あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<やんごとなき一族>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第8話ストーリー&レビュー

第8話のストーリー


>>>「やんごとなき一族」の画像をすべて見る


深山佐都(土屋太鳳)は健太(松下洸平)との子供を身ごもる。二人から報告を聞いた圭一(石橋凌)は喜ぶが、彼にはある思惑があった。それは、健太と秘書の立花泉(佐々木希)を結婚させ、佐都を深山家から追い出すこと。その思惑は環境大臣に就任した泉の父・立花隆(篠井英介)とも一致。深山家と立花家を強く結びつける二人の計略は実行に移され、泉も健太に積極的なアプローチを開始する。

圭一は佐都に、産まれた子供とともに深山家から出ていくよう厳命する。佐都は抵抗するが、話を聞いた母の篠原良恵(石野真子)は、これ以上娘をバカにするなと激怒。良恵は駆けつけた健太に、佐都と別れて欲しいと頭を下げる。

それでも、二人がお互いを想い合う気持ちは変わらない。健太は良恵に会い、自分がもっと強くなり佐都と子供を守ると宣言。そんな健太に、良恵は絶対に負けないことを約束させる。

同じ頃、泉が佐都の病室を訪れる。健太と別れるよう促す泉に、佐都は絶対にギプアップしないと言い、彼女を追い返す。そんな二人のやりとりを、ちょうど佐都の見舞いに来ていた大介(渡邊圭祐)が聞いてしまい…。 
 

第8話のレビュー

前回とんでもない一面を見せた泉(佐々木希)だが、暴走は今回も止まらず、もはやホラーのような展開に驚愕した。

佐都(土屋太鳳)の母・良恵(石野真子)に「佐都と別れてください」と言われてしまった健太(松下洸平)。佐都に今までのことを謝り弱気になる健太だが、佐都は「私の幸せは、健太と一緒にいることだよ」と言う。

あらためて佐都の大切さを痛感した健太は良恵のもとに行き「佐都がいなきゃ、2人じゃなきゃ戦えないんです」と言いに行く。

さとけんた、お互いを思い合っているのはもちろん、2人にとっていちばん大事なことは何かを見失わないところが最高だと思う。相手を思って身を引いたり我慢したりして観る側がもどかしい思いをする……みたいなことが比較的少なめかもしれない。何より大事な2人でいることが大事という点はブレないところが素晴らしい。

良恵も「だったらひとつ約束して、絶対に負けんじゃないわよ!」と認めてくれた。いいお母さんだ、さすが佐都のお母さん。

同じ内容のメールを見て微笑む佐都の病室に、泉が大きな花束を持ってやってきて「私もいつかここで、健ちゃんの赤ちゃんを産むのかな」と言う。ヒエエェ……何言ってんのこの人、怖すぎる……!

だがこれに対する佐都の対応が最高だった。

低い声で「は?」と言った佐都は花束を払い落とし「ふざけないで」と言う。

なおも「早めにギブアップしたほうが」と言い募る泉に、佐都は「あんたとあんたのパパが何をしてこようが私たちは絶対に負けない。そんな生半可な気持ちで健太と結婚したんじゃない。なめないで」と言い放つ。

追い出された泉は病室の外で花束を落とし「許さない」と言う(何を)。怖い怖い怖い。それを見ていたのが大介(渡邊圭祐)だった。「女って怖い」とつぶやいた大介に、何の話かとマダムキリコ(長谷川京子)が興味を持つ。

健太は自力で仕事を何とかしようと駆け回るが、泉の父・立花隆(篠井英介)が手を回し、話すら聞いてもらえない。

さらに、会合だと聞いて待っていると相手は来ず、ウェディング姿の泉が入ってきてドレスの好みを聞き、スライドにはパワーポイントで作られたと思われる「健太と泉の結婚に関する資料」が映し出される。怖っ……! キモッ……! もはやホラー番組である。

邪魔邪魔邪魔……といかに佐都が邪魔かを早口言葉でまくし立て、「パジャマでお邪魔」(懐かしい)を歌い出す美保子(松本若菜)、今回も絶好調のようだ。あまりに無反応な相手に「聞いてるの!?」と怒るが、相手は蝶の標本、反応するわけがない。明人(尾上松也)はどこに行ってしまったのか……。

