あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<二月の勝者-絶対合格の教室->最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】


第9話ストーリー&レビュー

第9話のストーリー


→「二月の勝者-絶対合格の教室-」の画像ギャラリーへ

受験本番まであと三ヶ月。黒木(柳楽優弥)は配布した「絶対合格カレンダー」に家族と話し合って決めた志望校を記入し提出するよう生徒たちに指示する。Ωクラスの上杉海斗(伊藤駿太)は、意を決し、開成を受験したいことを母の麻沙子(馬渕英里何)に打ち明け、これまで優秀な双子の弟と比べられ続けてきた海斗の思いを初めて打ち明ける。
 
その後、講師たち一同が集まり、模擬テストの結果や提出された志望校名を基に、生徒たちの受験校検討会が行われた。一人一人の受験プランを熱心に検討する講師たちだったが、Rクラス・今川理衣沙(渡邉心結)は、本人の偏差値に見合わない学校名を書いて提出していた。
 
母親・紹子(春日井静奈)が知名度だけで選んだ難関校のようで佐倉(井上真央)は頭を抱える。紹子の根拠は、理衣沙に過去問をやらせた際に合格点が取れたから、というものだった。
 
紹子が持ち込んだ理衣沙の答案用紙を見た黒木は、試行錯誤の形跡が全く無く、カンニングしたものだと断定する。動揺する佐倉だが、黒木の命題は、「いかに保護者にこの不正を知らせず、理衣沙を受験に向き合わせるか」というものだった。果たして佐倉はどのように理衣沙を導くのか……?
大人相関図
生徒相関図受験本番まであと三ヶ月。黒木(柳楽優弥)は配布した「絶対合格カレンダー」に家族と話し合って決めた志望校を記入し提出するよう生徒たちに指示する。Ωクラスの上杉海斗(伊藤駿太)は、意を決し、開成を受験したいことを母の麻沙子(馬渕英里何)に打ち明け、これまで優秀な双子の弟と比べられ続けてきた海斗の思いを初めて打ち明ける。
 
その後、講師たち一同が集まり、模擬テストの結果や提出された志望校名を基に、生徒たちの受験校検討会が行われた。一人一人の受験プランを熱心に検討する講師たちだったが、Rクラス・今川理衣沙(渡邉心結)は、本人の偏差値に見合わない学校名を書いて提出していた。
 
母親・紹子(春日井静奈)が知名度だけで選んだ難関校のようで佐倉(井上真央)は頭を抱える。紹子の根拠は、理衣沙に過去問をやらせた際に合格点が取れたから、というものだった。
 
紹子が持ち込んだ理衣沙の答案用紙を見た黒木は、試行錯誤の形跡が全く無く、カンニングしたものだと断定する。動揺する佐倉だが、黒木の命題は、「いかに保護者にこの不正を知らせず、理衣沙を受験に向き合わせるか」というものだった。果たして佐倉はどのように理衣沙を導くのか……?

第9話のレビュー



ルトワックの人気講師、灰谷(加藤シゲアキ)が桜花ゼミナールにやってきた。

ここまで黒木(柳楽優弥)のことを執拗に追いまわしてきた灰谷。
「かつてのあなたに憧れていた私は、間違っていたということですか?なにがあなたを変えてしまったのですか?」

ここで正直に黒木に憧れていたことを白状した灰谷。
今や2番手の桜花ゼミナールと、繁華街での無料塾講師と小さくまとまっている黒木に対して、失望といら立ちを隠せない様子。
わざわざそんな嫌味を言いに相手の職場に乗り込んでくるとは……。
灰谷はどうしてそこまで黒木を執拗に追い回すのか。

対して黒木は
「私が変わったと言うならば、私が私の未熟さに気付いたことが、私を変えたのだと思います」
と、早口言葉のようなセリフを投げかけた。
要するに、自分の愚かさに気付いたからルトワックを去ったのだろう。

黒木と灰谷。
分かり合えそうで分かり合えない二人。
この関係性は、最終話まで持ち込みそうだ。

受験本番まであと3か月余り―。
基礎徹底と志望校別特訓がはじまった。
子ども達は受験日まで走り続け、塾講師も最後まで生徒たちに伴走する。
さまざまな家庭に向き合う新任講師、佐倉(井上真央)も正念場を迎えていた。
講師としての悩みを抱える佐倉は、黒木に相談をしたが突き放されてしまった。
伸び悩む生徒にひたすら向き合う佐倉。

桜花ゼミナールの講師になった時は終始おどおどしていたが、ここにきてかなり自信がつき、安定してきた様子だ。
「大人でも悩むことはある、そして努力をすれば変わる」と、いうことがわかるこのドラマ。
視聴している子どもたちにとっても刺激となるだろう。

後半では黒木と佐倉、お互いが過去の悩みを打ち明けた。
佐倉は教諭時代、生徒に寄り添ってきたと思っていたが「あんたのこと一生恨んでやる」と言われた過去を告白した。
黒木もまた、ルトワックで人気講師時代にある生徒とその家族をのちに崩壊させてしまった過去を話した。

教壇に立つことが怖くなったものの、それでも「学びとは何なのか?」を知りたくて現在も模索しているという。

意外にも教壇に立つことが苦しくなったという過去を持つ佐倉と黒木。
共通点があるからこそ、お互いの存在が気になってきたのかもしれない。

大晦日—。
一人塾に残る黒木は、先に帰宅する佐倉の背中に「よいお年を」と声をかけた。
その言葉に一瞬驚いた表情を見せた佐倉だったが、すぐさま「はい」と笑顔を見せた。
この最後のシーンにはほっこり。

いよいよ次週、最終回を迎える。
はたして桜花ゼミナールの生徒は全員、合格となるか?
生徒の結果も気になるが、黒木と佐倉の関係性も気になるところだ……。


※この記事は「二月の勝者-絶対合格の教室-」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第10話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)高瀬志帆/小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中 (C)日本テレビ