あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-28

その他

あなたはいくつ知ってる?2021年公開ミニシアター系映画ベスト10


(C)2021「空白」製作委員会

師走。年末。一年の終わり。

いい大人なのでもうサンタさんはやってこないが、Twitterに #2021年映画ベスト10 的なハッシュタグが飛び交うこの時期がやってきた。

ただただベスト10を並べてみてもおもしろくないので、2021年にミニシアター(本記事では1スクリーン200席程度までの映画館とする)で観た映画ベスト10としてみる。

洗い出してみると、自ずと”そこまでメジャーではないかもしれないけど、みんなにもっと知ってほしい映画”10作品が集結した。

完全に趣味に偏ってますが、それでは、どうぞ。あ、ネタバレは一切ありません。

【関連記事】2021年度「鑑賞者の想像斜め上をいく映画」ベストテンを独断と偏見で発表!

【関連記事】2021年「本当に面白かった」映画ベスト10!反省会を添えて

【関連記事】2021年「魅力的な映画ポスター」ベストテンを独断で大発表!

第10位:『14歳の栞』@ホワイトシネクイント

生粋のクリエイターが集うコンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc.、初の長編映画である『14歳の栞』。

これは、ただの青春リアリティ映画なんかじゃない。実在する中学校の、実在する2年6組の、実在する生徒35名に密着したという、異色のドキュメンタリー映画だ。



2021年3月5日よりホワイトシネクイントで公開されたものの、チケットがなかなか取れない週末が続くほどにはSNSでの口コミが広がっていた。ようやく映画にありつけたときに感じたこと。観た人の話を聞くのと実際に観るのとでは雲泥の差があった。

『14歳の栞』は、完全に”映画”という規格を越えていた。

何者でもない人たちの何でもない物語。だからこそリアリティがあり、自身の学生時代の記憶がふつふつと湧いてきてなぜだか涙が溢れてしまう。

一生映像として残るという、ある種リスキーとも取れるこの企画を提案した人たちにも受け入れた人たちにも、大きな拍手を贈りたい。

第9位:『成れの果て』@新宿シネマカリテ

ドラマ「ただ離婚してないだけ」、映画『佐々木、イン、マイマイン』『街の上で』などで異彩を放つ萩原みのりが主演を務める『成れの果て』。

元々は舞台作品だったものを映画化したという本作品は、ヒューマンドラマと一括りにするには耐え難い、醜悪で壮絶な人間関係を暴いた激動の一本となっている。



全登場人物にノンストップで襲いかかる過酷な状況に、観ているこっちも思わず「しんどい!重すぎる!しんどい!!」と叫びたくなるにも関わらず、最後の最後で追い込まれた人間の狂気を目の当たりにし、驚愕した。

誰にも共感できないけど同情はしてしまう、でもこんなことを登場人物に聞かれたら「同情なんてごめんだよ」と逆上されそうなので絶対に言えません。

【関連記事】映画『成れの果て』に潜む、救いなき<共感>

第8位:『猿楽町で会いましょう』@ホワイトシネクイント

映画『うみべの女の子』やソーシャルドラマ「みせたいすがた」などでじわじわと人気を集める石川瑠華と、映画『サマーフィルムにのって』『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などで好評を博した金子大地が主演を務める『猿楽町で会いましょう』。

石川瑠華演じるユカのぶっ飛んだメンヘラ度合いには終始イライラさせられた(褒めてる)。だがしかし、本当にいそうなのよこういう子。



女優になるために上京するも、お金がなく風俗店のようなところで働くしかなくなるなど、どんどん闇落ちするユカの姿には心が傷んだ。

このような描写のある作品を観るたびに、売れない女優に残された道は・売れる女優になるための方法は、本当にこのような現実しかないのかと嫌気がさす。もちろんそれだけではないが、現実世界には本作のような闇落ちがあるのも事実。

賛否両論はあるだろうが、すぐそばに転がってそうな物語がリアルな描写で映し出されており、個人的にはぶっ刺さりまくった。

【関連記事】金子大地の魅力:若手俳優界の新星、飛躍の2021年

第7位:『少年の君』@新宿武蔵野館

公開直後より映画界隈で話題沸騰となっていた、中国・香港合作映画『少年の君』。

邦画好きな私はあまり気乗りしなかったものの、周囲より「絶対観に行ったほうがいい」と激推しされ、映画館へ。結果、鑑賞中ハンカチを離せない程には涙してしまう傑作として心に刻まれることとなった。



成績優秀な女子高生・チェン・ニェン(チョウ・ドンユイ)に突如として襲いかかる”親友の自殺”という信じられない事実と、それをきっかけにして巻き起こるあまりにも過酷且つ加速するいじめ。
対して、ストリートに生きるしかない不良少年・シャオベイ(イー・ヤンチェンシー)。集団暴行に遭うことなんてもはや日常。

普通に生きていれば出会うことのないはずの二人が惹かれ合い、残酷にも引き裂かれてしまうまでの過程にある”格差社会”をベースとした事件が本当に辛すぎて目を背けてしまいたくなる。

映画『パラサイト 半地下の家族』とはまた異なる、上(上級国民)・中(一般国民)・下(下流国民)という三つの階層の分断。そんな中で描かれる究極の愛を、ぜひ体感してほしい。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 6位〜4位まで一気に発表!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録