あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<プロミス・シンデレラ>最終回まで全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第7話ストーリー&レビュー

第7話ストーリー



→「プロミス・シンデレラ」の画像ギャラリーへ

夏休みの間、壱成(眞栄田郷敦)が旅館でバイトをすることになり、仲居たちは大喜び。
悦子(三田佳子)もやる気を出した壱成に感心するが、成吾(岩田剛典)はなぜか気に入らない様子だ。

そんな中、早梅(二階堂ふみ)は落ち込んでいた。
仲居たちから壱成との関係を怪しまれ、特に望(森カンナ)の風当たりが強い。
その上、成吾からは、従業員用の意見箱に早梅に関する良くない意見が届いているため、 別の旅館に職場を移るのはどうかと言われてしまう。
辞めたくはないが、その方が周囲にとっていいのか悩む早梅。

意見箱を使って早梅が個人攻撃されていることを聞いた壱成は、
「俺が意見を書いた人間を見つけ出して撤回させてやる」と宣言。
仲居たちへの聞き込みから、望と茜(堺小春)が怪しいと察知した壱成は2人のところへ乗り込んでいく。

一方成吾は、早梅が旅館を移りたくない本当の理由は、壱成にあるのではと感じ…。

第7話レビュー



旅館で働き始めた壱成。成吾は面白くなさそうだ。
前回菊乃から、早梅と壱成が公園で抱き合っている動画を見せられていたのだ。

目安箱に早梅を批判する意見が入れられていた。「態度が悪い」「接客に向いてない」などなど……。多少気の強いところはあるものの、早梅の仕事っぷりは仲居頭の藤田にも認められているし、実際真面目にやっている。強いていえば西園寺(かたせ梨乃)には意見していたが、最終的に彼女は早梅を気に入り、いい気持ちで帰っていった。事実無根の嫌がらせにしか感じないのだが……。

しかも、その意見を受けた成吾は、早梅に「かたおか」を辞めてほかの旅館に移ることを提案したのだ。ええ……? 意見を事実かどうか確認もせず……というか成吾も事実無根なことはわかっているはずなのに、事実ではない意見を入れられているほうに辞職を提案するところに疑問を感じた。

どうも早梅と壱成の仲が悪くないことを知ってから、成吾の目つきがきつくなったり嫉妬心が顔に出ている気がする。早梅と壱成を近づけたくないために辞めることを提案したのだとしたら、ちょっと見損なった。

早梅へのツンデレをやめた壱成、もはやただのデレでかわいい。
目安箱の件もあり、理由は言わず一緒に帰るのをやめようと言い、翌日も一緒に行かないという早梅。「ええっ」わかりやすくショックを受け、悦子(三田佳子)に「あんた何かしたの?」と言われて困り顔で首をかしげる壱成。かわいそうだけどかわいい。

翌日も重い荷物を運んでいる早梅に「たくましい俺が運んであげよう」って言ったり、「ばーか、手加減してたんだよ」って言ったり。もろにくらってしどろもどろになる早梅。ついに早梅も壱成を意識しはじめたのか!?

辞めたくないが、辞めたほうが周りのためだろうかと悩む早梅。
心配して声をかけてきたまひろ(松村沙友里)に「誰にも言わないでほしいんですけど……」と辞めるかもしれないことを打ち明けるが、まひろは同じ前置きをつけて洸也に話し、またたく間に壱成の耳にも入ったのだった。



壁ドンで早梅に理由を白状させ、どうしたいのか聞く壱成。「お前はどうしたいんだよ?」と聞き「書いた人と話したい」という返事を聞くと、仲居たちに心当たりを聞いて回る(初日からたくさんの仲居に言い寄られていたため、みんな話せてうれしそう)。

浮上したのは予想通りではあるけど、千葉(森カンナ)と松野(堺小春)。正直この方法がいいかわからないけど、目安箱の話を聞いてすぐに動いて確認しようとする壱成、頼りになると思った。本来成吾が退職を勧める前にすべきことだった気もするけれど……。

