あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「桜の塔」第9話ネタバレ感想|お前の正義は、どこにある?

SHARE


第6話あらすじ&感想

第6話あらすじ



警視庁の押収品横流し事件を追っていた父を“自殺”へ追いやった千堂大善(椎名桔平)――自らが所属する「外様派」のトップであり、恩人でもあった彼を失脚させるため、決死のクーデターを企てるも、完膚無きまでの失敗に終わり、千堂の娘・優愛(仲里依紗)と結婚式を挙げて5年…。

悪魔に魂を売ってでも、このままでは終わらせないと誓った上條漣(玉木宏)は、警視庁刑事部捜査二課の課長に着任し、順調にエリートコースを歩んでいた。一方、今や副総監となり、警視庁において一介の派閥にすぎなかった「外様派」を一大派閥「千堂派」へと押し上げた千堂を必ずや倒すべく、獰猛な牙をひた隠しながら“その時”を待ち続けていた。

そんな折、漣は国会議員・加森沙代里(中田有紀)の受託収賄罪の証拠をつかむ。だが、千堂から立件許可が下りず、手をこまねく日々…。業を煮やした漣は千堂に直接詰め寄り、立件すべきだと強く進言する。もちろん、千堂が己の決断を覆すはずもない。2人の間にはあわや一触即発の空気が漂うが、捜査二課へ異動し漣の部下となったキャリア組警察官・富樫遊馬(岡田健史)が咄嗟に場を取り持ち、事なきを得ることに。元同僚で現在は恋人でもある富樫から一部始終を聞いた捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)は、幼馴染である漣の今後を心配するが…!?

その矢先、加森議員の立件になくてはならない証拠データが根こそぎ消えてしまった!さらに、千堂が再び漣に対し、立件見送りを念押し。証拠をすべて奪われた漣は、千堂が確実に裏で糸を引いていることは察知しつつも、なすすべがなく…。

やがて、この5年間息をひそめ、好機をうかがっていた人物たちが次々と旗揚げ!義理の親子であるからこそ、絶対に負けられない…《正義》と《野望》が真っ向から火花を散らす《第2の派閥バトル》が、ついに幕を明ける――。

第6話の感想

今回から第二章のスタート!

前回から5年の時が経ち、上條と優愛は結婚、水樹と富樫は結婚前提の付き合いをしていて、千堂は副総監になっている。千堂への復讐を確かなものにするために、優愛とのつながりを残しておくところが上條らしい。反面、水樹と富樫が付き合ってるのはなんだか意外だった。なんだかんだ言いつつ、水樹は上條のことを幼馴染以上に想っているのではないかと予想していたので……。

富樫、なんだか5年前よりもいけ好かない男になってしまっていて、ちょっと残念。水樹の後をくっついて歩いているくらいが可愛くてちょうどよかったのに。今ではもう立派なキャリア組として、そして千堂派の一員として、見事に飼い慣らされてしまっている。



富樫が上條に対し「僕からは、あなたが飼い犬に見えます」と言うシーンがあるが、視聴者からすると、富樫も立派な飼い犬。千堂のために、表に出したくない証拠を消して回ってるじゃないか……! いつどんなタイミングで、こんなに人が変わってしまったのだろう?

上條は、淡々とタイミングをうかがっている。千堂への恨みを忘れたわけではないだろう。その証拠に、千堂から「決して表沙汰にはするな」と釘を刺されていた案件について、徹底的に外堀を埋めた状態で逮捕へと踏み切った。少しずつ牙を磨き、尖らせ続けている。

第二章は始まったばかり。これからどうやって、上條→千堂に対する復讐劇が始まるのか? 早く千堂が土下座する姿を見たくてたまらない。



→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第7話のあらすじ&感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録