あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-12

2021年度「鑑賞者の想像斜め上をいく映画」ベストテンを独断と偏見で発表!

(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

2021年も残りわずか。そろそろ年間ベストテン企画が出回る時期だが、単純なベストテンじゃあつまらない。「予告編と本編のギャップがすごい!」とか、「途中から映画のジャンルが別のジャンルへと越境する」とか、「このシリーズでこんなにやりたい放題やっていいの?」とか、ここでは「鑑賞者の想像斜め上をいく映画」ベストテンを勝手に紹介したいと思います。完全に筆者の独断と偏見による選考のため、異論・反論は認めません!では、第10位から。

【関連記事】あなたにピッタリな動画配信サービスはこれ!動画サブスク診断をしよう!
【関連記事】
Amazonプライム・ビデオを簡単に賢く使いこなす方法
【関連記事】
Disney+(ディズニープラス)の使い方|こういう人は絶対使うべき!

第10位『由宇子の天秤』

(C)2020 映画工房春組合同会社

今年度、最も衝撃を受けた邦画のひとつが、この『由宇子の天秤』(2021年)。女子高校生自殺事件を取材中のドキュメンタリー監督・木下由宇子(瀧内公美)が、隠蔽された真実を白日のもとに晒そうとする「正義の鉄槌を食らわす系映画」と思いきや、由宇子自身にものっぴきならない事情が発生して、右往左往。最終的には、彼女自身が究極の選択を迫られる。“正義”という曖昧模糊としたものの正体を暴く、社会派映画の新しいスタンダード・フィルム。

日本公開日/2021年9月17日
監督/春本雄二郎
出演/瀧内公美、光石研、河合優実ほか

【関連記事】傑作エンタメ生き地獄映画『由宇子の天秤』のプロデュースを『この世界の片隅に』の片渕須直監督が務めた意義

第9位『エターナルズ』


(C)Marvel Studios 2021

最近のMCU映画の中では、ぶっちぎりで斜め上だったのが『エターナルズ』(2021年)。監督は、 『ザ・ライダー』(2017年)が批評家から絶賛を浴び、『ノマドランド』(2021年)でアカデミー賞に輝いたクロエ・ジャオ。硬質なドキュメンタリー・タッチの作風がどうMCUと化学反応を起こすのかと思っていたら、神様同志の三角関係にキュンキュンすべき、直球ど真ん中な萌え映画だった。彼女は『スラム・ダンク』や『幽遊白書』が好きだと公言しているが、この作品はクロエ・ジャオのオタク気質が濃厚に刻印された、二次創作系ムービーなのでは。

日本公開日/2021年11月5日
監督/クロエ・ジャオ
出演/ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリーほか

【関連記事】『エターナルズ』の魅力は人間くささの描き方!MCU作品の正しい楽しみ方も
【関連記事】
<速攻レビュー>『エターナルズ』:地球滅亡までの7日間、アベンジャーズ新世界線へ

第8位『Swallow/スワロウ』


Copyright (C) 2019 by Swallow the Movie LLC. All rights reserved.

大企業の御曹司リッチー(オースティン・ストウェル)と、玉の輿結婚を果たした新妻のハンター(ヘイリー・ベネット)。満ち足りた生活を送っているはずの彼女だったが、ひょんなことからビー玉だのガビョウだの異物を飲み込む“異食症”になってしまう。そして次第に彼女の精神バランスも崩れていって…と書くと、いかにも異常心理を描いたサイコ・サスペンスを想像してしまうが(実際にそのような要素も大きいのだが)、意外にも終盤はしっとりとした感動系にシフトチェンジ。通奏低音で流れている、男権的社会からの女性の解放というテーマも興味深し。

日本公開日/2021年1月1日
監督/ネイサン・ハルパーン
出演/ヘイリー・ベネット、オースティン・ストウェル、エリザベス・マーヴェルほか

【関連記事】『Swallow スワロウ』敬遠しないで観てほしい「5つ」の理由|「異食症」を描いた意味とは


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 続いて第7位〜第4位まで発表!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録