あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「着飾る恋には理由があって」第9話までのネタバレ感想:向井理にハグされたい人生だった(&第10話までのあらすじ)

SHARE

第7話あらすじ&感想

第7話あらすじ


真柴(川口春奈)は「やりたいことは、やれ」という駿(横浜流星)のアドバイス通り、以前から気になっていたランプの買い付けをするため、生まれ育った故郷・初島へ向かう。しかしランプ工房の主人に提案を拒否され、真柴は落胆する。そんな中、なぜか祥吾(向井理)が真柴を訪ねて初島にやってくる! 対応に追われる真柴だったが、真柴の母・すみれ(工藤夕貴)は、真柴と祥吾の仲を疑って…。

一方、2年前に自分のせいで閉店したはず店が、場所を変えて営業をしていることを知った駿は、抱えきれない後悔にさいなまれる。さらに陽人(丸山隆平)は、羽瀬(中村アン)の依頼でデッサンのモデルになってから何かモヤモヤとした気持ちを抱いて接していたが、ある時思い切って羽瀬の気持ちを尋ねてみることにしたが…。

真柴は祥吾と共に初島での時間を過ごすも、とんでもない状況に発展してしまうことになる!

第7話の感想:横浜流星と実家に帰りたい人生だった 


駿(横浜流星)と真柴(川口春奈)の仲が、また少し深まった回だった気がする。このところ、駿の煮え切らない態度にやきもきしていたのでうれしい。

駿や葉山(向井理)の言葉に背中を押され、バイヤーへの夢の第一歩として買い付けに挑戦しようと故郷の初島に来た真柴。真柴の母は天真爛漫に明るい人。おしゃれで自称島のインフルエンサーらしい。可愛いものに対するセンスなんかはお母さんゆずりなのかも? と思った。

島のことを報告すると、なぜか突然やってきた葉山。母親は大喜びでうちに泊まっていってと言う。葉山が海で転んでびしょびしょになってしまい真柴の家に帰宅すると、犬の散歩から帰ってきた駿が現れる。留守番していたはずなのに、なぜここに?

まさかの初島でも三角関係か~! 三角関係は前半に済ませてほしかった気もするけど、まあいいか……。

目的のランプ屋にいたのは、職人気質で気難しそうな店主。自分の手で直接売りたいと断られてしまう。結局買い付けはできなかったけど、そんな店主ですら雑談で少し心を開いてくれたように感じる葉山、すごいなぁ。人たらしだなぁ。

駿と真柴が夜の台所で二人で座って梅酒を飲むシーンが好きだった。
二人とも肩ひじ張ってなくてよかった。お父さんが好きだった梅酒、ということはお父さんは亡くなっているのかな。

駿の作ったチャーハン、美味しそうだった! このドラマで駿が作った料理のレシピ本出してほしい。プロの味だから素人には難しいだろうか。

うまくいかなくてイライラしているところに母親に話しかけられ、ひどい言い方をしてしまう真柴。真柴ちゃん、イラっとすると結構きつい言い方しちゃいがちだよね……。駿がお母さんと話してるシーン素敵だった、真柴が本当は苦労してるんじゃないかと心配していたお母さん、真柴のお母さん相手に素直にいいところを言える駿。駿の表情が愛おしそうでいい。

「裏で、一生懸命頑張ってるところ
いつもまっすぐ進もうとしてるところ
俺にはできない いつも憧れます」

そういうのをいつも本人に言えばいいのにね!!!

実は葉山にも本当は何のために来たのか聞いてた駿、本格的に対決するんだろうか。
このドラマ、登場人物の心境がわかりづらいけど、真柴は駿を好きだとして、葉山への気持ちはどうなのだろう。もう完全に切り替わっているのか揺れる部分があるのか、もっと知りたい。


→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第8話あらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録