あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「特捜9 season4」13話までのネタバレ感想:ついに村瀬と小宮山が…最終回は最高の「グッデイ!!」に!


第4話あらすじ&感想

第4話のあらすじ

仕事帰り、何者かに刺された村瀬健吾(津田寛治)――。直前まで一緒にいた小宮山志保(羽田美智子)は混乱するばかり。しかしそんな状況などおかまいなしに、管理官は志保を事情聴取し、まるで被疑者扱い…。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班メンバーも同様に聴取を受け、捜査本部が設置されるも特捜班の参加は許されなかった。疑いまでかけられて怒りの収まらない志保は、特捜班メンバーに独自で捜査することを提案。誰もが同じ気持ちで、さっそく事件を調べはじめる。

青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、手がかりを求めて地元の不良グループが入りびたるレストランへ。志保は班長の国木田誠二(中村梅雀)と事件現場を再訪する。

一方、直樹と新藤亮(山田裕貴)は119番通報が公衆電話から発信されたことを突き止める。説明が的確だったことから通報者は土地勘があるようだったが、なぜか名乗らないまま電話を切っていた。

ひとまず通報場所を訪れた直樹は、近くの一軒家の2階から自分たちの様子をうかがっている人物がいることに気づく。その家には、年金暮らしの母・溝口亮子(東ちづる)と、いわゆる“ひきこもり”状態の息子・泰幸(川合智己)が暮らしていた。直樹は泰幸から話を聞きたいと頼むが、息子を刺激しないでほしいと亮子に追い返されてしまう。

しかしその後、直樹は通報者の“ある特徴”から、泰幸こそが救急車を要請した緊急通報者であり、事件の詳細を知っているのではないかとにらむのだが…!?

第4話の感想:村瀬は無事…涙する小宮山・微笑む青柳から見えた特捜班の絆

前回の衝撃のラストからどうなることかと思いましたが…村瀬は生きていた!

そのことにまず安堵しました。

この事件で被疑者扱いされて捜査からはずされた特捜班。しかし、彼らが黙って引き下がるわけがない。「村瀬さんを刺した犯人はあたしたちが捕まえなきゃ」という小宮山の言葉を受けて、みな、思い思いの言葉で奮い立ちます。

ここで、「懲戒処分なんて怖くない」と真っ先にうなずいた矢沢にはしびれました。普段は青柳に一歩も二歩も譲っているのに、こういうときにこのセリフは男前すぎる。前回村瀬も語っていましたが、チームの中で一番頼れるのは実は彼なのかもしれません。

他のメンバーももちろん思いは同じ。躊躇する者は誰一人いない。この結束、強い仲間への思い、これぞ特捜班。浅輪&新藤、青柳&矢沢、そして、小宮山は国木田班長と組んで捜査を始めます。

通報場所近くに暮らすひきこもりの青年・泰幸が何かを知っているのでは…とにらんだ浅輪と新藤。通報者の電話の声が“イケボ”であること、溝口家のポストに声優養成所の名前入りの封筒があったことをヒントに、泰幸が声優のオーディション用に送ったボイスサンプルと通報者の音声が一致する、つまり通報者が泰幸であり、事件当日村瀬と接触していたことを突きとめます。

さらに、事件現場近くで見つかったレジ袋から25年前に殺害事件を起こし逃亡中である被疑者の指紋が検出された。このレジ袋がカギとなり、村瀬を刺した犯人が、25年前の事件の被疑者であり、泰幸の母・溝口亮子になりすましていた曽根明子であることが判明しました。

溝口亮子は2年前に死んでおり、母の死で年金が受給できなくなるのを恐れた泰幸が、偽名を名乗り亮子のヘルパーをしていた明子とともに母の遺体を埋めて、明子が亮子に変装して一緒に暮らしていた。そして、明子と対峙した浅輪の言葉からすると、あの日村瀬に正体を気づかれたので明子が村瀬を刺した…というのが事件の真相だった模様。

事件は解決し、物語のラストにようやく村瀬は意識を取り戻しました。

村瀬の回復を知って思わず泣き出してしまったのは、小宮山。

長年コンビを組んで、しかも直前まで一緒にいた。誰よりも心配していたのは間違いないのに、事件を解決しようと皆をリードし気丈に振舞い続けていた彼女。無事を知って涙が止まらない姿から、どれだけ案じていたか、そして無事を知ってどれほど安心したかが痛いほど伝わってきた。小宮山役の羽田美智子さん、泣きの演技が非常に見事でした。

そして、他の面々が喜びをあらわにする中、一人黙って伏し目がちに微笑んだ青柳。普段はすぐ怒ったり皮肉を言ったり何かとうるさい彼が、これほど静かに喜びと安堵を見せるなんて…さすがにぐっと来ました。

涙が止まらない小宮山、静かに微笑む青柳から見えたのは、特捜班の絆。仲間のために必死になり無事を心から喜ぶ彼らの姿は本当にすがすがしかった。

村瀬は次回も引き続き療養する様子。とはいえ予告編を見ると、病室でも何かしら捜査の動きはありそうなので、次回は特捜班フルメンバーでの活躍を期待しています。

→目次へ戻る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第5話あらすじ&感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録