あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第4話ストーリー&レビュー

第4話ストーリー



→「彼女はキレイだった」の画像ギャラリーへ

梨沙(佐久間由衣)扮(ふん)する愛との待ち合わせ場所に向かう途中、母親がバイク事故で亡くなったときの状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまった宗介(中島健人)。偶然その場に居合わせた愛(小芝風花)が介抱すると、宗介は、かつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、隣にいる愛に熱いまなざしを向ける。翌日、雨に打たれたが風邪気味だと知った宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。

一方、愛の初恋の相手が宗介だと知る樋口(赤楚衛二)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていることに気付き、焦りを覚える。さらに、好きな人をあきらめたいという梨沙の頼みで婚約者のフリをすることになり、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいたのは宗介で…。

翌日、急きょ1泊2日で出張に行くことになった宗介と愛。雨の日の一件以来、2人の間には気まずい雰囲気が流れていたが、あるハプニングがきっかけで、宗介は初めて愛に素の自分を見せる。愛もまた、久しぶりに見た宗介の優しい笑顔に胸がときめく。その頃、梨沙は愛の部屋で、宗介と愛の思い出のパズルのピースを見つけて…。

第4話レビュー



だからさ、やっぱり嘘はよくないって!!

宗介への気持ちが募っている梨沙。もう終わりにしよう、と貸しがある樋口に婚約者のフリをしてほしいと頼む。待ち合わせの場所に向かった樋口は宗介がいることにも驚きつつも、諸々を察してしまう。ひとりだけ、関係性をすべて把握してしまったというわけだ。うわあ。

梨沙としては諦めようとしている。が、梨沙と宗介がうまくいくのは、愛に想いを寄せている樋口としては都合がよい。でも、樋口はいい人だからそんなことは考えないか……。

一方、宗介と愛は雨の日の一件以来、微妙な空気に(というか一方的に宗介が意識している?)。自分のせいで風邪をひいたのではないかと気遣おうとしつつも、素直になれなくて、ひどい態度をとってしまう。なかなかの理不尽さに編集部の面々も若干引くほど。でも、やっぱり昔の愛と今の愛が重なって、つい視線を奪われるようになっている。荷物を運ぶ愛の前に次々と現れる障害物を素早く回避していくとか、本当に何やっているんですか。そしてその動きが宗介ではなく、完全に中島健人なのがジワジワくる。

そんな微妙なタイミングで愛と宗介は1泊2日の出張に行くことに。女性の一人旅特集のロケハンだ。最初はそっけない態度だけれど、宗介自身も愛に対して悪いな、という気持ちがあるよう。スマートにいろんな恋愛をこなしてきていそうに見えるのに、なんなんだ、このぎこちなさ。かわいいな!

しかし、こういう突発的なイベントにはハプニングがつきものである。車がぬかるみにはまるというまさかの事態。2人で押し出そうとするが、勢い余って揃って田んぼに尻もちをついてしまう。それで愛のほうの緊張が緩んだのか、少しずつ雑談が弾むようになる。もともと仲が良かった2人。ちゃんと話をしたら楽しくなるのは当たり前なのかもしれない。また、愛のアイディアが企画のブラッシュアップに繋がり、宗介も笑顔に。

宗介に対して、見た目は変わったけれど、中身は何も変わっていないのかも……と考える愛。たしかに、愛は宗介の見た目に惑わされている部分があるのかも。昔と変わらない姿だったら、きっと嘘もつかなかっただろう。そもそも愛は宗介の見た目ではなく、人柄が好きだったわけで……。そんな素の宗介に接したら昔の気持ちがよみがえるに決まっている。

あ~~どうして嘘ついちゃったかなあ!!
しっかりちゃっかり出張で距離が縮まった2人。愛は自分が「あの佐藤愛」だと伝えられるのか。来週は1週お休み! 次回、8月10日を楽しみに待つことにしよう。


※この記事は「彼女はキレイだった」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第5話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)カンテレ・フジテレビ