あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「青天を衝け」パリ編、感想・解説集|第22話・第23話・第24話について、ネタバレあり

SHARE



大河ドラマ「青天を衝け」は、第22話よりパリ編へと突入。途中、東京五輪による5週の休止が発表されているため、第23話の放送後からの休止となる見込み。

パリ編は第22話から第24話に渡って描かれていくため、途中中断は惜しいところであるが、本記事では「青天を衝け」パリ編について感想と解説を展開していく。

「青天を衝け」パリ編 画像ギャラリーへ

【関連記事】「青天を衝け」血洗島・青春編 感想集はこちら

【関連記事】「青天を衝け」一橋家臣編 感想集はこちら

<もくじ>

第22話「篤太夫、パリへ」感想・解説集

第23話「篤太夫と最後の将軍」感想・解説集

第24話「パリの御一新」感想・解説集

第22話「篤太夫、パリへ」感想・解説集

第22話のあらすじ

パリに到着した篤太夫(吉沢 亮)たちは、さっそく万国博覧会の会場を視察。蒸気機関やエレベーター…最先端の西洋技術を目の前にして度肝(どぎも)を抜かれる。しかし、日本の展示ブースに行くと、そこには薩摩の紋が高々と掲げられていた。幕府使節団は薩摩に抗議するが、モンブランと五代(ディーン・フジオカ)が裏で手を引き、幕府と薩摩は同格の政府であると風聞が流れる…そんな中、昭武(板垣李光人)はナポレオン三世の謁見式に出席し、堂々と慶喜(草彅 剛)の名代としての役目を果たす。そのころ日本では、慶喜が次々と幕政改革を打ち出していた。

第22話の感想



今回からパリ編へ突入!

船に乗りパリへ向かう栄一たち。初めて海外へ行く栄一は、早速船酔いの洗礼を浴びる。私自身も船の揺れには弱いので、気持ちがよくわかる……。初めてのことだらけの生活に少しずつ身体を慣らしながら、果敢に前へ進む栄一たちはすごい。彼らのような人が今の日本を作ってくれたのだ。

初めて食べるベーコンやスクランブルエッグ、バターを塗ったパン、そしてコーヒー。食文化もこれまで馴染みのないものばかりだ。「美味だ!」と言いながら次々と食らっていく栄一たちを見ていると、どんな文化も等しく受け入れて日本文化を作り上げてきた、日本人のルーツに思いを馳せられる。日本が経済復興できた理由のひとつとも言えるかもしれない。

パリに到着するや否や、現地で行われる万国博覧会の様子をさっそく見に行く栄一。見るもの、聞くもの、食べるもの、日本に取り入れたい文化で溢れた夢のような場所だった。2021年現在でこそ、日本国内で海外の文化に触れることはなんら難しいことではない。フランス料理もイタリア料理も中華料理も、海外の食事を摂ることもお安い御用だ。

それでも、当時の栄一にとっては初めて見るものばかりだった。全部見てまわるには、とても時間が足りないーー幼い頃から「知らないもの」「初めてのこと」に貪欲で、学ぶことを厭わない栄一だったからこそ、異文化を嫌うことなく楽しみながら受け入れられたのかもしれない。

そんな中、薩摩動きが何やら不穏だ。薩摩側もパリに入っており、日本国とは別の国と勘違いさせるような見せ方で万国博覧会へ参加していたのだ。当時から政治の力は圧倒的だったんだな……と胸を苦くしてしまう。

薩摩の動きも気になるところだが、いち視聴者としては、いきなりパリへ渡ってしまった栄一のことを思う血洗島の面々がより気にかかる。何があってもいいようにと、栄一はお上の命令通り自分の後継を指名してから海に出た。指名を受けたのは、平九郎ーー栄一の嫁・お千代の弟である。

この時代は、自分の弟が息子(養子)となることも可能だったのか。娘しかいない栄一・お千代にとっては、確かに後継のことを考えると男子を養子にとるしか方法はない。それにしても……。いくら時代が違うとはいえ、同じ日本で起こっていることとは思えない。大河ドラマや朝ドラを見ていると、たびたび「過去と今の日本の違い」を思い知らされる。

栄一たちのパリ滞在が長引くにつれ、浮上した問題が「金策」だ。海外で過ごせば過ごすほど費用がかかる。栄一の腕の見せ所と言わんばかりに、少しでも安い家賃のアパートを探すなど試行錯誤するがーー予定されていた、国からの借款が消滅したとの知らせが届いた。栄一たちのパリ滞在は、いったいどうなってしまうのか?


第22話で描かれたことダイジェスト

※本項目はシナリオブックを元にまとめております。

・55日かけてパリへ到着

・水戸藩士が多々もめ事

・蒸気機関に栄一感嘆

・琉球王国(薩摩)の展示に困惑

・ナポレオン三世との謁見式

・栄一、予算管理を頑張る(送金がない)

・負傷した兵の無償療養に驚く

・フランスからの借款が消滅

・日本では、慶喜が改革に取り組もうとする

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第23話:「篤太夫と最後の将軍」について

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録