あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「着飾る恋には理由があって」第8話までのネタバレ感想:横浜流星に下の名前で呼ばれたい人生だった(&第9話までのあらすじ)

SHARE

第3話あらすじ&感想

第3話あらすじ


真柴(川口春奈)は広報課課長の松下(飯尾和樹)にミスを指摘され、休暇を取るように進められる。

そんな中、羽瀬(中村アン)の絵が若手の登竜門と言われる「ART NEW WAVE2021」の最終選考に残る。よく行くキャンプ場の近くで展示と結果発表が行われることを知った陽人(丸山隆平)は、羽瀬の絵が見たいからと自分も行くことを決める。さらに、仕事で行けない香子(夏川結衣)の提案もあり、駿(横浜流星)と真柴も入れた4人でキャンプ場へと出発するのだった。

第3話の感想:横浜流星にスマホの代わりに手を握らされたい人生だった

今回の駿(横浜流星)キュンポイント&名言

・夢の話をしながらソファーに上ったり下りたり、身体能力の高さを発揮している

・お風呂上り前髪ぺったんこで下ろしてるのかわいい

・自分が真柴に言った言葉を言い返されてちょっとショック受けてるところ

・「人の評価なんて関係ない、自分で自分に胸を張る 」
駿が真柴に伝えた名言。人の声が届きやすいからこそ気にしてしまいがちだけど、自分で自分に胸を張れるようにすることって大事だ。

・「外の世界でどんなに落ち込んでも、うまくいかないことがあっても、これさえあればいいのよ。空と、水と、空気」
秘湯につかりながら、壁越しに真柴と会話しているときの言葉。一度挫折を経験して人生観が変わった駿、こういう楽しみを知っているのは素敵だな~。
この入浴シーン、二人とも美しい。

・キャンプに来てもスマホばかり見てる真柴のスマホを取り、自分の手を握らせる
なんじゃそりゃー!! 反則やろ!!
横浜流星にスマホの代わりに手を握らされたい人生だった 。


羽瀬ちゃんの言葉にキュンとしてしまった



相変わらず言葉数が少ないけど、ちょっと住人との交流が増えてきた羽瀬(中村アン)。
10年応募し続けてきた賞の選考に残るも、大賞には選ばれなかった。
励まそうとする真柴に「あなたに何がわかるの?」と言ってしまう。

このドラマ、カッとなって言っちゃいけない言い方しちゃってすぐ反省する人多いな!?
後で真柴に本当は真柴が頑張ってるのを知っていること、
「忙しいのに絵を見にきてくれてありがとう」と言ってほほ笑む。

羽瀬ちゃーん!!! これはキュンとせざるを得ない。
「作品が認められれば他のことは望まない」
という羽瀬ちゃんが、いろんな意味で報われる日がきてほしい。

ぜいたくを言えば、もうちょっと恋愛でひと悶着ほしい

真柴と駿が接近するのはもちろんいいのだが、5人(もうすぐ4人)のシェアハウスで2-2でいい感じになりました、みたいなよくできた合コンみたいな展開を少しだけつまらなく感じてしまった。真柴が好きな相手が葉山(向井理)、シェアメイトの陽人(丸山隆平)も真柴のことをタイプという前情報で勝手に激しい恋愛の火花が散るのかな? と期待していたのはある。
社長がいなくなり駿といい感じになり陽人も真柴のことを諦める、というイージーゲーム感。陽人が真柴を諦める理由も「相談者さんとは恋愛しないことに決めてる」というものだし、何だかなぁ。

真柴の会社の人、有給中に連絡しすぎ問題

せっかく有給取ってるのに連絡しすぎでは? と気になってしまった。
もちろんどうしても連絡取らないといけない場合はあると思うが、今回は「いいアイデアが浮かばない」という内容。そもそも真柴の仕事ならともかく、自分の担当の仕事でそこまで頼るのは正直どうなんだろう。まとめておいて出社したときに意見を聞くでは駄目なのだろうか。

初めに秋葉(高橋文哉)が連絡しちゃったのは良くないけどまだわかる。
秋葉が電話しちゃったみたいでごめんなさい、をわざわざ電話で言う茅野(山下美月)はちょっとわからない。
さらにデザイン案の相談をLINEでする茅野は全然わからない。

客観的に見ると気になることで、有給取って旅行に来たのにずっと仕事のやり取りしてた、みたいな経験は自分にもあり、対応してしまう真柴も良くないんだけど、前回の突然休日出勤といい、真柴の会社が微妙にブラックに感じるのがちょいちょい気になってしまう。

ちなみに秋葉くんの「僕とじゃ頼りないですか」はよかったです!

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第4話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録