あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<吉祥寺ルーザーズ>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第5話ストーリー&レビュー

第5話のストーリー

>>>「吉祥寺ルーザーズ」の画像をすべて見る

過去のある出来事が原因で、制服姿の女子高生がトラウマになった安彦聡(増田貴久)は、それを克服しようとするものの、あと一歩が踏み出せずにいた。唯一原因を知る秦幡多(片桐仁)は、そんな聡を半ば強引な方法で、なんとかオンライン家庭教師に登録させる。
その時、シェアハウスに大量の荷物が届く。すべて幡多がこれから売る実演販売の商品だ。置き場の問題で押し問答していると、大庭桜(田中みな実)は門柱の角に隠れている女子高生に遭遇。聡の元教え子だと名乗る間宮リコ(岩本蓮加)は、聡に会いに来たという。居合わせた幡多は、トラウマ克服中の聡に気遣って「今はいない」と嘘をつき、何とか追い返した。聡とリコの間に一体何が…?
その直後、聡のもとに家庭教師の依頼が舞い込み、リモート面接をすることに。少しずつ前に進み始めた聡に感化され、幡多もまた黙々とネタ作りを始める。
そして1週間後。聡は家庭教師初日、幡多は大事なネタ見せの日を迎える。ところが出掛けようとした幡多の前に再びリコが現れて――。少しずつ動き出した負け組たちだったが、すんなり話が進むわけもなく、この後全員を巻き込んだ大騒動へと発展する。

>>>5話の予告をYouTubeで見る

第5話のレビュー

謎の女子高生・間宮リコ(岩本蓮加)がシェアハウスの前までやって来たことで、今回は聡(増田貴久)とリコの過去が明らかになる……かと思いきや、もはや恒例となったドタバタ劇が今回のメインに。

自分のトラウマから1歩踏み出すべく、オンライン家庭教師に挑戦しようとする聡。すべての入力を済ませ、あとは登録するだけなのに、どうしても最後の1クリックができずにいた。「あ~ん、怖くて押せない!!」と困り顔をする聡、かわいすぎて全力で守りたい。

結局、見兼ねた幡多(片桐仁)が横からボタンを押してしまい、無事に登録は完了。しかし、シェアハウスの外ではトラブルが発生していた。こそこそと家を盗み見ていたリコが桜(田中みな実)に見つかってしまったのだ。

聡に会わせろというリコに、聡はいないと返す桜&幡多。それにしても、聡と桜の関係を探ろうとするリコに、もしや聡のことを好きなのか……? なんて勘ぐってしまった。でも、聡に人生を狂わされたとも言っているし、わからない。本当にこの2人、何があったのだろう。

一旦は聡不在ということでリコを追い返すことに成功。そんなこと知る由もない聡は、びしっとスーツを着て、オンライン面接に臨んでいた。スーツ、もちろんよく似合っているんだけど、どうしても就活生に見えてしまったのは筆者だけではないはずだ。

ゆっくりだが進みはじめた聡に触発された幡多は、ネタ作りに精を出す。こういう風にお互いの存在が励みになるの、なんかいいな。最初の頃からは考えられない、嬉しい変化だ。

そして今回いつもより早めに登場する「ハロー、ママ」に無事被弾……! ママ宛のメールは物語の後半に、をぜひテンプレートにしておいてほしかった。でも、ほとんど嘘しか書いていないこのメールにも、新しいことをはじめたと書いてしまうくらい、聡も自分の1歩が嬉しかったんだろう。

聡の初オンライン授業&幡多のネタ見せ当日。そんな日に限って、またしてもリコがやってきてしまう。1週間も待ったのだから、と頑として帰ろうとしないリコに手を焼く幡多。他の住人たちにバレないように一旦リコを自分の部屋に隠そうとするも、朝の出入りが激しい時間帯、シェアハウスの住人たちはランダムに動き回る。これまでこの作品で感じたことのないスリルにワクワクする。

ⓒ「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

ネタ見せに行かなければならない幡多に代わって、桜がリコを請け負うことに。女同士、膝を突き合わせて語らう様がぐっとくる。でも、桜が言った「無理やり押しかけて自分の思いをぶつけるなんてやり方はよくない」「相手のことだってさ、考えてあげないと」という言葉は、明らかに自分に言い聞かせているようだった。

桜の説得に納得して帰ったかに見えたリコだが、結局戻ってきてしまう。思わず、頼むから空気を読んでくれ……と頭を抱えてしまった。案の定、リコに問い詰められて何も言えぬまま、聡は失神。

自室のベッドで目を覚ました聡は、倒れる前の記憶がおぼろだった。初授業まではあと1時間。リビングに集まっていた住人たちに女子高生が訪ねてこなかったか?と確認するも、全員が知らない、と答え、授業の準備を、と促す。

聡のために、あえて嘘をついたシェアハウスの住人たち。これはついてもいい嘘だし、信じるべき嘘だ。何かに負けてしまって1人では立ち上がるのが難しくても、仲間がいればまた挑戦する力も湧いてくる。たまたま集められたルーザーたちが、仲間としてそっと互いの背中を押している様子が微笑ましい。

ⓒ「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

結局、聡とリコに何があったのかはわからずじまい。筆者としてはリコの意志の強さが宿った目力と、岩本蓮加の圧倒的な透明感が印象に残った。もっと色んなお芝居を観たいので、秘密が明らかになるまでもうちょっと紆余曲折あってもいいかも、なんて思っている。

※この記事は「吉祥寺ルーザーズ」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


「吉祥寺ルーザーズ」をParaviで無料視聴する



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第6話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

ⓒ「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会