あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<やんごとなき一族>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第4話ストーリー&レビュー

第4話のストーリー



>>>「やんごとなき一族」の画像をすべて見る

深山佐都(土屋太鳳)は大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の離婚に加担したと、圭一(石橋凌)の怒りを買い、深山家から追い出されようとしていた。圭一は健太(松下洸平)に離婚届を渡すが、健太は何があっても佐都とは別れないと答える。すると佐都は、もう一度チャンスが欲しいと圭一に頼み、健太と二人で頭を下げる。

  圭一は、新たに建てる商業ビルにパリの有名レストラン『ソリマチ』を招聘できたら先の件は不問にすると佐都と健太に言い渡す。だが、そこには彼のある思惑があって…。一方、健太に代わりに福岡のホテルを任されることになった明人(尾上松也)は、圭一からホテル事業を行う新会社社長の椅子をほのめかされる。美保子(松本若菜)は今度こそ佐都、健太夫婦を叩き潰そうと明人を焚きつけた。

  
佐都と健太は『ソリマチ』のオーナー、反町を探す。彼の経歴を必死に調べ、健太はようやく会うことに成功するが、反町の返事は芳しくない。だが、健太は反町のバックに“マダムキリコ(長谷川京子)”という人物がいるとの情報を得る。しかし、年齢、国籍、性別まで不明とキリコは謎だらけ。佐都と健太が考えあぐねていると、そこに大介が現れる。大介は、佐都たちが見ていたキリコの情報に反応し…。



第4話のレビュー

大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の離婚が決まり、その原因を作ったとして圭一(石橋凌)に「出ていけ!」と言われてしまった佐都(土屋太鳳)。
圭一は健太(松下洸平)をホテル事業から外し、当てつけに兄の明人(尾上松也)をあてがう。

こんなときも父親に食ってかかって100%佐都の味方をしてくれる健太、最高オブ最高。まあ、どう考えても圭一(深山家)の考えがおかしいのだけれど。

離婚届けを渡されても「絶対に離婚しない」と言う健太。佐都は圭一に対し「もう一度チャンスをいただけないか」と頼む。パリの有名レストラン『ソリマチ』を招聘できたら不問にしてくれるというが……。

『ソリマチ』のオーナー・反町は、日本での付き合いに嫌気がさしているようだ。いい返事はもらえない。

反町がパリへ渡るきっかけとなった人物・マダムキリコ(長谷川京子)を説得すればチャンスがあるかもと知った佐都と健太。噂によると、還暦近いのに30代にしか見えず、”キリコベイビーズ”なる若い男たちを侍らせているのだという。そして、彼女(?)は深山家のことが大嫌いらしい。

マダムキリコのことをネットで調べているときのさとけんたの雰囲気が楽し気でとてもいい。「性別不明……でも魔女ってことは女じゃんね」「こんな人いる?」「いないいない」というようなたわいもないやりとりは、この物語の癒しだ。


大介が現れ、軽く「500万貸して」と言われて「んなっ!!」と声をあげる健太がかわいかった。大介はマダムキリコと知り合いだった(キリコは大介が経営していて取り上げられた美容クリニックの顧客だった)のだが、キリコに気に入られ、ベイビーズに入れられそうな大介は紹介したくないという。

「どうしてもっていうなら、キリコベイビーズに入れば?」と言われて「あぁ!?」とまた声をあげる健太、本当にかわいい。深山家に生まれてこんなにまともな価値観を持って育ったの、奇跡としか言いようがない。

お金がないなら高い車を売れという健太だったが、大介は断固拒否。

久美(木村多江)によると深山家の子どもたちは我慢することが多く、大介は圭一と揉めて荒れた時期もあったのだが、車という趣味を得て精神が落ち着いてきたらしい。なるほど……と思ったが、やはりお金がないなら一度手放して余裕が出たら再び買ってもいい気もした……。

おっとりした性格の明人だが、美保子(松本若菜)に「あなたは期待されてるんじゃないの、試されてるの!」と頭をつつきながら言われ、健太を出し抜くという行動に出た。マイペースな彼だが、圭一に期待されたい、認められたいという気持ちがあるようだ。

しかし、この内向的で風変わりな明人、顔つきや仕草が本当に独特で、尾上松也の絶妙な演技が光っている。バラエティーなどで見ていた彼は決してこんな感じではなかったのだが、もともとどんな雰囲気の人だったか忘れてしまうくらいだ。本当に役者が揃っている作品だ。

大介が経営していたクリニックの受付の女性を買収して情報を得た美保子は、大介に「500万渡すし返さなくていいからマダムキリコを紹介しろ」と言ったのだ。「家族を売るのか、健兄とは大違いだな」と非難した大介だったが、車のことを指摘され言うことを聞いてしまったのだ。

薔薇が浮かぶお風呂に入るセクシーでゴージャスなマダムキリコ、演じる長谷川京子がとてもハマっていた。結論から言うと、マダムキリコは噂とは少し違い、純粋に貧しくて才能あふれる若者を支援している人だった。自身もホステスからのし上がったため、深山家というか圭一のことは大嫌いだった(納得)。

佐都に興味を持ったらしいマダムキリコに実家のもつ煮を食べさせる佐都。「気に入ったわ。レシピも権利も全部私にちょうだい」という彼女に、健太は「できません」と言った。これは佐都のお父さんが大事に守った味、実家のお店の味であり、自分たちだけのものではないと。健太のこの誠実さ、いい。損することもあるかもしれないけど、応援したい。

交渉決裂となり、『ソリマチ』の招聘は明人夫妻に取られてしまった。が、フランスのポール・モローという有名な建築家が健太のプロジェクトを手掛けてくれるらしい。圭一は、話題性はソリマチより上かもしれないと満足げだ。

佐都と健太を気に入ったマダムキリコが推薦してくれたらしい。やはり先日のもつ煮の話のとき、彼女は二人を試したのだ。

だが、マダムキリコについて調べている際佐都が頼まれた、有沙(馬場ふみか)の見合いの話がきてしまい、また波乱の予感……起こった有沙はホールケーキを佐都の頭に叩きつけた(佐都、めっちゃいろんなものかけられるじゃん……)。

今回も松本劇場は健在。明人の腕をつねったりおでこをぐりぐりしながら焚きつけたほか、佐都をドブネズミ呼ばわりしてネズミの真似、(さとけんたを)潰す! と言いながら水牛のチーズのようなものを手で握りしめて潰す、「さっちゃんはね~♪」と歌い出すなどなど(歌上手いし)。

さとけんたから見ると憎き敵なのだが、どんなとんでもないことをしてくれるのか(そしてどんな顔芸を見せてくれるのか)楽しみになってしまっている自分がいる。

※この記事は「やんごとなき一族」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第5話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録