邪魔されていた健太の仕事だったが、ある日一転して通る。マダムキリコが手を回してくれたらしい。

実は立花はとんでもないパワハラ野郎で、マダムキリコの恋人は立花の秘書だったがパワハラを受けて亡くなったそうだ。さらに、泉はフランスで恋人を刺し、殺人未遂を起こしていたというのだ。立花がなんとかもみ消したが、これを機に泉は父親からの信頼を失ったらしい。

とうとう会社も辞めさせられることになった泉は、前回突っぱねた美保子に泣きつく。「は? 協力してほしい? 何を今さら。お断りよ、そんな泥舟に乗る気ないわ。お力になれなくてごめんなさいね〜、じゃ!」と断られる。電話を切られた後の泉の顔やらカメラワークが完全にホラーでほんと怖いってぇ……。

翌日、健太の仕事先に押しかけ、ビルの屋上から飛び降りようとする泉。
「なーんて、もうきちゃった♡」っていうセリフがホラー。

人のいい健太は、放っておけず屋上へ駆けつける。

「一緒に行こう健ちゃん」と手を引っ張る泉。やめろ……!

「ママは子どもだった私を置いて出て行ったし……」と語り始める泉。出て行った母親と、自分を道具としか見ていない、完璧を求める父親。泉の育った環境には同情するし、こんなにおかしくなってしまった理由も少しわかった気がする。

だがこんなことしたらアカン……。

「こんなことしても泉が望むものは手に入らない、泉を幸せにできるのは泉だけだ」と健太は説得するが、

「こっちにきて、健ちゃん、一緒に行こう、健ちゃん」
と2人とも落ちてしまった。そんな、ここで健太がいなくなってしまうなんて……!? と驚愕した。

だが奇跡的に2人とも軽傷で助かった(何でだよ)。

「もう駄目かもって思ったとき、真っ先に佐都の顔が浮かんだ」という健太。本当に無事でよかった……。

健太は無事に回復していくが、泉の病室には誰も来ない。佐都はそのことがずっと気にかかっていた。健太の退院の日、佐都は泉の病室による。

またこんなことしようとしたら許さないという佐都に、もうそんなことする気力はないから安心してと言う泉。佐都は「いいわけないでしょ」「あんだけ私たちのこと荒らしまくったくせにふざけんな」「どうでもいいなんて言わないで」と、怒りながらも励ます。

「でももう取り返しがつかない……」という泉に「そんなことない、人は何度でもやり直せる。泉さんはまず、その完璧という呪いから逃れるべきです。その呪いをかける相手から離れないと、いつまでも同じことの繰り返しです」と声をかける。

佐都、お人よしを通り過ぎて人徳ありすぎる……普通こんなことしたやつ一生関わりたくないのに。

退院した泉は「もう、完璧はやめる。さようなら、お父さん」と家を出ていくのだった。かなり極端な例だったけど、完璧を求めて苦しんでいる人はきっと少なくない。佐都の言葉に励まされた人は、泉だけじゃなかったかもしれない。

泉とのやり取りを病室の外で聞いていた健太。「佐都と結婚できて世界一幸運だな」「佐都と一緒にいられてハイパーウルトララッキー」「ハイパーウルトラ超絶ミラクルラッキー」とあらためて感謝を伝える。

そして「もう絶対に離さない。だからこれからも俺と一緒にいてください」
いう再プロポーズ? が最高すぎた。大事なことをきちんと言葉にして伝える健太も最高。

「接吻禁止」と佐都が気にしても「かまうもんか」という健太、キスする2人がよかった。世界一幸せでいてほしい。いつも聞き耳を立てている家政婦の人(?)も良かった……と泣いていて笑ってしまった。

圭一(石橋凌)に明人の子どもを妊娠したと言ってしまった美保子、何やらネットでやり取りした男にお金を渡して精子らしきものを受け取っていたけど、大丈夫なのか……!? まだまだ波乱はありそうだ。


※この記事は「やんごとなき一族」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第9話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録