あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<インビジブル>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】


>>>「インビジブル」の画像をすべて見る

高橋一生が主演するTBSの金曜ドラマ「インビジブル」が2022年4月15日スタート。

本来相容れないはずの二人がタッグを組んで、警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”に立ち向かっていく前代未聞の犯罪エンターテインメントである本作。逮捕のためにグレーな手段を使うこともある刑事・志村貴文をTBS連続ドラマ初主演となる高橋一生、志村のバディとなる犯罪コーディネーター・キリコを柴咲コウが演じる。

cinemas PLUSでは毎話公式ライターが感想を記しているが、本記事ではそれらの記事を集約。1記事で全話の感想を読むことができる。

「インビジブル」をParaviで無料視聴する

もくじ

・第1話ストーリー&レビュー

・第2話ストーリー&レビュー

・第3話ストーリー&レビュー

・第4話ストーリー&レビュー

・第5話ストーリー&レビュー

・第6話ストーリー&レビュー

・第7話ストーリー&レビュー

・第8話ストーリー&レビュー

・第9話ストーリー&レビュー

・第10話ストーリー&レビュー

・「インビジブル」作品情報

第1話ストーリー&レビュー

第1話のストーリー

>>>「インビジブル」の予告をYouTubeで見る

渋谷の駅前広場で、多数の負傷者が出る爆発事件が発生した。警視庁刑事部特命捜査対策班の警部補・志村貴文(高橋一生)が応援を待つ中、街頭ビジョンには謎の男からの新たな爆破予告映像が流れると、「私が欲しいのは、志村貴文」と告げ、次の爆破の情報と引き換えに志村の身柄を要求してきた。

志村が指定された場所に行くと、待っていたのは謎の女・キリコ(柴咲コウ)。キリコは、街頭ビジョンをジャックしたのは自分だと告げ、再び爆発事件が起こると予告する。さらに、実行犯は“花火師”と名乗る爆破の専門家で過去に事故として処理されたいくつかの爆発事件も花火師の仕業だと言う。キリコの言葉を信じられない志村だが、さらなる爆破を阻止するために、警察庁監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)や捜査一課課長・犬飼彰吾(原田泰造)の制止を振り切り、キリコと共に行方をくらませる。

いっぽう、キリコの証言を受け捜査一課では、猿渡や犬飼らを中心に、不審者の捜索とキリコが挙げたいくつかの事故の洗い直しを行うことに。するとその事故の一つに、凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”の関与が疑われていたことが判明する。


第1話のレビュー

いきなり男をボッコボコにする志村貴文(高橋一生)からスタートした「インビジブル」。なるほど、今回の高橋一生はバイオレンス・高橋一生か……?

事件は渋谷の駅前広場で始まった。多くの負傷者が出る爆発事件が発生。怪我人の救助を行っている志村だったが、突如街頭ビジョンに新たな爆破予告映像が流れる。
そして「私が欲しいのは志村貴文」と告げる。志村を得る代わりに次の爆破の情報を教えるというものだった。
指定された場所で志村が会ったのは謎の女性・キリコ(柴咲コウ)だった。

キリコは爆破事件の犯人は「花火師」と名乗る人物だといい、事故だと処理されている案件についても花火師が関わっていると話す。さらに、キリコは志村が追っている事件――かつての志村の同僚・安野(平埜生成)を殺した犯人についても何か知っているようで……。

キリコは本名、国籍、年齢不明の犯罪コーディネーター。志村が担当するのを条件に、凶悪犯罪者の逮捕に協力すると言う。
一方、志村は行き過ぎた捜査を続けていたため、強硬犯係から特命捜査対策班に左遷されていた。異端な刑事だけど、頭もキレて体もよく動く優秀な人物なんだろうと分かる。正義感もあるので、キリコの申し出をあっさりとは受けない。が、正義感が強いからこそ、未解決事件の犯人は掴まえたいわけで……。刑事と犯罪者のバディが誕生? というのが1話の流れである。

志村の元上司・犬飼に原田泰造、警察庁から出向してきたキャリア監察官・猿渡を桐谷健太が演じる。人の好さそうな犬飼とクールな猿渡の対比がすでに物語の味に。
そのほか、警部補の磯ヶ谷を有岡大貴、巡査部長・五十嵐に堀田茜。磯ヶ谷は猿渡派、五十嵐は志村派ということでしばしば対立することもあるようだ。

そして高橋一生と柴崎コウと言えば、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」を思い出す。今度はどのような競演を見せてくれるのか楽しみだ。
それにしても、今回の高橋一生は眼光鋭すぎて、観ているだけで緊張してしまう。柔らかな雰囲気が一切なく、鈍くギラギラと刃のよう。そのギラギラがさらに鋭くなっていくのか、それとも和らげられていくのか。未解決事件の犯人を確保しながら、安野の事件にも迫っていくことになるはずだか、なぜ、キリコが志村にこだわるのも気になるところだ。

※この記事は「インビジブル」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


「インビジブル」をParaviで無料視聴する

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第2話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録