あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】


>>>「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」の画像をすべて見る

深見じゅん原作の人気コミック「悪女(わる)」が、30年の時を経て再びドラマ化。
今作がドラマ初主演となる今田美桜が三流の大学を四流の成績で卒業した、ポンコツだけどポジティブな新入社員・田中麻理鈴を演じる。共演に江口のりこほか。

cinemas PLUSでは毎話公式ライターが感想を記しているが、本記事ではそれらの記事を集約。1記事で全話の感想を読むことができる。

「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」をHuluで無料視聴する

もくじ

・第1話ストーリー&レビュー

・第2話ストーリー&レビュー

・第3話ストーリー&レビュー

・第4話ストーリー&レビュー

・第5話ストーリー&レビュー

・第6話ストーリー&レビュー

・第7話ストーリー&レビュー

・第8話ストーリー&レビュー

・第9話ストーリー&レビュー

・第10話ストーリー&レビュー

・「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」作品情報

第1話ストーリー&レビュー

第1話のストーリー



>>>「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」の画像をすべて見る

田中麻理鈴(今田美桜)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。大きな夢を抱いて大手IT企業「オウミ」に就職した彼女は、会社の地下にある「備品管理課」に配属される。

そこは、会社のお荷物社員が集められた“うば捨て山”。麻理鈴は、クールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)から「あなたは何も期待されていない」と切り捨てられる。備品を届けた花形部署の小野忠(鈴木伸之)や他の社員たちからも邪険にされる。しかし、そんな悪意にもまったくメゲないのが、田中麻理鈴。それもそのはず、彼女が一生懸命働きたい理由には、“運命の出会い”が絡んでいたのだ。

麻理鈴は峰岸に「もっと仕事がほしい!」と付きまとう。根負けした峰岸は「ビルの清掃スタッフの顔と名前を覚えなさい」と謎の指示を出し、麻理鈴は言われた通りに、山瀬(高橋文哉)をはじめとする清掃スタッフとコミュニケーションを取るようになる。

一方、営業部で働く若手社員・美加(志田未来)も麻理鈴を疎ましく思う一人。「コロナ年入社組」と呼ばれ会社に馴染めずにいた美加は、入社早々皆に名前を覚えられている麻理鈴のことが気に入らない。そんな中、美加のピンチにまったく関係ない麻理鈴がしゃしゃり出て――。オトナたちの常識をぶっ壊し、こずるく楽しく出世していく…規格外の新入社員・田中麻理鈴の会社員生活が今スタートする。

第1話のレビュー

俳優の今田美桜が満を持して主演を務めるドラマ「悪女(わる」〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」(日テレ系)がついに始まった!本作は深見じゅんによる不朽の名作コミックを原作としたドラマ。1992年に石田ひかり主演でテレビドラマ版が放送され、今回は実に30年ぶりのリメイクとなる。

今田美桜が演じる主人公・田中麻理鈴は、三流の大学を四流の成績で卒業し、運よく大手IT企業に就職したポンコツだけどポジティブな新入社員。しかし、備品管理課という窓際部署に配属され、謎多きクールな先輩社員・峰岸雪(江口のりこ)の助言を借りながらステップアップを目指していく。

これまで「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(TBS系)、「親バカ青春白書」や「恋はDeepに」(日本テレビ系)、連続テレビ小説「おかえりモネ」(NHK総合)など、勝気で打算的な女の子を演じることが多かった今田美桜。そんな彼女がポンコツな新入社員?と驚いたかもしれないが、これがかなりハマっている。空気なんて一切読まずに先輩たちに体当たりし、仕事に全力で取り組む姿は気持ちが良くて応援せずにはいられない。

特に、江口のりこが演じる峰岸との掛け合いも最高だった。どんなに無視されても峰岸からあらゆる手で仕事をもらおうとする麻理鈴も、そんな彼女の押しに負けず無表情を決めていたが、一人で飲んでいる途中に思い出し笑いをしてしまう峰岸も微笑ましくて、第1話からすでに良いコンビが出来上がっている。

二人はこれから共に会社を変えていこうとするのだろうが、元々1980年代から90年代にかけて連載されていた原作から現代的に大きくアレンジされた設定も視聴者からの共感を呼んでいた。素早くここ数年続くコロナの影響を取り入れ、入社まもなくリモート出社となった新人の気持ちに寄り添った初回の放送。つい最近になってようやく出社できるようになった営業一課の大井美加(志田未来)がクローズアップされ、入社3年目なのに会社の戦力になれないことへの苦悩と苛立ちが描かれた。

「レンタルなんもしない人」 (テレビ東京系)や「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)、「SUPER RICH」(フジテレビ系)など、近年は何かと心にモヤモヤを抱えた役を演じることが多い志田未来。今回もあと一歩を踏み出せない大井の葛藤を映し出していたが、やっぱり志田未来が感情を爆発させるシーンは胸に迫る。自身が持つ華やかさを消して、どこにでもいそうな普通の女の子を演じさせたら彼女の右に出るものはいない。

そんな志田演じる大井の突破口は「バカになること」だった。それは上司に媚びへつらうことではない。麻理鈴のようにプライドを捨て、失敗を恐れずに自分が思うままに行動した結果、大井は初めて契約を成立させる。もちろん現実はそんな簡単にいかないが、大事なのは楽しむこと。人生の大半を仕事に費やすのなら、せめて楽しいほうがいいし、自分の心次第でつまらない仕事も楽しいものに変えられる。メッセージが非常に明確で、“仕事の後の一杯”のように疲れた身体に染み入るドラマだった。

そして、個性豊かな男性キャストの魅力的なこと!

麻理鈴が一目惚れしたT.Oさんを演じる向井理(爽やかで素敵すぎる)から、清掃スタッフの山瀬くんを演じる高橋文哉(人懐こい笑顔にキュン!)、最初の印象は最悪だけど、どうせ麻理鈴の魅力に気づいていくんでしょ?なエリート社員の小野を演じる鈴木伸之(嫌な奴を演じてもかっこいい)、今回の一件で美加の良き理解者になってくれそうな営業一課の白田を演じる荒牧慶彦(さすが2.5次元界のスター、華がある)など、「みんな素敵で選べなーい!」状態だ。

女性陣も初代麻理鈴役の石田ひかりに石橋静河や、芸人の近藤春菜(ハリセンボン)や渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)など配役が豪華で、あのジェジュン&ジュンスが久しぶりに日本で発表した新曲が主題歌になっていたりと、これから毎週の放送が楽しみで仕方がない。

※この記事は「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る

「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」をHuluで無料視聴する

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第2話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録