あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「私の夫は冷凍庫に眠っている」全話考察:ふたりに幸あれ。願わくは、殺されませんように。



テレビ東京にて2021年4月10日(土)夜11時25分放送スタートの本仮屋ユイカ主演ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」。
 
原作は、人気小説投稿サイト「エブリスタ」で話題になったラブサスペンス「私の夫は冷凍庫に眠っている」で、本仮屋ユイカ演じる主人公が“この人がいる限り、自由な生活は手に入らない...そう思ってキチンと殺したのに...殺した相手が普通に帰ってきた?!”という殺したはずの相手が生きていて、再びその人と生活する今までにない衝撃の本格ホラーサスペンスとなっている。

この記事では全6話のあらすじと感想を順次更新していきます。

もくじ

・第1話あらすじ&感想

・第2話あらすじ&感想

・第3話あらすじ&感想

・第4話あらすじ&感想

・第5話あらすじ&感想

・第6話あらすじ&感想

・「私の夫は冷凍庫に眠っている」作品情報

第1話あらすじ&感想

第1話のあらすじ




郊外の古い洋風の一軒家で輸入家具や雑貨を取り扱ってひっそりと暮らしていた如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、数か月前に偶然知り合った婚約者・佐藤亮(白洲迅)と一緒に暮らし始め、穏やかで幸せな時間を送っている…はずだった。

しかし亮がある日豹変。夏奈に暴力を振るうように。そして、夏奈は耐え切れず衝動的に亮を殺してしまう。

その死体を物置の古い冷凍庫に隠した。すると翌朝、「おはよう」と死んだはずの亮が現れた。

夏奈のお向かいに住むミステリー作家・孔雀(斉藤由貴)も普通に亮と会話を交わす。しかし、冷凍庫には亮が眠っていて…。

第1話の感想:殺したはずの夫が、生き返った?

出会った頃は優しかったのに、1週間前からいきなり”悪魔”に変わってしまった未来の夫・亮。性的な接触に恐怖を覚える夏奈にとって、無理やり性行為を強要する行為は殺意を抱くほど嫌悪感を持ったことだろう。なぜ亮はいきなり豹変してしまったのか、そして、夏奈はなぜそこまで性的な接触を避けるようになってしまったのか?

母親とは別居しており、日頃からあまりコミュニケーションも取っていないように見える夏奈。父親の存在はまだ明らかにされていない。愛情を感じにくい性質そのものは先天的なものではなく、生育環境にあったのではないかと想像できる場面がいくつかある。

ひとつは、母親が興信所をつかって夏奈の夫・亮のことを調べていたこと。最終的に興信所を使うにしても、最初は娘に直接「誰かと暮らしているの?」とでも聞くのが一般的な親子のやりとりではないだろうか?何のアクションもなくいきなり興信所を持ち出すあたり、適切な信頼関係が築けていない証のように見える。

そしてもうひとつは、冒頭で描写のある夏奈の”癖”である。何か嫌なことがあったとき、手を洗わずにはいられないーー小さな頃から嫌なことが多く、リセットするために何度も手を洗ってきたのではないだろうか。まだ憶測ではあるが、父親との関係が破綻していることをどうしても想像してしまう。

いったんは殺したはずの亮が、何食わぬ顔で目の前に立っている。今後、夏奈は自分のためにどう行動していけばいいのだろうか。


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第2話あらすじ&感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Copyright © TV TOKYO Corporation All rights reserved. Copyright © BS TV TOKYO Corporation All rights reserved.