あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<二月の勝者-絶対合格の教室->最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】


第10話ストーリー&レビュー

第10話のストーリー


→「二月の勝者-絶対合格の教室-」画像ギャラリーへ

新年を迎えた桜花ゼミナール。二月の受験本番までいよいよ残り一カ月となり、本命校の受験前に予行演習として「一月受験」をする生徒たち。受験会場前では佐倉(井上真央)や桂(瀧内公美)に見送られ、緊張しながらも次々と会場に入って行く子供たち。
 
黒木(柳楽優弥)は、島津(羽村仁成)が急遽受験することになった学校へ応援に駆けつける。可能性は五分五分のチャレンジ校ではあったが、黒木はそこで目にした島津の精悍な姿に合格を確信する……。
 
受験本番の前日、1月31日。各教室では緊張や不安を抱えた生徒たちに、橘(池田鉄洋)、桂、佐倉が、それぞれの言葉で励まし、エールを送った。黒木もまた、この一年の桜花ゼミナールの校長としての責務に、特別な思いを抱くのだった。
 
そして、決戦の日、生徒たちはそれぞれの想いを胸に受験会場へ向かって行った。果たして、生徒たちは全員合格して「二月の勝者」となれるのか−−。

第10話のレビュー



中学の進学塾を舞台にスーパー塾講師、黒木蔵人(柳楽優弥)が白熱するお受験戦争をバッサリ斬ってていく「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」。
「合格に必要なのは 父親の『経済力』と母親の『狂気』」というセンセーショナルな言葉でスタートした1話から早くも最終回を迎えた。

今クールも毎日のようにドラマを楽しんできた筆者だが、実はこのドラマの最終回が一番泣けた。
懸命に演じる子役の姿を観ていると、つい感情移入してしまい最終話まで本気になって応援した。
毎週、ドキュメンタリーを観ているような感覚だったのかもしれない。

子役の中でも島津順役のジャニーズJr.の羽村仁成と、前田花恋役の田中絆菜の演技は秀でており、今後の活躍が期待できそう。
最終回に順の父親役、金子貴俊が出演していなかったのは非常に残念だった。
優しい雰囲気を持つ金子に、なぜ今回番組サイドはスパルタパパ役のオファーをかけたのだろうか。
その辺をいつか聞いてみたい。
しかし、金子にとっては今回の作品で新しい扉を開けることができたのではないだろうか。

黒木役を演じた柳楽優弥にも心から「お疲れ様」といいたい。
長いセリフや、ほぼ無表情の黒木を演じるのは大変だったと筆者でも想像できる。

第10話、後半のあるシーンではライバル塾、ルトワックの灰谷(加藤シゲアキ)とも距離を縮め、男同士の友情も芽生えたようだった。

桜花ゼミナールの新任講師、佐倉麻衣(井上真央)も子どもたちと共に成長し、今ではすっかり自信を取り戻しているようだった。
佐倉を演じた井上の自然体の演技も毎回、惹きつけられた。
筆者が昔、夢中になって観ていた「花より男子」の牧野つくしから、何ら変わらないスタイルと美貌には驚きだ。

親子で楽しめた「二月の勝者―絶対合格の教室―」は、たいへん満足のいくかたちで完走した。
出演した役者さんたちの今後の活躍に注目していきたい。



(文:シネマズ編集部)

※この記事は「二月の勝者-絶対合格の教室-」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「二月の勝者-絶対合格の教室-」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)高瀬志帆/小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中 (C)日本テレビ