あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「コントが始まる」第10話までネタバレ感想:「人生は、コントだ!」

SHARE


第2話あらすじ&感想

第2話のあらすじ



潤平「春斗には一つだけ秘密にしていることがある……」
瞬太「プロゲーマーだった頃はよくインタビューで『27歳までに死ぬ』と答えていた……」
コント『屋上』。舞台が明転すると、自宅の屋上テラスで和む中年夫婦と隣のビルで思い詰めた表情をする若者が現れる。その3人による取り留めのないコントの「前フリ」が流れ―――。
 
コントトリオ「マクベス」解散を決めた春斗(菅田将暉)は、事務所のマネージャー楠木から呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。一方マクベスの一人である潤平(仲野太賀)は10年間交際を続ける恋人の奈津美(芳根京子)に、ついに解散することを決意したと告げる。そんな中、潤平は春斗と芸人を志した日々を振り返り、春斗に一つだけ『秘密』にしていることがあると思い返す……。
 
その頃もう一人のマクベスである瞬太(神木隆之介)はなぜか春斗や潤平と共に通った母校の屋上に佇んでいた。そこは春斗との思い出の場所でもあった。何も知らない春斗だったが、里穂子(有村架純)から気になることがあると話を切り出されると、里穂子が働くファミレスで瞬太が「遺書」を書いていたのだという。それは「屋上」というコントの小道具として書いていただけだと説明する春斗だったが、何やらいつもと状況は違うようで……。
 
「解散」を宣言することで動き出したトリオ芸人。彼らと巡り会うことで動き出した姉妹。暗闇の中を歩いているかのように見える5人の若者たち。……だが1時間後、彼らを見ていただいた人はなぜか彼らを「美しい」と感じてしまう。そんなまさかの結末を迎える第2話。是非ご覧ください。

第2話の感想

マクベスのマネージャーらしき人物(演:中村倫也)が言った「今売れてる奴は例外なく、もう限界だってなったところからもうひと踏ん張りしてきてるんだ」という台詞、中村倫也が言っていると思うとさらに説得力が増す……。解散を思いとどまり、もう少し頑張ってみないかと春斗が説得されるところから幕を開ける第2話。解散するか、それとも続けるのか。春斗自身も悩み、揺れているように見える。

春斗が逡巡している傍ら、さまざまな”秘密”が明らかになった。潤平が春斗に声をかけたのは、決して最初ではないこと。実は瞬太が本気で自殺を考えている(考えていた?)らしいこと。ひとつずつ秘密が詳らかになるにつれ、マクベスの3人だけではなく周りの人間たちも巻き込まれる形になっていく。時系列が過去に戻ったり現在にかえってきたり、そのバランスも絶妙で、1時間があっという間に過ぎていった。

注目してほしいのは、ファミレス「メイクシラーズ」の店員・中浜さん(演:有村架純)である。瞬太のプロゲーマー時代のインタビューまで読み漁り、おまけに潤平の匿名ブログまで把握していた。生粋のファン、プロのファンである。「それはさすがに気持ち悪いね!」と笑顔で言ってのけた瞬太の勢いも合わせて、面白いので必見である。

このドラマの面白いポイントのひとつは、コントの内容と現実世界の物語がリンクしながら進んでいくところだ。時系列が交差し、「潤平はあのとき、こう考えていたのか!」などと発覚するのが面白い。どこかに伏線が隠れている気がして、思わずじっと見てしまう。次回はどんな事実が判明するのだろうか?


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第3話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録