あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<二月の勝者-絶対合格の教室->最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第8話ストーリー&レビュー

第8話のストーリー



→「二月の勝者-絶対合格の教室-」画像ギャラリーへ

激しい物音と悲鳴の後、突然切れてしまったΩクラス島津順の母・優子(遠藤久美子)の電話。ただ事じゃない様子に、黒木(柳楽優弥)と佐倉(井上真央)は桜花を飛び出して島津家へ駆けつけると、家の前にはパトカーが数台停まっていた。家の中は家具や調度品が散乱していて、その中にただ一人座り込む父・弘(金子貴俊)の姿があった。
 
弘が言うには順(羽村仁成)と優子は家を出て行ったと…。その後、順を連れて桜花を訪れた優子。黒木はとにかく優子を落ち着かせようとするが、優子は弘との離婚を口にする。中学受験どころではなくなってしまう島津家。優子は順と一緒にしばらくの間実家で過ごすことを決め、その間順は塾を休むことに。
 
一方、桜花では生徒の保護者面談が行われ、各家庭の希望や事情に合わせて常に完璧なプランを提案する黒木。それに加えて校長の業務や無料塾・スターフィッシュの運営も抱えている黒木は、連日人知れず夜遅くまで仕事を続ける。そんなある日、校長室で倒れている黒木を発見する佐倉。抱き起そうとする佐倉だったが、黒木はその手を振り払う。そして黒木からある任務を託されるのだった。
 
黒木を放っておけない佐倉は思わず灰谷純(加藤シゲアキ)を頼って連絡をする。後日、桜花を訪れた順は、受験を辞める決意をしたという。しかし、順の本当の気持ちを見抜いている黒木は、優子と順にある提案をする…。


第8話のレビュー


桜花ゼミナールの塾生、島津順(羽村仁成)の家で家庭内暴力が予測されたため、黒木(柳楽優弥)と佐倉(井上真央)は塾を飛び出し、順の家に駆け付けた。
順の家の前には何台ものパトカーが……。
慌てて家の中に入ると、部屋は大荒れ。
そして、順の父(金子貴俊)の姿しかなかった。
「俺は誰よりもあいつの将来を考えている。なのにあいつは……」と順に対しての不満を黒木らにぶちまける父親。

金子の毒親っぷりと冷静沈着な柳楽、そこへオロオロした表情の井上。
演者たち、それぞれの怪演がみられたシーンであった。
父親からの半端ないプレッシャー、優しすぎる母親に挟まれながらも勉強を続ける順の姿が、本当にいじらしい。
順にはなんとしても、合格を勝ち取ってもらいたいと思う。

第6話で佐倉に対して、「塾講師は生徒の家庭への介入はできない」と発言していた黒木だったが今回、順の家庭問題に踏み込んでしまった。
「すべて私の未熟さ故の行動です」と佐倉に背中を向けながらも謝罪した黒木。
ストーリーが進むにつれて、謎に包まれた塾講師、黒木の人間味も見られるようになってきた。

そんな黒木が過労のために倒れた。
黒木を心配する佐倉はなぜか、ライバル校ルトワックの灰谷(加藤シゲアキ)にヘルプを。
(なぜ桜花ゼミナールの講師に連絡しないのか、少し違和感のあるシーン)
病院に付き添った灰谷は、黒木への複雑な胸中を佐倉にうち明けた。
灰谷にとって、黒木は憧れの存在そのものだった。
しかし、そんな黒木がルトワックを去ったことで疎外感を受け、執拗な行動を続けてしまったという。
ここまでの「謎の行動」の意味が理解できた瞬間だった。

黒木が入院中のため、佐倉は保護者面談に初めて1人で挑むことに。
緊張しながらもここまでの黒木に習って、懸命に保護者に向き合った佐倉。
納得のいく対応ができたため、少し自信をつけた表情に見えた。

第8話では生徒の成長よりも、その生徒に関わる大人たち(順の両親や黒木、佐倉や灰谷などの講師陣)の苦悩や心の変化がよく描写されていた。
このドラマは大人の成長期でもあった。

受験日まであとわずかー。
ドラマだとはわかっているが、懸命に勉強する生徒と彼らを取り巻く大人たちが笑って春を迎えるよう、願ってやまない。


※この記事は「二月の勝者-絶対合格の教室-」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第9話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)高瀬志帆/小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中 (C)日本テレビ