あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<2021年総括>映像コンテンツ産業10大ニュースを今ここで振り返る


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

2020年から続くコロナパンデミックのため、今年も世界の映像業界は困難な一年を過ごすことになりました。しかし、苦しい中でも大きな変化の胎動が感じられる年ともなり、劇的な変化がうねりをあげて始まった、そんな年になったのではないでしょうか。

そこで、cinemas PLUS の年末企画として、今年の映像産業の変化を象徴する10大ニュースを取り上げて、2021年を振り返ってみたいと思います。

ニュースを選びながら、筆者が感じたのは、様々な点で、20世紀に確立された映像産業の構造や常識は完全に形を変えようとしているのだ、ということです。今回取り上げたニュース一つひとつが、別々の側面からそれを物語っていると思います。

取り上げるニュースの順番は、話題性や影響の大きさを考慮したものではなく、順不同です。

【関連記事】2021年個人的「出会えてよかった」役者10人〜若手からレジェンドまで〜

【関連記事】2021年「魅力的な映画ポスター」ベストテンを独断で大発表!

【関連記事】2021年度「鑑賞者の想像斜め上をいく映画」ベストテンを独断と偏見で発表!

1:韓国ドラマ『イカゲーム』がNetflix史上最高の視聴数を記録



近年、配信を中心に躍進する韓国ドラマですが、今年9月に配信開始された『イカゲーム』が全世界でNetflix史上最高の視聴数を獲得しました。

これまで世界市場でトップに君臨するのは、なんだかんだハリウッド作品でしたが、韓国国内で製作された全編韓国語の作品がトップを取ったというのは、映像産業全体の歴史を振り返ってみても画期的な出来事です。韓国コンテンツの質の高さは以前から、アジアでは以前から注目されていましたが、それが世界的に認められるまでになりました。

これは単純に韓国の躍進というだけにとどまらず、「映像産業はハリウッドの天下」という常識を覆す事態です。韓国コンテンツはNetflixだけでなく、Disney+も製作に参入するなど、今最も世界から注目を集めていると言っても過言ではありません。今後、世界の映像産業に多大な影響を与える存在になっていくでしょう。

【関連記事】『イカゲーム』解説|賛否両論にこそ本質が表れている理由

2:緊急事態宣言再び。映画館への理不尽な休業要請の余波



昨年から続くコロナパンデミックは2021年になっても、映像産業を苦しめています。ハリウッド映画の話題作の公開目途が立ちづらく、満足な番組編成ができない映画館を、さらに不可解な線引きによる休業要請に苦しめられました。

ゴールデンウィークに発出された、東京都、大阪府、京都府、兵庫県の4都府県に対する休業要請は、大きな痛手でしたが、協力金は1日あたり2万円という雀の涙のような金額でした。

4月25日から5月11日まで続いた緊急事態宣言ですが、東京都と大阪府は延長を決定。しかし、東京都は当初、映画館には休業要請するが、舞台の劇場はOKとするなど不可解な線引きを行い、映画ファンも業界団体もこれに対して抗議することとなりました。

2021年の冬、日本の感染状況は落ち着いており、映画館は通常営業できる状態に戻っています。しかし、一度遠のいた客足を取り戻すのは大変なこと。今年の興行成績は2019年対比で、6割前後に留まりそうで厳しい状況が続いています。

感染力の強いオミクロン株の状況次第では、2022年にも理不尽な対応をされる可能性があるでしょう。そのとき、迅速に抗議の声を上げる、現状を変えるためにコミットすることが大切だと学ばされた年となりました。

【関連記事】3度目の緊急事態宣言|映画館への影響は甚大、そして協力金は到底足りない!

3:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』全世界累計来場者約4135万人・総興行収入約517億円の大記録到達


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

暗い話題の後には明るい話題を紹介します。昨年から上映の続いた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が国内興行収入400億円の大台を突破。世界各地でも公開され、総興行収入約517億円の大記録を達成しました。

アメリカ市場ではコロナ禍の休業明けに公開され、他の上映作品が少なかったとはいえ、週末動員ランキングで1位を獲得。非英語映画の作品として歴代最高の成績を記録しました。

この大記録は、コロナ禍の奇跡の興行として語り継がれることになるでしょう。

【関連記事】『鬼滅の刃』の何が魅力なのか?14項目徹底解説!

【関連記事】『劇場版 鬼滅の刃』を読み解く3つのポイント|“完璧”ではない煉獄さんの魅力

4:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が100億円超えで有終の美


(C)カラー

庵野秀明総監督の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ最後の作品、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が興行収入102億円を記録。最後の最後で100億円の大台を突破しました。

コロナ禍で度重なる上映延期の末、緊急事態宣言明けの翌日3月8日月曜日から封切りという前代未聞の対応でしたが、それが逆にファンの気持ちを後押しした結果となり、大ヒットとなりました。

今年は新国立美術館で大規模な庵野秀明展が開催。『シン・仮面ライダー』の監督就任も発表され、改めて庵野秀明という作家の評価が高まった年になりました。

【関連記事】「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」もっと面白くなる11の記事

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > コロナで加速したディズニーの新戦略

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録