あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「特捜9 season4」13話までのネタバレ感想:ついに村瀬と小宮山が…最終回は最高の「グッデイ!!」に!



第12話あらすじ&感想

第12話あらすじ



妻・倫子(中越典子)の誕生日に休みを取り、夫婦で港の見える公園に出かけた浅輪直樹(井ノ原快彦)。その日1日、倫子と過ごすつもりだったが、なんと到着した矢先、海面に浮かぶ男性の遺体を発見してしまう。

遺体の身元は、投資会社の役員・古賀武久(木下政治)と判明。死後数日が経過しており、ひとりで釣りをしている最中に誤って転落死したというのが所轄署の見解だった。しかし所持品の財布に現金がなかったことから、直樹は事件の可能性もあると見て、早瀬川真澄(原沙知絵)に遺体の解剖を依頼する。

その後、直樹は古賀の妻・優子(三津谷葉子)に会うため、高級住宅街にある邸宅へ。優子は1週間ほど友人と北海道旅行に出かけていたため夫の行方不明に気づかなかったと話すが、同行した小宮山志保(羽田美智子)は夫の死を知った直後とは思えない彼女の冷静さに違和感を覚える。そして、直樹は優子が出したコーヒーの味に引っ掛かるものを感じる。高級店のオリジナルブレンド品だというが、妙に薄い気がしたのだ。直樹はあえてコーヒーをほめ、優子から豆をわけてもらうことに成功する。

解剖の結果、古賀の死因は溺死とわかる。後頭部に外傷があり、しかも足には縛られたような跡が残っていたことから、真澄によると、足に重りをつけて海に沈められた可能性もあるという。

そんな中、青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)が、古賀が生前、顧客とトラブルを起こしていた事実を突き止める。古賀は会社を通さず、個人で会社経営者・屋敷賢(岡部尚)の資産運用を請け負った挙句、5000万円もの大損失を出していたのだ…。

一方、直樹は新藤亮(山田裕貴)とともに優子のアリバイを確認するため、一緒に旅行に出かけた友人・遠山美里(太宰美緒)に会いに行く。高校時代の同級生だという彼女は、旅行中はずっと一緒だったと証言するも、優子は高校時代から見た目ばかり気にする見栄っ張りだったと酷評して…!?

第12話の感想:謎解きのヒントは“水”!見栄っ張りの妻・優子が強烈すぎた回

12話のカギとなったのは“水”。軟水と硬水をはじめ、さまざまな水の違いが謎を解くヒントになりました。

当初、海で事故死したようにも見えた被害者の古賀。しかし、鑑識の結果、遺体の中にあったのは人工海水。遺体が発見された現場の海水とは別物で、殺人の可能性が高くなります。

そんな中、古賀の妻・優子がかつて交際していた高校時代の担任・河内と接触していた疑いが発覚。優子が河内に夫を殺させた?という線も出てきますが、当の河内が行方不明で、青柳たちも見つけることができません。

ますます謎が深まる展開に。しかし、証拠や証言が次々揃う中でようやく浅輪が気づきます。そもそもスタートが間違っていたのだと。

翌朝、国木田から「河内を容疑者と考えている」と聞かされた優子は、家を出て河原に行きホームレスの男に弁当を差し出します。そこにいたのは、河内…ではなく、殺されたと思われた彼女の主人・古賀。

実は、殺されたのは古賀ではなく河内の方でした。

投資家たちから請け負った資産運用の利益の一部を自分のものにするため、損失が出たと嘘をついた古賀。死んだと見せかけて高跳びしようと計画し、身代わりにするべく河内と優子を近づけ、自身が経営する寿司屋に河内を呼び出して殺害。寿司屋の水槽の水と遺体の体内の人工海水が同じもので、彼の犯行だとわかりました

自身の犯行を認めつつも妻の優子を庇う古賀でしたが、そんな彼に浅輪たちは非情な事実を伝えます。優子が持ってきた弁当には毒物が入っていた…と。

友人から「ただの見栄っ張り」と称されていたこの優子。彼女の強欲さが、今回とにかく強烈でした。

優子が国木田に媚びた態度をとって小宮山をイラつかせていたあたりから(これが村瀬だったらどんなことになっていたか…)、性格に難がありそうだと思ったのですが、事件の取り調べで歪んだ人格が明らかに。当初は「主人にさからえなかった」としおらく振舞うも、弁当のことを指摘されると態度を豹変。夫の古賀について「お金のないあの人には何の価値もない」「あの人を生かしておいたらつかまる気がした」と平然と言ってのけます。

これまで「特捜9」では、一見傲慢な女性が実は愛情深くて真犯人を庇っていた…というケースもあったのですが、今回の優子はそれとは別物。正直、ここまで悪質な犯人(厳密には共犯者ですが)は久々に見た気がしました。取り調べにあたった国木田と小宮山も「かわいそうな人」(国木田)「救いようがない」(小宮山)と、怒りを通り越して憐れむようなまなざし。これから犯した罪と向き合うことになる優子ですが、ここまで歪んでいる彼女にちゃんとそれができるのかは、ちょっと難しい気もします。

次回はついに最終回。予告映像を見ると、村瀬が刺されたあの事件の行方、栗山千明演じる渡辺理人の部下・小泉真希の登場など気になる内容が盛りだくさんでした。しかし、最も衝撃だったのは、ウェディングドレスをまとった小宮山とスーツ姿の村瀬。あのツーショット、“むらこみ”がついに…なのでしょうか? 時間も拡大されるラストの回、期待大で楽しみにしています!


→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第13話あらすじ&感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録