千葉と松野にせまる壱成を止め、3人で話を聞く早梅。
私のこと嫌いな理由を教えてほしいと言い、立ち去ろうとする千葉を止める。
これまたベストな方法かわからないけど、早梅、強いな~! 自分のことを明らかに嫌っている人と話すの、普通は怖いと思う。

腹を立てて早梅を嫌う理由をまくしたてる千葉。正直言いがかりだが、「納得できました。誤解されるのは自分にも原因があるなとか、私って鈍感なんだなと思った」という早梅。

「だったらもういいじゃん。お互い性格も合わないし、嫌い合ってる同士ってことで」という千葉に「私は千葉さんのこと、嫌いじゃないですよ。こんなにはっきり言ってくれる人なんだって。これからはもっと仲良くなりたいです」

早梅、メンタル強~! しかもこれだけ身に覚えのないことで言いがかりつけまくってきた人を嫌いじゃないなんて、すごい。

より怒る千葉に、一緒に働かせてもらえませんか? と言うと、そもそも目安箱に入れてないというのだ。勘違いしたことを謝り、でも私は千葉さんがどんな人かわかって良かったんですけど……と言っちゃう早梅、やっぱ強い。

一方成吾に「なぁ、あいつのこと本気で辞めさせる気? 副社長だからって、自分の都合で振り回していいのかよ」と問う壱成。
ぜんぶ成吾の思惑で、壱成は見抜いていたってこと……?

華道家の先生が来て呼ばれた成吾。花を活けられていなかったのに、華道の腕前が上がったとめちゃくちゃ褒められる。「荒々しい中にも、力強い優美さを感じられる」「これまでのあんたの作品は、ただ基本に忠実に、こじんまりとしたものでした」「この作品からは、あんたの情熱のようなものを感じさせられますわ」「恋でもしはりましたか?」と続く言葉。

褒められた花は、壱成が活けたものだった。

そういえば菊乃が「言ってたわよね。お茶もお花も着付けも、弟さんのほうが全部飲み込みが早かったって」と言っていた。壱成は次男ということで成吾にコンプレックスを抱いていたようだけど、成吾も壱成にコンプレックスを抱いていたのか……。

何と千葉が成吾に、早梅を辞めさせるのをやめるように訴えた。



嫌いだけど、一緒に働けないなんていうほど大人げないわけじゃりありませんという千葉(じゃあ今までの大人げない態度は何だったんだ、という気はするが)。「辞めさせられる」わけではなかったのを知りさらに怒っていたが、この後早梅との仲が改善されるといいな……。


早梅と壱成の歓迎会、壱成と成吾に挟まれた状態で「好きな男性のタイプ」を言う羽目になる早梅。しかも壱成の隣には菊乃(松井玲奈)。

しかも早梅は「大人な人」と言ってしまったので、周りには成吾さまでは? と言われるし、壱成はショックを受けてお手洗いに行ってしまった。精神年齢の話かもしれないけど、10歳差というハードルで大人にならなきゃと思ってるところにその言葉はキツい。

さっき早梅が鈍感女って言われたとき「そんなことないだろ」と思ったけど、若干そうかもしれないと思ってしまった。

壱成に昔の写真を見せた菊乃。見つけた成吾は怒る。
「知りたい? あなたと早梅さんを会わせるために私が何をしてきたか。これからどうするつもりか」
菊乃の意図がわからない。何で成吾のことが好きなのに、初恋の人と近づけるようなことをするんだろう? 彼女がやばい性格なのを知っていながら、関係を持ったりそばに置いていた成吾もわからない(脅されていたのかもしれないが)。

やはり「あきら」という名前(本名?)を言われると嫌がる菊乃。女子たちにいじめられる「かがみあきら」と呼ばれる少女の姿が回想される(顔は見えない)。

ラスト、早梅を夏祭りに誘うのに緊張して、ストレートに誘えずに屋台で対決ゲームにして誘う壱成がかわいすぎた。女なんていくらでも接してきただろうに、初恋なんだな~。

次回、夏祭り楽しみだけど、菊乃のせいで(?)大変なことになっていそうで怖い。
ところで、目安箱に早梅のことを書いて入れたのって誰だったんだろう?



※この記事は「プロミス・シンデレラ」の各話1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第8話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録