あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「特捜9 season4」13話までのネタバレ感想:ついに村瀬と小宮山が…最終回は最高の「グッデイ!!」に!



第13話あらすじ&感想

第13話あらすじ



車椅子生活となった村瀬健吾(津田寛治)のため、バリアフリーの物件を探していた小宮山志保(羽田美智子)はパトカーのサイレンから近くで事件が起きたことを知り、現場に駆けつける。事件が起きた高架下にはすでに捜査一課が到着していたが、志保は運び出されてきた被害者の遺体から、“ある香り”がするのに気づく。それは、村瀬が刺された事件のときに感じた香水の匂いと同じだった。志保は、そのことを捜査一課の主任・高木(利重剛)に伝えるものの、まったく取り合ってもらえない。

同じ頃、浅輪直樹(井ノ原快彦)たちも村瀬が刺された事件について話し合っていた。直樹と新藤亮(山田裕貴)は、被疑者・曽根明子(東ちづる)と親子を装って暮らしていた溝口泰幸(川合智己)から話を聞き、泰幸の犯行だと思いこんだ彼女が罪をかぶろうとしているのではないかと考えたのだ。となると、高架下で起きた殺人は、村瀬を刺した真犯人が新たにおよんだ凶行なのではないか…疑念を抱いた特捜班は、独自の捜査を開始する。

そんな中、村瀬が特捜班に復帰する。村瀬もまた、自身を刺したのは明子ではないという考えを一同に明かす。実は刺されたとき、村瀬は薄れゆく意識の中で逃走する犯人の足音を聞いていたのだ。その歩数や足音の印象から、村瀬は自分を刺したのは男だと直感していた。

そこへ、高架下の事件の被疑者確保の知らせが入る。

その矢先、捜査本部を訪ねた国木田誠二(中村梅雀)は、東京地検察次席検事・渡辺理人(佐野史郎)直属の部下である切れ者検事・小泉真希(栗山千明)の姿を見かけ、地検がこの一件の早期送検に向けて捜査一課に圧力をかけていることを知るが…!?



第13話の感想:ついに村瀬と小宮山が…最終回は最高の「グッデイ!!」に!


このシーズン4では、真犯人がはっきり断定されなかったエピソードがいくつかありました。

一つは、第1話の弁護士夫妻と女子大生が殺された連続殺人事件。

もう一つは、3~4話にかけての村瀬が刺された事件。

いずれも若干もやっとした回だったのですが、真相がついに判明。この13話で起きた殺人とあわせて同一人物の犯行であることがわかりました。

一連の事件の真犯人はまさかの人物。第1話で特捜班が容疑を晴らしたあの八木でした。

犯行を重ねた理由は、彼の深い悲しみの中にありました。

かつて病気の母親と暮らしていた八木。当時母のためにイチゴを万引きして逮捕され、絶望のあまりに母の首を締めてしまいました。その心の傷から人生に期待するのをあきらめていたため、夢や希望を持つ大切さを説いた弁護士の小川や「君は警察になれたかもしれない」と話す村瀬に苛立ちを覚えて、犯行に及んだのでした。

「夢は呪いで希望は毒」だと思い、ゆえにそれらを押しつけてくる他人が許せなかった八木。その心情は察するところもありますが、しかし、だからといって人を殺していいわけはなく、特捜班の面々は憤ります。

「人の善意を何だと思ってるんだ」と声を上げる新藤や「勝手なのはお前のほうだ」と怒鳴る青柳。そして、誰より激しく怒ったのは小宮山。彼女の気持ちは痛いほどよくわかりました。八木のせいで彼女の大切な相棒は歩けなくなるかもしれない重傷を負ったのですから、怒りは至極当然といえます。

ただ、そんな中で国木田が一つの真実を伝えます。彼の母の死因は呼吸不全、首を締められる前にすでに亡くなっていた…と。

この事実を知ってショックを受ける八木に働きかけたのは浅輪。「君がやるべきことは、罪と向き合って奪った夢や希望の重さを感じることだ」と力いっぱい諭しながら八木を抱きしめます。この優しさ、この温かさこそが浅輪の魅力。ときに犯人さえも包み込む彼の包容力をこの最終回で改めて見ることができました。

しかし、その後、1話であの渡辺理人が浅輪たちに放った「後悔することになるぞ」という言葉が強くのしかかってきます。当時渡辺を出し抜く形で捜査をした特捜班。結果、そこで八木が釈放されたために、さらなる被害者を生むことになってしまいました。

この責任をとるべく、退職を決意する浅輪。しかし、周りが許しませんでした。辞意を伝えようとする浅輪に自分も辞める…と次々言い出す青柳や村瀬ら。そして、警視総監・神田川も記者会見で「捜査方針が間違ったとは考えていない」と断言。この言葉と国木田らの説得を受けてようやく浅輪も辞意を思いとどまるのでした。

そして、シーズン4の最後を飾ったのはとびきり素敵なサブライズ。

ついについに…村瀬と小宮山が結婚を決めました!

小宮山のウェディングドレスは村瀬の夢オチでしたが、プロポーズは正真正銘本物。特捜班のみんなと早瀬川や倫子、佐久間ら仲間たちの証人サインが入った婚姻届けとともに、みんなが見守る中で村瀬が小宮山に結婚を申込みました。

長らくつかず離れずの関係を続けてきた村瀬と小宮山。今シーズン、村瀬の負傷という難局に支え合って立ち向かい、そしてついに結ばれました。涙を流して抱き合う姿はただただ感動的。そんな中でV6が歌う「警視庁捜査一課9係」第1シーズンの主題歌「グッデイ!!」が流れてきたのが、なんとも憎い演出でした。

1話から13話まで難事件もありましたが、常に自分たちの信念のもと捜査をしてきた特捜班。笑いと涙にあふれた大人の刑事たちの活躍は毎回見応え抜群。まさに極上のエンターテイメントでした。そして、シーズン4のラストが、彼らにとって最高に喜ばしい「グッデイ!!」になって、本当によかったです!

ありがとう、特捜9
そして、村瀬&小宮山、本当におめでとう!


→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『特捜9 season4』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録