ラストのキスシーンにすべて持ってかれたのですが、潤之介(玉森裕太)くんの横顔の美しさにびっくりしましたわ。こんなに横顔美しい人間、三次元にいるんですね。

今まで潤之介に振り回されてきた奈未(上白石萌音)から先にキスしたところもよかったし、その後潤之介からもお返しのキスまでの横顔が先ほど書いたように芸術的に美しかった。

1~3話のキュンキュンシーンまとめた動画も公式にアップされていたので、置いておきますね。

……とラストシーンの話から始めてしまいましたが、今回もいろいろありましたね。

まず麗子(菜々緒)の元上司、パリを拠点に大活躍しているウエクサジンコ(高岡早紀)、美しい。1話の冨永愛に続き、麗子とのツーショットが格が高くてまぶしい。特に奈未が差し入れを届けに行ったときの白くて袖がふくらんだシャツと赤系のペンシルスカート、かわいらしさとかっこよさが同居してるし立ち姿が彫刻象のようだ。

ジンコさんの部下たち、委縮してるのがぱっと見てわかるのに「ジンコさんのところのスタッフは和気あいあいとしてて素敵」「うちのボスは悪魔」「ボスの失敗した話ありませんか?」などとベラベラしゃべる奈未。別の回でもしゃべっちゃってたけど、社外の人に上司や仕事の話するのほんとやめた方がいいと思う(突然の社会人目線)。でも、冒頭で「ウエクサジンコに嫌われたらこの業界にはいられない」と聞いてたのにも関わらず、麗子のことを悪く言われて言い返すところは奈未ちゃんの良さだな。

部下にキレ散らかすジンコ、とても高圧的で序盤で思った想像通りだった。麗子のおかげで考え直して自分の非を認めたけど、謝り方が独特! 実力あるもののみに許された態度! でもそこがいい。

ところでジンコさんは宇賀神副社長(ユースケ・サンタマリア)の元妻だった。二人での会食の会話から察するに、麗子さん両想いじゃん! しかも副社長も意外と恋愛ベタそうじゃん! もう早くくっついちゃえばいのに。

ジンコさんと副社長が食事する話を陰から見てて壁にぶつかっちゃう麗子さま、So cute。このときの白いシャツのファッションと髪型がフェミニンで可愛い。麗子さまのファッションと言えば、ジミー・チュウのパーティーでの赤ドレス+濃いめアイメイクで奈未に「シーッ」ってジェスチャーするのもよかった。私も麗子さまにシーッって言われたい。

パーティーと言えば並みの幼なじみのけんちゃん、婚約中なのにドレスアップした奈未を見て「奈未が言わなきゃバレないから付き合おう」だなんてとんだクソ男だな!

ラストのキスシーンに薄れてたけど、そこへ助けに入った潤之介の「俺の一番を二番にするとかありえないから」っていうセリフめちゃくちゃかっこよかった! 冒頭の奈未の妄想に出てくる潤之介(犬耳)の出てくる世界もかわいいし、半径1m以内に近づくなと言われて律義に守っていたのもいい人だし、バーベキューでマシマロ買おうとしてうきうきしてるし(たくさん買ってあげたい)、雨の中待ってて読んだら笑顔なのも軽率に恋だし、潤之介ずるいな……。

でも本当はずっと好きな幼なじみがいるみたいだし、その子次回出てくるみたいだし、結局はっきりしないのには悶々としている。奈未が混乱するのも無理はない。ところでドS中沢先輩(間宮祥太朗)、やっぱり奈未のこと好きでは? 潤之介はかわいいしたまらんけど付き合うなら中沢先輩のがいい気がするんだよな~。そして和泉(久保田紗友)はことごとく誘うの下手すぎてわざとらしくなっちゃってて愛おしい。

そうだ、副編集長(なだぎ武)嫌味と見せかけて態度がデレでいい人だなって思いました。あとあと、前回も言ったけど初回の麗子さまインパクトがすごかったから、また麗子さまがもっと出張る回が見たいな!!

潤之介に奈未とともに振り回されがちな3~4話、来週ははどうなるんだろ?
楽しみだ~!

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第5話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録